看護師転職ノウハウ

【マル秘】看護師の転職方法で5つ中1つだけが転職成功する進め方だった件

【マル秘】看護師の転職方法で5つ中1つだけが転職成功する進め方だった件
悩む人
看護師の転職方法はどんな種類があるのか?あと転職の進め方や具体的なスケジュールも知りたい。これ以上、今の病棟で仕事続けるのは無理!!

病棟が疲れたあなたは転職に迷っていませんか?

 

結論から言うと、看護師の転職方法は5つあります。

  • 自力で探す
  • 友人の紹介
  • ハローワーク
  • ナースセンター
  • 看護師転職サイト

看護師の転職方法で5つのうち「看護師転職サイト」が転職成功する進め方です

なぜなら、転職サイトを使う方法以外は、転職の素人であるあなたが一人で消耗しないといけないから。

一方の転職サイトを使う転職方法は、看護師転職のプロであるアドバイザーが徹底サポートしてくれるので失敗のリスクが一気に下がります。

 

 

この記事を書いている私は看護師転職サイトを3社複数登録して「成功だった!!」と思ったので、あなたにこっそりと看護師転職サイトを使ったマル秘テクをお教えします効率よく有利に看護師転職サイトを使って転職する方法や進め方、具体的なスケジュールの決め方を徹底解説していきます

 

目次
  1. 看護師の5つの転職方法や転職先の探し方・見つけ方
  2. 看護師の転職におすすめの転職サイト3選
  3. 看護師転職前にすべき3つのこと
  4. 看護師が転職する6つの進め方とスケジュール【準備から内定完了まで】
  5. どんな看護師は転職すべきか?
  6. 看護師転職で6つの注意すべきこと
  7. 看護師の転職方法でよくある質問と答え
  8. 【まとめ】看護師転職を成功させる転職方法は看護師転職サイト一択
看護のお仕事

看護師の5つの転職方法や転職先の探し方・見つけ方

看護師の転職方法には下のとおり5つの方法があります。

  • 自力転職
  • 友人知人の紹介
  • ハローワーク
  • ナースセンター
  • 看護師転職サイト

それぞれを転職方法のメリットやデメリット、おすすめな人をまとめて解説していきます。

 

管理人ハチ
看護師の5つの転職方法で一番オススメは「看護師転職サイト」

 

自力で病院のホームページや求人誌で求人情報を探す

看護師が転職先を探す方法でまず思いつくのが自力で探すこと

参考【自分で電話危ない?】看護師が自力転職する5つのメリット【注意点と向いている人】

 

自分で求人を探す方法は下のとおり。

  • 有料求人情報誌で探す
  • フリーペーパーの看護師採用欄で探す
  • 病院や施設のホームページの採用ページで探す

結論、自力の転職方法はおすすめしません。おすすめしない理由はデメリットが多いから。

メリット

  • 病院独自の転職支度金がもらえる
  • 病院側の採用コストが0円なので歓迎されやすい
  • 応募する求人が決まっているのなら最短で応募できる

※病院独自の転職支度金は20万円前後が相場。この支度金は看護師転職サイト経由の看護師に支給されないケースが多い。

 

 

デメリット

  • 職場の雰囲気や内部情報などは全くわからない
  • 応募する病院が決まっていないと情報収集に時間がかかる
  • 履歴書や職務経歴書の作成、面接対策を1人でしなくてはいけない
  • 面接日の調整、給料や雇用条件の交渉をすべて自分でする必要がある

 

 

管理人ハチ
おすすめな人は、転職先の病院や施設が決まっている人。

【自力がおすすめな人】

  • 転職先が決まっている人
  • 自分のペースで転職活動をしたい人
【自分で電話危ない?】看護師が自力転職する5つのメリット【注意点と向いている人】
【自分で直接電話は危険】看護師の自力転職と6つのメリット【注意点と向いている人】

続きを見る

 

友人や知人から紹介してもらう

友人や知人からの紹介の転職方法はおすすめしません

 

おすすめしない理由は偏った情報で比較ができないから。

メリット

  • 転職支度金がもらえる
  • 友人が病院から紹介謝礼がもらえる
  • あなたの性格や看護力が転職先の病院と適正があると判断できる
  • 勤めている病院のリアルな情報、人間関係や職場の生の実情が知れる

 

 

デメリット

  • 偏った情報の可能性がある
  • 面接や内定をもらってから辞退にくい
  • 友人や知人が病院での評価が悪いとマイナス評価になる
  • 友人が勤めている病棟と配属先の病棟で違う可能性がある
管理人ハチ
友人や知人の紹介での転職がおすすめな人は、信頼性の高く濃い情報ほしい人。

 

 

【友人知人紹介がおすすめな人】

  • 濃い情報がほしい人
  • 信頼性の高い情報が欲しい人

 

 

ハローワークで病院や施設の求人を探す

各市町村にある公的機関「ハローワーク」でも看護師の求人募集があるので転職先を探せます。

しかし、ハローワーク経由の転職方法は看護師におすすめできません。なぜなら、看護師の仕事内容や内情を良く知らない担当者に求人を紹介されるから

メリット

  • 公的サービスなので安心感あり
  • 転職サイトや求人サイトに載らない小規模なクリニック求人に強い

 

 

