看護師転職ノウハウ

【テンプレDL付】看護師が転職に失敗しない履歴書&職務経歴書の作り方と書き方

2020年11月9日

もくじ

悩む看護師
履歴書とか職務経歴書ってどうやって書くのかイマイチわからないなぁ。良い印象を持ってもらいたいけど、どう作成したらいいの?応募書類の送り方とかも含めてまとめて解説してほしい。

こういった疑問をお持ちではありませんか?

 

管理人ハチ
2016年私も履歴書や職務経歴の書き方がわからずいろんな書籍を買って読んで書いた記憶があります。

履歴書や職務経歴書の書き方次第では、転職が成功するか失敗するかの第一のフルイにかけられるといっても過言ではありません。だから

怪しむ人
昔書いたやつをそのまま清書して書いちゃえ。
とかしてはダメです。

 

履歴書と職務経歴書はルールやマナーを守ってあなたの魅力が十分に伝わるように書かなくてはいけません。

 

ここでは下のような内容を解説します。

✔本記事の内容

  • 履歴書と職務経歴書の書き方の違い
  • 履歴書・職務経歴書の4つのSTEPの書き方
  • 応募書類作成時の5つの注意点
管理人ハチ
この記事を書いている私も実際にこの手順で作成しましたし、実際給料5万円アップを実現させた書き方ですよ。

 

この記事を読んで、履歴書や職務経歴を完璧な状態にして提出しましょう。

好印象を持ってもらえればあなたが希望する転職先へ転職もできます。

一緒にまとめていきましょう。

 

看護のお仕事

履歴書と職務経歴書の目的・書き方の違い

悩む看護師
履歴書と職務経歴書ってよく転職のときにでてくるけど何が違うの?

履歴書と職務経歴の目的や書き方は全く違います。

  • 履歴書:どんな人かを見る書類→過去、現在の情報
  • 職務経歴書:どんな仕事をするかを見る書類→過去、現在の情報から未来の情報

 

 

ざっと表にまとめると下のような形になります。

履歴書 職務経歴書
目的 「どんな人か」を見る

面接や書類検討に使う

内定後に保管

「どんな仕事をするか」をみる

書類選考に使う

内容 学歴や経歴など過去の情報 実務経験やスキル、就職後に何ができるのかをアピール
文量 規定なし 用紙2枚分
書き方 手書きが基本 PCが基本
管理人ハチ
履歴書は今までの経歴がわかって、職務経歴書は転職したらどんな仕事をしてくれるかわかるわけです。

 

履歴書・職務経歴書の書き方4STEP

悩む看護師
履歴書や職務経歴の書き方を早く教えてよ。

履歴書や職務経歴書の書き方は下の4つのSTEPです。

  • 正しいフォーマットを使う
  • 履歴書の書き方
  • 職務経歴書の書き方
  • 履歴書・職務経歴書の送り方・提出方法

順番に詳しく解説します。

 

【STEP1】正しいフォーマットを使う

看護師転職において、病院や施設から履歴書や職務経歴書のフォーマットが指定されることはほとんどありません。

 

 

とはいえ、適当なフォーマットを使ってしまうとそれだけで損になります。

正しいフォーマットを下のとおり用意してあるので見ながら読み進めると理解がより進みやすいです。

職務経歴書【Word版】

履歴書は手書きがおすすめ、職務経歴書はパソコンがおすすめ。

悩む看護師
履歴書とか職務経歴書って手書きで書いたほうがいいの?それともPCでWordに打ち込んでもいいの?