デメリット

  • 看護師求人が探しにくい
  • ハローワークに行く時間、交通費がかかる
  • 看護師の仕事や内情を知らない担当者が多い
  • 職場の雰囲気や人間関係などの情報を聞けない
  • 応募書類の作成や面接対策などのサポートがほぼない
管理人ハチ
ハローワークを利用した転職方法がおすすめの人は、小規模施設やクリニックへの転職希望している人。なぜなら小規模施設やクリニックだと院長や施設長が転職サイトでの採用方法を知らない、もしくは使わないので求人情報がハロワでしかゲットできないから。

 

 

【ハローワークがおすすめな人】

  • 小規模施設やクリニックへの転職希望している人
  • 公的機関を利用したい人

参考看護師転職でハローワークを使うメリットや利用の流れ【転職サイトがおすすめ】

看護師転職でハローワークを使うメリットや利用の流れ【転職サイトがおすすめ】
看護師転職でハローワークを使うメリットや利用の流れ【転職サイトがおすすめ】

続きを見る

 

 

ナースセンターを利用して求人を探す

ナースセンターとは、日本看護協会・都道府県看護協会が運営している求人紹介や復職支援をしている施設。無料で電話やZOOMでの就労相談や看護師経験者からを受けられます

 

結論、ナースセンター経由の転職方法はおすすめしません。おすすめしない理由は看護協会所属していないと使いにくく、求人も少ないから。
※ナースセンターは『看護師等の人材確保の促進に関する法律』に基づき、事業を行なっている公的機関でもあります。

メリット

  • 内々で転職先を探してくれる
  • 担当者が看護師経験者だから看護師に理解がある
  • 潜在看護師やブランクありなら採血や点滴の研修を受けられて安心出来る

 

 

デメリット

  • 求人情報が少ない
  • 看護協会に勧誘されることがある
  • アドバイスが古い情報・経験を元にしている
  • 応募書類の作成や面接対策などのサポートがほぼない
管理人ハチ
ナースセンター経由の転職方法がおすすめな人は、看護協会所属で内々に転職先を教えてほしい人。

 

 

【ナースセンターがおすすめな人】

  • 民間の転職サイトを使いたくない人
  • 技術や最新の医療の講習を受けたい人
  • 育児休暇やしばらく現場を離れていた人

参考【必見】看護師がナースセンターで転職する方法を徹底解説【求人募集がないときは逆指名】

 

 

看護師転職サイトを利用して探す

看護師転職サイトとは、看護師の転職を無料でサポートしてくれるサイトのこと

参考【看護師転職サイトとは?】【失敗しないために複数登録して使うべき】

 

結論、最もおすすめの転職方法は看護師転職サイトを利用した転職方法

なぜなら、看護師専用の転職方法なのでメリットが豊富で楽に転職ができるから

メリット

  • 求人数が豊富
  • 非公開求人も多数あるから
  • 給料や雇用条件の交渉を代行してくれる
  • 面接の調整や電話連絡を代行してくれる
  • 履歴書と職務経歴書の添削&面接対策を徹底サポート
  • 病院や施設の人間関係や残業の有無と言った内情を詳しく把握できる

 

 

デメリット

  • サイトによっては地方の求人数が少ない
  • 求人やアドバイザーの質が低いサイトもある
  • アドバイザーと相性が悪いと連絡が苦になる
  • 採用コストがかかるため病院の転職支度金がもらえない
管理人ハチ
看護師転職サイトを利用した転職方法がおすすめな人は、豊富な求人数の中から自分にピッタリな求人を探したい人。給料交渉が苦手な人

 

 

【看護師転職サイトがおすすめな人】

  • 書類作成や面接が苦手な人
  • 多くの選択肢から探したい人
  • 給料交渉や条件交渉をしてもらいたい人

 

 

逆に看護師転職サイトを使わない方がいい人の特徴は下のとおり。

  • 断ることができず流されやすい人
  • 既に転職先の病院を決まっている人
  • 知人や友達の紹介で病院が決まっている人

参考9割が知らない看護師転職サイトを使わない方がいい3つの理由【3社を使った管理人が解説】

看護師転職サイトとは【失敗しないために複数登録して使うべき】
【看護師転職サイトとは?】【失敗しないために複数登録して使うべき】

続きを見る

 

 

看護のお仕事

看護師の転職におすすめの転職サイト3選

悩む看護師
看護師転職サイトが転職方法の中で一番おすすめなのはわかったけど、おすすめの転職サイトのランキングが知りたいなぁ。

 

求人数、アドバイザーの質、お祝い金と3つの要素をかけ合わせて良質なおすすめ看護師転職サイトは下のとおり。

  • 1位:看護のお仕事※アドバイザーが一番よかった。変な人と話したくないならここ。

職場のリアルがわかる転職

  • 2位:マイナビ看護師※CMでもおなじみの大手。案件も豊富なのでまずはここに登録。

マイナビ看護師 [求職者募集]

ナース・ジャスト・ジョブ

管理人ハチ
もしここで紹介する以外のランキングを見たい方は下の記事が参考になります。

参考看護師転職サイトの選び方+ランキングベスト3【脱看護師しましょう】
参考【最大40万円は嘘】看護師転職サイトお祝い金比較ランキング4選【なぜもらえるか解説】

 

 

看護のお仕事

看護師転職前にすべき3つのこと

看護師が転職前にすべき3つのことは下のとおり。

  • 自己分析する
  • 求める条件や希望を明確にする
  • 在職中に転職サイトへの登録する

それぞれを簡単に解説していきます。

 

 

自己分析する

自己分析とは、「今何に不満なのか?」「本当にその転職は必要なのか?」「転職する目的と条件は何か?」などを自己の看護経験を振り返りながら明確にすること

具体的な自己分析の方法は下のとおり。

  1. 振り返り:今までの経歴や経験
  2. Will: 何がやりたいか
  3. Can:何ができるのか
  4. Must:何を求められているか
管理人ハチ
結構簡単にできて精度の高い自己分析方法です。

自己分析をしていないと転職先で「思っていたのと違う」となる危険性もあります。看護師の自己分析のやり方は下の記事で詳しく解説しています。
参考【看護師&保健師必見】転職必勝の自己分析のやり方を徹底解説【看護学生も就活に◎】

 

 


悩む看護師
3年は今の職場で頑張るべき?

この疑問は看護師になった誰しもが感じる疑問です。

答えは、3年頑張る必要はないです。むしろ1年も無理して続ける必要もありません。
周りを見ても3年同じ病棟や病院に勤めている人自体が少ないのでは?
実際1年以内に辞める新卒看護師は10人に1人入るのです。3年以内に辞める看護師はもっと多くなるので、「3年続けろ」というのは、看護師に辞めてほしくない病院側が作った洗脳文句です。

 

参考【看護師&保健師必見】転職必勝の自己分析のやり方を徹底解説【看護学生も就活に◎】

 

求める条件や希望を明確にする

転職先に求める条件や希望は明確するのは大切です。

なぜなら、条件や希望があいまいだと「転職したのに前と同じ状況じゃないか」と失敗するリスクが高くなるから。「いまの職場がつらいからとりあえず転職!」と思うのではなく、自己分析して求める条件や希望は明確にしましょう。

具体的な条件や希望は下のようなものが挙げられます。

  • 給料はどのくらいほしいのか
  • どのような勤務体制か
  • 人間関係や雰囲気はどのようなところか
  • 業務量や残業の有無はどうか
  • 有休消化率や育児休暇の取得率はどうか

管理人ハチ
今の不満を払しょくするための転職。ならしっかり条件は決めましょう。

参考【看護師&保健師必見】転職必勝の自己分析のやり方を徹底解説【看護学生も就活に◎】

 

 

在職中に転職サイトへの登録する

怪しむ人
とはいえ、条件や希望が厳しすぎると求人が見つからないですよね?

と不安なあなた。

例えば自力やハローワーク、ナースセンターといった転職方法だと選択肢が少なすぎて妥協する条件や希望が出て来ます。

これは看護師転職サイトを使えば解決。求人数もあり、リサーチ力もある転職サイトのアドバイザーに頼めば条件にぴったりの求人と出会えます。

 

重要なのが、在職中に転職サイトに登録すること
なぜ在職中なのかというと、仕事を辞めてから登録すると再就職までにブランクができてしまうから

管理人ハチ
無職期間があると面接で必ず確認されて面倒です。在職中でもサポートが充実しているので余裕で転職できます。

いま、まさに転職しようとしているあなたがすべきことは転職サイトに登録すること。登録せずに転職活動をするとプライベートの時間や1人で全部する疲労がのしかかって来ますよ。

参考看護師転職サイトの選び方+ランキングベスト3【脱看護師しましょう】
参考【最大40万円は嘘】看護師転職サイトお祝い金比較ランキング4選【なぜもらえるか解説】

 

看護のお仕事

看護師が転職する6つの進め方とスケジュール【準備から内定完了まで】

看護師が転職にかかる期間は2~3ヶ月です。

看護師が転職する6つの進め方とスケジュールは下のとおり。

  1. 転職活動の準備する
  2. 求人を探す
  3. 履歴書や職務経歴書を作る
  4. 求人の応募&面接調整する
  5. 面接を受けて内定をもらう
  6. 退職の手続きをして転職完了する

それぞれを順番に解説していきます。

 

 

転職活動の準備する

悩む看護師
転職したいなぁ。まず何から始めたらいいのかなぁ。
と疑問に感じたら、まずは転職活動の準備しましょう

 

準備の具体的なことは下のとおり。

  • 自己分析
  • 条件や希望を明確にする
  • 転職サイトに登録する

自己分析はあなたの希望や条件を知るために必ずしましょう。今のあなたが不満に思っていることを明確にすると、次の転職先に求める条件や希望が明確になり、転職先を選ぶときに失敗しにくくなります。

また、自己分析をしつつあなたの条件に見合う求人を探すのは至難の業。求人探しは転職サイトのアドバイザーを利用したらOKです。

これらの具体的な方法はそれぞれ別の記事にまとめています。

参考【看護師&保健師必見】転職必勝の自己分析のやり方を徹底解説【看護学生も就活に◎】
参考看護師転職サイトの選び方+ランキングベスト3【脱看護師しましょう】

 

悩む看護師
とはいえ、今の時期に転職活動をはじめて良いのかなぁ?ベストなタイミングや時期ってありますか?