結論は、履歴書は手書きがおすすめで、職務経歴書はパソコンがおすすめです。

 

履歴書は手書きでもパソコンでもOKという求人も多いですが、まだ看護師界隈では手書きで履歴書を書くのがポピュラーかなといった印象を受けます。

 

職務経歴書についてはパソコンで書くことが市民権を得ている印象を受けます。

 

迷ったどちらも手書きでもOKです。

ちなみに履歴書や職務経歴書を『手書き』か『PCパソコン』がいいのか判断基準は下のとおり。

手書きが良い場合 パソコンが良い場合
  • 歴史が長い国立病院や公立病院
  • 人事担当者の年齢が高い
  • 手書きカルテを使っている病院
  • 最近できた病院やクリニック
  • 求人募集にWordでの提出OKと記載されている病院

履歴書や職務経歴書を『手書き』と『パソコン』で提出メリットやデメリットも下のとおり。

手書き パソコン
メリット
  • 丁寧に書かれると好印象
  • 誠実、真面目な印象を持ってもらえる
  • 誤字脱字を発見しやすい
  • 間違えても修正しやすい
  • 複製できる
デメリット
  • 書くのに時間がかかる
  • 間違えたら1からやり直し
  • 無機質な印象をもられる
  • 他の求職者と差別化しにくい
管理人ハチ
デメリットを考えると手書きの方がいいかも。ただ書くのが大変なんじゃ。

 

やはり結論としては、履歴書は手書きで書くのがおすすめ。職務経歴書はパソコンで書くのが基本なのでWordで書いてOK。ただ無機質な印象を与えるかもと心配になるなら手書きでもOK。

管理人ハチ
両方とも一旦パソコンで書いて、その後で手書きで清書がおすすめ。

 

 

正しい履歴書・職務経歴書のフォーマットを使用する

履歴書や職務経歴書は正しいフォーマット、シンプルなフォーマットを使うのが大切です。

なぜなら、採用担当者や人事担当者は必要最低限な情報が書かれていればいいから。

とくに狙いがないならユニークなフォーマットを使わず、シンプルなデザインの履歴書や職務経歴書を使用しましょう。

 

管理人ハチ
ちなみに病院や施設によって『こういう情報が乗ってたらいいかも』と思うならユニークなフォーマットを使ってもいいですね。

 

ちなみに看護師が使うのがおすすめな履歴書や職務経歴書のフォーマットは下からダウンロードして使ってくださいね。

履歴書のフォーマット

※画像

 

 

職務経歴書のフォーマット

※画像

職務経歴書【Word版】

 

【STEP2】履歴書の各項目の書き方

悩む看護師
とりあえず履歴書のそれぞれの項目の書き方を早く教えてよ。

ここからは看護師向けに履歴書の各項目の書き方を具体的に解説していきます。

下のとおり5つの項目について解説していきます。

  1. 基本情報
  2. 学歴・職歴欄
  3. 免許・資格欄
  4. 志望動機・自己PR
  5. 本人希望欄

順番に解説します。

 

基本情報【看護師の履歴書の具体的な書き方①】

履歴書の基本情報は下のとおりに書きましょう。

  • 日付

面接に持参する場合は面接日を、郵送する場合は投函する日付を記載しましょう。

  • 写真

カラーで正面から撮影。バストアップで顔が見えるように。フォーマルな服装で女性はジャケットとブラウス、男性はスーツにネクタイ着用。

  • 氏名

欄を半分で2つに分割左側に姓、右側に名を記載。「ふりがな」=平仮名、「フリガナ」=カタカナで記載。

  • 年齢

上記の日付時点での年齢を記載。

  • 住所

都道府県名、細かい住所を省略せずに記載。

  • メールアドレス

携帯アドレス、フリーアドレス記載。いつでも連絡が取れるものを記載しましょう。

  • 電話番号

携帯電話番号が基本。日中に連絡がとれる番号を記載。携帯しかない人は携帯番号のみでOK。

 

学歴・職歴欄【看護師の履歴書の具体的な書き方②】

学歴と職歴に分けて解説していきます。

 

学歴の書き方は下のとおり

  • 年の書き方:西暦でも年号でもOK。ただ履歴書全体で統一を。
  • 基本的に高校入学以降の学歴でOK。
  • 学校名は省略せずに正式名称で記載。
管理人ハチ
ちなみに中高入学年度や卒業年度を確認したい人は、マイナビさんの『入学・卒業年度早見表』を使ってください。

入学・卒業年度早見表

 

 