転職にベストな時期やタイミングは下の2つの時期

  • ボーナス支給後の6月末と12月末
  • 3月末

これらのタイミングについてもっと詳しく知りたいあなたは下の記事を参考にしてください。

参考職場も納得!看護師が転職を申し出るのにベストなタイミングは◯◯だった!?
参考看護師が退職する最&高なタイミングは6月か12月【5つの時期を理由とともに暴露】

 

 

求人を探す

転職サイトに登録ができたらいよいよ求人を探し始めましょう。

 

求人を探すポイントは、給料よりも人間関係がよく長く続けられるかです。

なぜなら、給料やボーナスが良くても毎日消耗する環境にいると不幸になるから

 

 

これは研究からもわかることで、「ハーバード成人発達研究」では75年間700人を追跡した研究明らかになったのは下のとおり。

75年間におよぶこの研究が明確に示しているポイントは、良い人間関係が私たちの幸福と健康を高めてくれるということ。

つまり、お金や地位は本質的な幸福度にはつながっていなくて、誰と仕事をするのか誰といるのかが幸福に強く影響しているのです。

 

看護師が良い人間関係の職場に就職するには、「環境が良い→元気に仕事ができる→人間関係がいい」方程式が成り立つ病院や施設を探すしかありません。

 

看護師の病院や施設の選び方は下のとおり。

  1. 病院の規模
  2. 雇用形態
  3. 夜勤の勤務体制
  4. 勤務場所
  5. 休日や有給休暇
  6. 給料や雇用条件
管理人ハチ
あなたの条件にピッタリの病院求人を見つけたいなら選び方は重要。

もっと詳しく病院の選び方を知りたいあなたは下の記事を参考にしてください。

参考9割が知らずに失敗する看護師転職の求人の選び方6選【転職成功への道】

 

 

履歴書や職務経歴書を作る

求人探しをしつつも、履歴書や職務経歴書は同時並行で作っていきましょう

 

悩む看護師
そもそも履歴書と職務経歴書って何?

という人もいるかもしれませんね。

履歴書と職務経歴書の目的や書き方の違いは下のとおり。

履歴書 職務経歴書
目的 「どんな人か」を見る

面接や書類検討に使う

内定後に保管

「どんな仕事をするか」をみる

書類選考に使う

内容 学歴や経歴など過去の情報 実務経験やスキル、就職後に何ができるのかをアピール
文量 規定なし 用紙2枚分
書き方 手書きが基本 PCが基本

 

履歴書や職務経歴書の細かい書き方がわからない!!という人は下の記事で看護師向けに丁寧に解説しているので参考にしてください。

参考【テンプレDL付】看護師が転職に失敗しない履歴書&職務経歴書の作り方と書き方

 

求人の応募&面接調整する

応募する病院が決まったらそれぞれの求人に求人応募をしていきます。

履歴書や職務経歴書を求められた場合には合わせて提出していきます。

 

怪しむ人
応募ってそれぞれの病院に応募をしていくんですよね。…面倒ですよね。

と考えているあなた。

 

実は、看護師転職サイトを利用していれば一つ一つあなたが応募する必要なく、面接の日程調整をアドバイザーがしてくれます。

1つの病院だけに応募するのならあなたが面接の日程調整をしても苦になりませんが、複数になるとアドバイザーのちからが必要不可欠。

あなたはアドバイザーに面接ができる日にちを伝えて、あとはアドバイザーから面接の日程を教えてもらうだけでOK。

 

ちなみに、「応募書類を面接と同時にもってきてほしい」という病院、「施設見学をした後にそのまま面接をする」という施設もあります。その場合には履歴書や職務経歴書を持参して面接に向かいましょう。
参考看護師転職サイトの面談はする必要なし【自己分析と職場見学は確実にすべし】

 

 

 

 

面接を受けて内定をもらう

履歴書や職務経歴書などの書類審査が終了したら面接を受けて内定をもらいましょう

面接では、下の内容を答えられるように準備が必須です。

  • 志望動機
  • 自己PR&自己紹介
  • 退職理由や転職理由
  • 転職後にしたいこと
管理人ハチ
面接対策が不安な人は転職サイトのアドバイザーとしっかりと模擬面接の練習やよくある質問への回答を練っておきましょう。

面接での受け答えや面接対策が不安なあなたは下の記事が参考になります。

参考【転職する看護師へ】面接での退職理由の答え方|良い回答例文も解説!
参考【最新版】看護師の転職面接でベストな長所と短所の答え方【回答・NG例文も】

 

もし面接対策だけでなく、面接自体にアドバイザーが同行する「面接同行」をしてほしいなら下の記事が参考になります。
参考看護師転職サイトの面接同行が最&高な話【面接苦手なら使わない手はない】

 

 

退職の手続きをして転職完了する

転職活動を進めつつ退職の手続きも進めるのが大切です。

驚く看護師
転職先を決めてから退職の手続きをすると引き止めにあって時間がかかった。
という話も珍しくありません。

 

円満退職への第一歩は、直属の上司である看護師長にはっきりと退職の意思を伝えること。

退職理由を伝えて、具体的な退職日、退職届の提出、委員会や仕事の引き継ぎなど退職までにやるべきことはたいさくんあります。

 

退職の意思表示から退職日までの流れは下のとおり。

  1. 最初に退職の意思を伝えるのは師長
  2. 就業規則で定められた期間内に伝える
  3. できれば退職の意思表示は退職日の3ヶ月前に伝える
  4. 看護師長に直接対面で伝える
  5. 退職日や最終出社日は退職届に残し提出する
  6. 退職日を迎える
管理人ハチ
引き止めにあいやすいのでなるべく早く行動開始しないと危険です。

退職の意思表示から退職日を迎えるまでの流れをもっと詳しく知りたいあなたは下の記事を参考にしてください。
参考看護師退職理由の伝え方&退職の意思表示から退職までの流れ【円満退職する2つの注意点】

また、おすすめの退職理由や「ウソをついてもいいのか?」が気になるあなたは下の記事が参考になります。
参考【43サイト徹底比較】看護師の退職理由と例文6選【意思表示の伝え方と注意点も解説】
参考【門外不出】看護師におすすめの嘘の退職理由5選【円満退職する伝え方&事例】
参考【効果バツグン】看護師が引き止められない退職理由7選【強い引き伸ばしの断り方】

 

 

看護のお仕事

どんな看護師は転職すべきか?

悩む看護師
どんな看護師は転職すべきなの?

 

ぶっちゃけ、辞めたいと一度でも感じたことがあれば転職を検討してOKです。

しかしそれではあまりに横暴なのでここでは下の4つのタイプの看護師をピックアップしました。

  • 病棟に疲れた
  • 病気・体調不良
  • 人間関係でしんどい
  • 結婚や同棲などライフスタイルの変化

それぞれを順番に解説します。

 

病棟看護師が疲れた

業務がつらい、病棟看護師が疲れたと感じているのなら辞めること、転職することを検討すべきです。

なぜなら、あなたのがつらくても病院側は一切つらくないから。雇われの身ですし看護師はいくらでも替えが効くというのが病院側の考えです。

 

新人看護師でも中堅看護師でも「病棟が疲れた」と感じたのなら転職を考えるべきです。

病棟が疲れたと感じたら下の記事が参考になります。

参考新人看護師が病棟に疲れた11つの理由&対処法【辞めたいなら転職してOK】
参考中堅看護師『病棟疲れた』とおさらばする7つの対処方法を徹底解説【ストレスや辛さの理由も】

 

病気・体調不良

うつ病や気分変調性障害などで体調不良があるのなら辞めるべき。

なぜなら看護師は一旦辞めてもいくらでも復帰できるから。

 

新卒や新人看護師はどうしても自分のできなさに目が行きがち。

まずはできることに目を向けつつ、身体を休めるのもありです。

 

 

人間関係がしんどい

  • 先輩同士の派閥争いに巻き込まれている
  • お局看護師からパワハラまがいのいじめに合っている
  • 同僚との仲が悪くて胃がキリキリする

人間関係がしんどい人も転職を考えるべき看護師です。

 

看護師の転職理由の上位にあるのが「人間関係」です。

つまり、それだけ看護師にとっては人間関係が仕事のしやすさに大きく影響しているということ。

簡単なカンファレンスをするにしても、処置や部屋移動、オペ出しなどなど些細なことですが人間関係が良いとそれだけで仕事のしやすさが爆上がりしますよね?

 

人間関係がしんどい病棟や病院にいるのなら転職を考えてOKです。

 

結婚や同棲などライフスタイルの変化

結婚や同棲といったライフスタイルが変わるタイミングの看護師も転職を考えて大丈夫です。

同棲を辞める理由にあげている人もいます。下はそのまま伝えるのがNGな退職理由

  • 同棲する
  • 責任の重さ
  • 医療事故が怖い
  • 人間関係が悪い
  • 給料の低さと業務の忙しさ
  • 待遇の悪さ(残業や休暇、夜勤)

管理人ハチ
結婚や同棲は転職を考えるタイミング。ちなみにNGな退職理由を詳しく知りたい人は下の記事が参考になります。

参考【43サイト徹底比較】看護師の退職理由と例文6選【意思表示の伝え方と注意点も解説】

 

看護師転職で6つの注意すべきこと

看護師転職では6つの注意すべきことがあります。

  1. 知人や友人、同僚の噂や口コミを盲信しない
  2. 今の科から変わるなら覚悟が必要
  3. 転職先の年齢や層を事前に確認しておこう
  4. 4週8休の病院や施設がおすすめ
  5. 残業の有無や残業代の支給、有給消化率を把握
  6. 病院の選び方は注意しましょう

それぞれを詳しく解説していきます。

 

知人や友人、同僚の噂や口コミを盲信しない

知人や友人、同僚から病院の噂や口コミを教えてもらうことってありますよね?

あなたが転職を考えているのならあまり信用すぎるのも危ないです。

 

なぜなら、その噂や口コミがあなたの耳に入るまでに伝言ゲームのように脚色されている可能性が高いから。

転職してみて「聞いていた話と違う!!」となっても知人や友人の責任ではありません。

噂や口コミを盲信したあなたの責任です。

怪しむ人
じゃ噂や口コミを信じるな!というなら何か噂や口コミを確認する方法ってあるんですか?