職歴の書き方は下のとおり

  • 今までのすべての病院や施設の入社から退社年月を記載
  • 病院名や施設名は正式名称で省略しない(国立行政法人、〇〇財団法人など)
  • 病院名の横か次の行に『配属先・科』や『看護業務内容』を記載
  • 病院内での異動や昇進した場合も、異動先の『配属先・科』や『看護業務内容』を記載、昇進内容を、年月とともに記載
  • 最後の行には『現在に至る』と記載。その下の行右端に『以上』と記載。

 

 

免許・資格欄【看護師の履歴書の具体的な書き方③】

免許や資格の欄は下のとおり記載しましょう。

  • 取得年月日順に記載。古いものから書く。
  • 免許や資格は正式名称で記載。自動車免許なら『普通自動車第一種運転免許』、看護師なら『看護師免許』
  • 取得と修了は使い分ける。看護師免許は『取得』、研修や講習は『修了』
  • 西暦や和暦、年号はすべて統一。
  • 趣味や3級以下の資格は書かない

 

 

志望動機・自己PR【看護師の履歴書の具体的な書き方④】

悩む看護師
 志望動機と自己PRは何が違うの?

志望動機と自己PRは下のとおり。

  • 志望動機:応募先の病院や施設でなぜ働きたいのかを書く
  • 自己PR:自分の強みのアピールを書く

という違いがあります。

 

ただ本質的には、志望動機も自己PRも、あなたを採用したときに病院や施設でどのような活躍をしてくれるのか伝えれるようにしましょう

 

自己PRの書き方は下のとおり。

  • あなたの看護技術や経験で強みを書く
  • 強みが活きた病棟でのエピソードを書く

 

 

志望動機の書き方は下のとおり。

  • 「なぜ志望したのか」「なぜその病院じゃないといけないのか」を書く
  • 志望した病院、応募した施設であなたが貢献できることやその根拠を書く

 

細かいコツですが、文章を書くときには

  • 結論
  • 理由
  • 具体例

で書きましょう。

 

簡単な例は下のとおり。

結論:私が志望した理由は自分の看護技術をより高められると思ったからです。

理由:なぜなら、貴院では専門的な医療を提供しており、看護師の質、病院の質ともに高いためです。

具体例:私も、病棟では処置や看護で頼られることも多いのですがより自分の技術を高めて貴院に貢献したいと考えています。

 

自己PRと志望動機は別々に書くと書きにくいので同時に書くことをおすすめします。

『あなたの自己PR=強みが、希望の病院や施設でどのように活かせると思ったから志望した=志望動機』といった形で書けば違和感もありませんし、よりあなたの魅力が伝わる文章になるはずです。

 

もっと自己PRや志望動機について詳しく知りたい人は下の記事を参考にしてください。

参考

 

本人希望欄【看護師の履歴書の具体的な書き方⑤】

本人希望欄は、あなたの個別性が出せるところ。

とくに応募先の病院や施設に働くときにどうしても譲れない条件や伝えておかないと行けない情報を記載しておきましょう。

 

例えば下のようなもの。

  • 連絡が取れる時間帯
  • 入職可能な月日
  • 現職の退職予定日
  • 育児中で短時間勤務の要望
  • 通院における諸条件など

などなど。

 

給料や雇用条件を記載するのは難しい人が多いと思うのでそのようなときには看護師転職サイトを利用することが必要です。

なぜなら、看護師転職サイトのアドバイザーがあなたに変わって給料の交渉から雇用条件の交渉までをすべてしてくれるから。

 

気になる人は下の記事を参考にして下さい。

参考

 

もし、とくに希望事項がない場合には、『貴院(貴社)の規定に従います』と記載しておけばOKです。

 

【STEP3】職務経歴書の書き方

悩む看護師
履歴書はわかったから職務経歴書も書き方を教えてほしいなぁ。

ここからは看護師向けに職務経歴書の各項目の書き方を具体的に解説していきます。

下のとおり5つの項目について解説していきます。

  • 職務要約
  • 職務経歴
  • 資格・特技
  • 活かせる経験
  • 自己PR

順番に解説します。

 

職務要約【看護師の職務経歴書の具体的な書き方①】

職務要約とは、職務経歴書の最初に書く職務経歴のこと。

 