知人や友人の話を確認する方法に、病院見学があります。

 

病院見学とは、転職前に求人への訪問して病棟内の見学やどのようなスタッフが働いているか確認する機会。

殆どの病院では見学をしているので、これから数年単位で働く病院を就職前に目視確認することをおすすめします。

驚く看護師
えーでも一人で見学とか不安。

という方は看護師転職サイトのアドバイザーによっては付添をしてくれるサイトもありますよ。

参考看護のお仕事の面接同行って何をしてくれる?【フォローと交渉です】
参考看護師転職サイトの面談はする必要なし【自己分析と職場見学は確実にすべし】

 

今の科から変わるなら覚悟が必要

今の勤めている科から別の診療科へ変わるのなら、勉強をし直す覚悟が必要です。

看護師は診療科によって使う技術、知識が全く異なります。

例えば、私の勤めている精神科なら採血や点滴、筋肉注射ができれば問題ありませんが、コミュニケーション技術や内服確認、徒手的拘束技術は必須です。

逆に呼吸器系の診療科に行けば吸入や呼吸筋のリハビリ方法などの知識や技術は必須。

管理人ハチ
診療科によって使う看護技術、知識が違うから勉強しなくてはいけません。

 

もし、あなたが全く別分野の病院や病棟に転職するのなら勉強する覚悟をしてください。

管理人ハチ
精神科に興味のある人は下の記事が参考になります。

参考【2021年版】精神科看護師への転職マニュアル【結論:ラクに看護できます】

 

 

転職先の年齢や層を事前に確認しておこう

転職先の年齢層や育児世代がいるかなどは事前に確認しておきましょう。

怪しむ人
なんでそんなことを確認しないといけないの?

なぜなら、年齢層や世代、属性を確認しておくとあなたに合った病院なのかがわかるから。

 

育児世代が多い病棟は育児に対して理解があるメリットがあるから。逆に育児世代が多いと、独身者や育児が終了した世代に負担がかかりやすいというデメリットも。

逆に独身者やベテラン看護師が多い病院では育児に理解がなく、「結婚や妊娠時には辞めろ」という雰囲気が出る場所も。逆に知識や技術を身につけたいのなら急性期の独身者層が多い病院もありかも。

 

このようにあなたが目指す看護師像と病院の層を一致させるとミスマッチが少なくなります。

 

 

 

休日制度が4週8休以上の病院や施設にしよう

休日制度が「4週8休以上」の求人を選ぶのは重要です。

怪しむ人
4週8休って何?

4週8休とは、4週間で8日間の休みがあること。

 

よく求人情報を見てみると「4週8休以上」「4週8休制」となっている病院が散見します。

私のサイトでおすすめしている看護師転職サイトの求人情報を見ると下のように各求人に休日制度が載っています。

4週8休の病院や施設がおすすめ

1年間での休み日数を4週8休制の求人で単純計算すると下のようになります。

1年間での4週8休の休み日数=12ヶ月×8休=96日休み

1年間での祝日の休み日数=16日

1年間合計休み日数=112

管理人ハチ
単純計算だけど年間の休み日数が112日以上の求人は看護師に目を向けている求人

注意点は、4週8休制や4週8休以上と謳っているのに休み日数が110日の求人があること。

休み日数に祝日を含めていない病院や施設の求人には要注意です。

 

残業の有無や残業代の支給、有給消化率を把握

残業の有無や残業代の支給の実情、有給消化率はブラック病院を見比べる重要なポイントです。

 

看護師は仕事柄で前残業や残業が多いですよね。

  • 点滴を詰めるため早めに出勤するのが若手のルール
  • 先輩看護師が帰るまでは帰れない
管理人ハチ
残業の有無でプライベートに使える時間もかなり変わってくるので重要。

 

驚く看護師
残業の有無をしらべようなんて無いじゃないか
と思う人は、看護師転職サイトがおすすめ。

なぜなら、看護師転職サイトのアドバイザーは残業の有無や残業時間、前残業の有無などの内情調査もしてくれるから。

 

残業の有無、有給消化率などの内情を調べて欲しい人は看護師転職サイトを使わないと危険かも。

参考看護師転職サイトの選び方+ランキングベスト3【脱看護師しましょう】

 

病院の選び方は注意しましょう

病院の選び方も注意が必要です。

なぜなら、病院の選び方を間違えるとその後のすべての転職活動や退職活動が無駄になってしまうから。

具体的な病院の選び方は下のポイントを意識してください。

  1. 病院の規模
  2. 雇用形態
  3. 夜勤の勤務体制
  4. 勤務場所
  5. 休日や有給休暇
  6. 給料や雇用条件
管理人ハチ
病院の選び方を間違えなければ、大きな失敗はありません。

参考秘密の6視点!看護師転職の病院求人の選び方

 

 

看護師の転職方法でよくある質問と答え

看護師の転職方法を探している人が悩む「よくある質問と答え」をまとめておきます。

  1. 転職サイトのアドバイザーと相性が悪かったらどうしたらいいの?
  2. 悪い噂を聞くけどブラックな看護師転職サイトはない?
  3. 地方に住んでいると看護師転職サイトは使えるの?
  4. 実際に高給料・高待遇で転職できるの?
  5. 看護師転職サイトの非公開求人って何がいいの?
  6. 看護師転職サイトがしつこいときの断り方は?
  7. 年齢別での注意点はありますか?
  8. 看護師の履歴書や職務経歴書で注意することは?
  9. 看護師の退職理由でおすすめはありますか?
  10. 看護師の面接対策はどうしたらいい?
  11. 転職に失敗する人の特徴ってどんなものがあるの?