応募した病院や施設で活かせる経験や、『あ、この人材ほしいなぁ』と思わせる経歴を要約して200~300文字程度にまとめましょう。

 

職務要約を書くときに注意するポイントは1つです。

 

下のとおり、職務要約を書くときには4W1Hで書くのがポイントです。

  • いつ
  • どこで
  • 誰が
  • 何を
  • どのように
管理人ハチ
採用担当者にわかりやすく伝わればどのように書いてもOKですが、基本に忠実にまとめるのがいいですね。

 

 

職務経歴【看護師の職務経歴書の具体的な書き方②】

職務経歴では、先程書いた職務要約で書いた内容をより詳しく記載していきます。

 

新卒から現職までの職務歴を細かく時系列順で書いていきます。

 

履歴書のときと同様で職務経歴の注意点は下のとおり。

  • 今までのすべての病院や施設の入社から退社年月を記載
  • 病院名や施設名は正式名称で省略しない(国立行政法人、〇〇財団法人など)
  • 病院名の横か次の行に『配属先・科』や『看護業務内容』を記載
  • 病院内での異動や昇進した場合も、異動先の『配属先・科』や『看護業務内容』を記載、昇進内容を、年月とともに記載
  • 最後の行には『現在に至る』と記載。その下の行右端に『以上』と記載。

 

また書くときには、採用担当者にアピールできるように、

  • 看護の内容を具体的に書く
  • 看護技術や処置などなどよく対応した内容を書く
  • 実績や看護研究などを織り交ぜて書く

 

 

資格・特技【看護師の職務経歴書の具体的な書き方③】

資格や特技の欄には、履歴書同様で応募先の病院や施設で活かせる資格と特技を記載しましょう。

  • 取得や修了順で書く
  • 資格は正式名称
  • 取得予定の資格も書いてOK

 

 

活かせる経験【看護師の職務経歴書の具体的な書き方④】

仕事に活かせる経験は看護師の職務経歴書の中ではかなり重要です。

 

なぜなら、病院や施設はほとんどが即戦力のスタッフを求めているからです。

 

具体的には下のように書きましょう。

  • 病棟や行った先の科で身につけたスキルや技術
  • 病棟や現場で活かせる、実践できる経験

この2点の視点で、あなたが入職したあとどのように活躍できるかを書いていきましょう。

 

 

自己PR【看護師の職務経歴書の具体的な書き方⑤】

自己PRは、履歴書同様で、あなたの強みや入職したときどのような活躍ができるのかを伝えましょう。

  • あなたの看護技術や経験で強みを書く
  • 強みが活きた病棟でのエピソードを書く
  • 「なぜ志望したのか」「なぜその病院じゃないといけないのか」を書く
  • 志望した病院、応募した施設であなたが貢献できることやその根拠を書く

 

【STEP4】履歴書・職務経歴書の送り方・提出方法

ここまでのSTEP1~STEP3までを順番にすすめていけば、履歴書や職務経歴書は完成していることでしょう。

 

ここからは履歴書や職務経歴書の送り方を解説していきます。

下のとおり応募書類の送り方は2通りあります。

  • 封筒の書き方
  • メールの書き方

順番に解説します。

 

 

封筒の書き方や封入の仕方【看護師の応募書類を送り方①】

封筒で履歴書や職務経歴書を入れて応募先の病院や施設に送る場合には下の点に注意しましょう。

  • 住所

都道府県名、市町、番地は正式名称で記入

  • 宛先

病院名や法人名、施設名は正式名称で記入。株式会社や法人名は省略しない。

  • 切手

切手は一般的な質素なデザインの「普通切手」を使いましょう。柄物、キャラクターものや普段遣いしないものは貼らないように注意。

  • 注意書き

ここが重要です。注意書きは赤字で『応募書類在中』と記入しましょう。

  • 署名

自分の郵便番号や住所、氏名などを正式名称で丁寧に記入。

  • 〆印(締め印)