それぞれ順番にお答えします。

 

転職サイトのアドバイザーと相性が悪かったらどうしたらいいの?【担当者変更かサイトを変えてOK】

悩む看護師
転職サイトのアドバイザーと相性が悪かったらどうしたらいいの?

結論は、担当者の変更をするか、看護師転職サイト自体を変えましょう。

 

看護師転職サイトを勧めているものの、看護師転職サイトのアドバイザーによっては当たり外れがあります。

この理由は簡単で、口コミを書いた人とは相性がよくても、あなたと相性がいいかはわからないから。

管理人ハチ
私も看護のお仕事のアドバイザーと男性同士で相性がよかったですが、あなたとは相性が悪いかも。逆にマイナビ看護師のアドバイザーは女性であまり相性がよくなったので私の中で評価が低いですが、あなたとは相性がいいかもしれません。

口コミや評判はあくまでその人の主観であってそのサイトすべての評価を決めるものではありません。

 

まずは登録しても合わなければ担当者変更しても大丈夫です。

看護師転職サイトの担当者変更について知りたいあなたは下の記事が参考になります。

参考看護師転職サイトのアドバイザー変更はしていい?【担当者変更も退会もOK】
また、どうしても担当者と相性が悪すぎてこれからも話したくないというあなたは看護師転職サイト自体を変えてしまえば大丈夫です。

理想は複数の看護師転職サイトに登録してアドバイザーを比較すること。

複数登録が心配な方は下の記事が参考になります。
参考看護師転職サイトを複数登録するとトラブルが起こる【それでも複数登録すべきです】
参考看護師転職サイトを掛け持ち登録するときの注意点【賢く複数登録はすべし】

悪い噂を聞くけどブラックな看護師転職サイトはないの?【ブラックなサイトはあるので注意】

ブラックな求人ばかりを紹介してくるブラック看護師転職サイトはあります。

ただ強制的に面接をセッティングされようが断れば大丈夫です。

 

ブラックな看護師転職サイトの特徴は下のとおり。

  • ブラック求人を紹介される
  • 電話やメール、LINEの連絡がしつこい
  • 担当アドバイザーの情報収集能力が低い
  • 紹介される求人が自分の希望条件と違う
  • 掲載されている求人条件と実際の求人情報が異なる
管理人ハチ
しつこい電話やメールはよくある口コミでこれだけでブラックと決めつけるのは早計かも。

 

仮に変な求人を紹介されたり、電話やメールがしつこくても断ればOKです。

驚く看護師
アドバイザーから勧められたら断りにくい・・・
と思うあなたは下の記事を参考にしてください。

参考【コピペOK】看護師転職サイト10パターンの断り方【退会か担当者変更でOK】

 

驚く看護師
看護師転職サイトを使わない方がいいかも・・・。
と不安なあなたは下の記事が参考になります。

参考9割が知らない看護師転職サイトを使わない方がいい3つの理由【3社を使った管理人が解説】

 

 

地方でも看護師転職サイトは使える?【地方でも使えます】

悩む看護師
都心から離れた郊外、そもそも地方に住んでいるけど看護師転職サイトって田舎の求人も網羅してるの?

地方でも看護師転職サイトは使えるので安心してください。

私も田舎に住んでいますが、しっかりと使えました。

とくに下の看護師転職サイトは地方でもしっかりと求人がある全国対応の看護師転職サイトなので安心。

  • 1位:看護のお仕事※アドバイザーが一番よかった。変な人と話したくないならここ。

職場のリアルがわかる転職

  • 2位:マイナビ看護師※CMでもおなじみの大手。案件も豊富なのでまずはここに登録。

マイナビ看護師 [求職者募集]

ナース・ジャスト・ジョブ

管理人ハチ
登録前に『看護師転職サイト名+あなたの県』で検索してみて求人が出てきたら大丈夫。

 

看護師転職サイト使えば高給料・高待遇で転職できるの?【条件次第では難しいが狙うのはアリ】

悩む看護師
看護師転職サイトを使えば高給料で高待遇の求人に転職できるの?

結論、看護師転職サイトを使えば条件次第では高給料・高待遇の求人に転職できます。

ただ、こだわりの条件がないことが前提。

高給料や高待遇の求人はほとんどが厳しい業務環境です。

例えば、

  • 残業が多い
  • 休憩がない
  • 看護技術力が求められる
  • 看護師の入れ替わりが激しい
管理人ハチ
高給料や高待遇を求めるならそれ相応の等価交換。

 

もし、どうしても高給料や高待遇にしたいならしっかりと求人情報を確認してアドバイザーと相談が必須です。

 

看護師転職サイトの非公開求人って何がいいの?【高給与・高待遇で競争率が低い】

看護師転職サイトは非公開求人を保有しているサイトもあります。

非公開求人とは、看護師転職サイトに登録しないと見れない求人のこと。
病院のホームページに出すと在職者から文句を言われる高待遇求人。大っぴらに求人募集すると人気すぎて求職者が殺到する求人。など。

管理人ハチ
非公開求人をたくさん保有しているのが看護のお仕事。公開求人が11万件。非公開求人は同じくらいの数があると公式がいっているので非公開求人も11万件近くの選択肢ができる。

 

看護師転職サイトがしつこいときの断り方は?【10つの断り方あり】

看護師転職サイトがしつこいときは断っても大丈夫です。

なぜなら、しつこい=あなたが必要性を感じていないということだから。

しつこい以外にも看護師転職サイトを断り方は10パターンあります。

  • 退会するとき
  • 担当者を変更するとき
  • 転職活動をやめるとき
  • 希望と違う求人を紹介されたとき
  • しつこい連絡をやめてほしいとき
  • 応募を断るとき
  • 面接を断るとき
  • 職場見学を断るとき
  • 内定を辞退したいとき
  • 転職時期を変更するとき
管理人ハチ
詳しい断り方を知りたい方は、下の断り方の記事を参考にしてください。

参考【コピペOK】看護師転職サイト10パターンの断り方【退会か担当者変更でOK】

 

年齢別での注意点はありますか?

年齢別での注意点やおすすめの記事は下のとおり。

 

看護師の履歴書や職務経歴書で注意することは?【作り込めば差がつく】

悩む看護師
看護師の履歴書や職務経歴書の書き方で注意するこおてゃありますか?

履歴書や職務経歴書をほぼ書いていない看護師も多く苦手と感じてる人も多いです。

注意点は下のとおり。

  • ルールやマナーを守る
  • 志望動機や自己PRは作り込む
  • 退職理由や転職理由は面接でも答えられるように

書き方や細かい注意点を知りたいあなたは下の記事が参考になります。

参考【テンプレDL付】看護師が転職に失敗しない履歴書&職務経歴書の作り方と書き方

 

看護師の退職理由でおすすめは?【6つの退職理由が引き止められにくい】

看護師におすすめの退職理由は下の6つがあります。

  • 結婚
  • 出産・育児
  • 家族の介護
  • 引っ越しや転勤
  • 体調不良・病気
  • 他分野への興味
管理人ハチ
いずれも引き止められにくい退職理由。もしいい退職理由が思いつかないなら下の記事が参考になります。

参考【43サイト徹底比較】看護師の退職理由と例文6選【意思表示の伝え方と注意点も解説】

またウソでもいいから引き止められにくい退職理由を教えてほしいあなたは下の記事が参考になります。

参考【門外不出】看護師におすすめの嘘の退職理由5選【円満退職する伝え方&事例】
参考【効果バツグン】看護師が引き止められない退職理由7選【強い引き伸ばしの断り方】

 

看護師の面接対策はどうしたらいい?【面接同行がおすすめ】

看護師の面接対策が不安なあなた。

看護師転職サイトの面接同行がおすすめです。面接同行とは看護師転職サイトのアドバイザーがあなたの面接に付き添ってくれて言葉に詰まったところのフォローや追加での条件交渉などをしてくれるサポート。

看護のお仕事は面接同行をしていることで有名なので不安な方はぜひ使ってみてください。

参考看護師転職サイトの面接同行が最&高な話【面接苦手なら使わない手はない】

参考看護のお仕事の面接同行って何をしてくれる?【フォローと交渉です】

 

また、看護師転職サイトの面接同行をしてもらうくらいなら自分で対策するという方は転職理由や退職理由などは必ず聞かれるので対策していないと危険。

下の記事にまとめているので参考にしてください。

参考【最新版】看護師の転職面接でベストな長所と短所の答え方【回答・NG例文も】

参考【転職する看護師へ】面接での退職理由の答え方|良い回答例文も解説!

 

転職に失敗する人の特徴ってどんなものがあるの?

転職に失敗する看護師は下の特徴があります。対策するための記事も合わせて紹介しておきます。

管理人ハチ
あなたの転職なのでしっかりと情報収集と分析をしてから望みましょう。楽したいなら看護師転職サイト。

 

【まとめ】看護師転職を成功させる転職方法は看護師転職サイト一択

看護師の転職方法には下のとおり5つの方法があります。

  • 自力
  • 友人知人の紹介
  • ハローワーク
  • ナースセンター
  • 看護師転職サイト

看護師が転職を成功させたいなら看護師転職サイト一択です。

当サイトの管理人も自力で転職活動をしてかなりの時間を無駄にしました。スムーズに転職したい、良い求人を早く見つけたいのなら自力やハロワを利用するのは情弱です。

看護師転職サイトをうまく活用して有利に素早く転職を成功させましょう。

当サイトでおすすめしている転職サイトは下のとおり。

  • 1位:看護のお仕事※アドバイザーが一番よかった。変な人と話したくないならここ。

職場のリアルがわかる転職

  • 2位:マイナビ看護師※CMでもおなじみの大手。案件も豊富なのでまずはここに登録。

マイナビ看護師 [求職者募集]

ナース・ジャスト・ジョブ

ちなみに選び方やお祝い金制度について気になる人は下の記事が参考になりますよ。

参考看護師転職サイトの選び方+ランキングベスト3【脱看護師しましょう】
参考【最大40万円は嘘】看護師転職サイトお祝い金比較ランキング4選【なぜもらえるか解説】

 

  • この記事を書いた人

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす>>ハチのプロフィール

-看護師転職ノウハウ