封筒を封入するときにはのりを使用しましょう。封入したら黒ペンで『〆(締め)』と記入。(しなくてもいいですがビジネスマナーなので最低限のマナーを守れる人と印象を与えるために記入を。)

管理人ハチ
重要なのは正式名称で、『応募書類在中』を書く、〆印でペケポンすることです。

ちなみに、封入するときにはセロハンテープやホッチキスを使用してはNG。

 

メールの書き方【看護師の応募書類を送り方②】

注意点①応募書類はPDFで送る
注意点②ファイル名は分かりやすく
注意点③ファイルにはパスワードをかける
注意点④署名を忘れない

履歴書・職務経歴書を作成する際に注意すべき5つのポイント

悩む看護師
履歴書や職務経歴書の書き方はわかったけど、その他に注意することとかないの?

ここからは履歴書や職務経歴書を作成するときの細かい注意すべきことをまとめていきます。

  1. 黒色のペンかボールペンを使う
  2. 古い履歴書・職務経歴書を使いまわさない
  3. 時間の余裕をもって作成する
  4. 志望する病院や施設に合わせた内容にする
  5. 書き終わったら最後に見直し・校正する

順番に解説します。

 

黒色のペンかボールペンを使う【看護師の応募書類の注意点①】

基本中の基本ですが、履歴書や職務経歴書、封筒などを手書きする際には必ず黒色のペンかボールペンを使いましょう。

 

鉛筆、シャーペン、消えるボールペンはマナー違反。

管理人ハチ
こんなんする人いないよね?いないよね?

 

古い履歴書・職務経歴書を使いまわさない【看護師の応募書類の注意点②】

病院や施設に応募した書類がそのまま変えてきて綺麗だからといって別の病院宛に送った履歴書や職務経歴書を使いわ回してはダメです。

 

古い応募書類を使い回すのがNGな理由は下のとおり。

  • 日付が古いから→郵送日、面接日を記載するのがルール
  • 病院によって志望動機や自己PRを変えるべきだから

採用担当者に

怪しむ人
なんか日付古いし、内容がなんかうちの病院のやつ??
と疑問に思われた時点で不利、マイナスです。

 

時間の余裕をもって作成する【看護師の応募書類の注意点③】

応募書類はいつでも出せるように早々に作成してしまいましょう。

 

時間に余裕を持たずに提出日ギリギリに履歴書や職務経歴書を書き始めると内容も深められませんし、ミスのもとです。

管理人ハチ
提出が迫らないとできないっていうのはすごくわかる・・・でも早めに書きましょう。

 

志望する病院や施設に合わせた内容にする【看護師の応募書類の注意点④】

先程もいいましたが、志望する病院や施設に合わせたものを作りましょう。

 

病院や施設によって求める看護師像は違うものです。

  • 即戦力の看護師
  • 看護技術やスキルのある看護師
  • 新卒でも成長意欲がある看護師

などなどほしい看護師像は違います。

 

公式HPや友人や知人から情報収集をして、

悩む看護師
このような看護師がほしいんじゃないかなぁ。

と仮定をして志望動機や自己PRを書きましょう。

 

履歴書や職務経歴書の目的は、あなたが病院でどのような活躍をしてくれる人材なのかをアピールできるようにしましょう。

 

仕上がったら最後に見直し・校正する【看護師の応募書類の注意点⑤】

履歴書や職務経歴書を仕上がったら、必ず見直しと校正をしましょう。

  • 誤字
  • 脱字
  • 論理破綻
  • 主語述語のズレ

上のチェック項目は基本。

 

あなたが採用する側で想像するとかんたんです。

例えば履歴書や職務経歴書に誤字脱字、記入ミスがあったらどうでしょうか?

怪しむ人
この看護師さん、病棟の現場でもミスしてアクシデントとかインシデント起こしそうだなぁ・・・。

と思いますよね?

 

あなたが転職で成功したいなら、履歴書や職務経歴書の見直しは必須と言えます。

 

看護のお仕事

履歴書・職務経歴書の添削に強い看護師転職サイトの活用がおすすめ

管理人ハチ
以上のように履歴書や職務経歴書を書いていけばOKです。

ただ、実際やってみると下のような悩みが出てくるかも。

  • 『履歴書はいいけど職務経歴書を添削しほしいなぁ』
  • 『うーん書類はいいけど面接対策とか実際してほしい。』
  • 『求人はあるけど給料とか雇用条件とか交渉できないなぁ。』
管理人ハチ
応募書類の履歴書や職務経歴書を作るだけでも不安なのに、転職先を見つけて連絡をして、給料交渉までするとなると不安になりませんか?

このような不安を抱えて転職活動をすると転職失敗する危険があります。

驚く看護師
ああしてればよかった・・・ショボン
となりたくないなら、看護師転職サイトを使うのがおすすめです。

 

看護師転職サイトは無料で転職活動や退職活動のサポートをしてくれます。

 

転職サイトには独自の求人情報や非公開求人もあるので、求人探しと転職活動サポートで一石二鳥です。

管理人ハチ
私が使った看護師転職サイト3つをぶっちゃけると下のとおり。

 

  • 看護のお仕事※アドバイザーが一番よかった。変な人と話したくないならここ。
  • マイナビ看護師※CMでもおなじみの大手。案件も豊富なのでまずはここに登録。
  • ナースではたらこ※『行きたい病院があるけど求人がない』なら逆指名できるここに登録。

 

詳しい情報は下のとおりです。

1位 看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事は看護師転職サイトの業界でもトップクラスの13万件以上の求人数を持っています!!

非公開求人も豊富で、公開求人と非公開求人は同じくらいの件数保有。つまり、あなたの希望や条件にピッタリな求人に出会いやすいですよ!!

友達に勧めたいサービス、アドバイザー満足度、サポート満足度などでも1位に選ばれているので安心して勧められる看護師転職サイトですね。

管理人ハチ
私も看護のお仕事で希望通りの高給料の精神科に転職できましたよ!!

もっと看護師転職サイトについて詳しく知りたい人は下の記事を参考にしてください。

【失敗しない】『看護のお仕事』を使うと転職が成功!!【メリットや口コミを交えて解説】
【失敗しない】『看護のお仕事』を使うと転職が成功!!【メリットや口コミを交えて解説】

続きを見る

 

2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師 [求職者募集]

マイナビ看護師はCMでも有名なマイナビさんの看護師転職サイト版。

マイナビ看護師は、看護のお仕事に負けるものの4万件以上の豊富な求人があり、対面での面談を大切していることで有名です。

顔の見える転職活動にしたいなぁと思うなら、安心して進めることができる看護師転職サイトといえます。

管理人ハチ
対面での面談を大切にしてるから顔の見える相談をしたいならマイナビ看護師で決まり!

【後悔しない】マイナビ看護師を使うと転職が成功【登録方法&メリットを徹底解説】
【後悔しない】マイナビ看護師を使うと転職が成功【登録方法&メリットを徹底解説】

続きを見る

 

3位 ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは『逆指名制度』に力を入れている看護師転職サイト。

求人情報がないけど『この病院で働きたいです!!』逆指名できてしまう看護師転職サイトなんです。

つまり、ある程度行きたい病院が決まっている人にとっては必ず登録しておきたい看護師転職サイトですね。

管理人ハチ
逆指名制度を使っての転職ならナースではたらこで決まり!

【すべて無料】ナースではたらことは【登録方法、メリットと注意点も解説】
【すべて無料】ナースではたらことは【登録方法、メリットと注意点も解説】

続きを見る

ちなみに看護師転職サイトの選び方は下の記事にまとめています。
参考看護師転職サイトの選び方【求人数・対応地域・サポート力で選べばOK】

 

それぞれの詳しいレビューは下の記事から。

管理人ハチ
一人で不安な人は一度無料登録して相談してみましょう。まず行動しないと現状のつらさは変わりませんよ。

 

ちなみに看護師転職支援金(お祝い金)が気になる人は下の記事が参考になります。

参考【最大40万円は嘘】看護師転職サイトお祝い金比較ランキング4選【なぜもらえるか解説】

  • この記事を書いた人

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-看護師転職ノウハウ

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.