看護師転職サイト

3社使った現役Nsがビビった看護師転職サイトの15の闇デメリット

看護師転職サイトのデメリットは?」「使うと不利になる?」「使わない方がいい?」と悩み、「転職に失敗したくない!!」と思うもの。

結論、看護師転職サイトは転職がラクに進められるので使うべき

怪しむ人
使うべきと言われても…転職サイトを使うデメリットとかメリットは?

看護師転職サイトの15つのデメリットは次のとおり。

看護師転職サイトの15つのデメリット【闇】
看護師転職サイトの15つのデメリット【闇】
  • 受け身な転職になる
  • 希望と違う求人を紹介される
  • 病院から悪い印象を持たれる
  • 求人紹介や対応してもらえない
  • アドバイザーの質や専門性が低い
  • 強引に転職を進められる場合あり
  • 国立・公立病院転職では使えない
  • 地域によって求人やサポートが弱い
  • アドバイザーからの連絡がしつこい
  • 質が低い・ブラック求人を紹介される
  • 直接応募の人とブッキングすると不利
  • 応募時と入職後とで環境や条件が違う
  • 掲載されている条件と実際の条件が違う
  • アドバイザーによって当たり外れがある
  • 【都市伝説】お金を請求される【この情報は嘘です】

看護師転職サイトの15つのメリットは次のとおり。

看護師転職サイトの1
看護師転職サイトの15のメリット
  • 求人が豊富で比較も簡単
  • 転職先の選択肢が広がる
  • 面接対策や模擬面接がある
  • 履歴書・職務経歴書添削あり
  • 人間関係などの内情把握できる
  • 希望条件が明確なら効率が良い
  • 転職後もアフターフォローがある
  • 在職中でも転職活動を進められる
  • 高給料・好条件の非公開求人あり
  • 退職手続きのアドバイスがもらえる
  • あなたの代わりにアピールしてくれる
  • キャリアの棚卸しで人生設計ができる
  • 給料や雇用条件交渉を代行してくれる
  • 面接調整や連絡など面倒事を代行してくれる
  • 新人・ブランク・育児明けの状況に合う紹介してくれる
管理人ハチ
私自身、保健師から看護師に転職するときにレバウェル看護(旧看護のお仕事)、マイナビ看護師、ナースではたらこの3社に登録し、10件近くの求人紹介を受けて比較した上で転職しました。現在はレバウェル看護(旧看護のお仕事)経由で転職した現職6年目になりました。

この記事では、現役Ns視点で、看護師転職サイトの15つのデメリット(闇)と15つのメリット、後悔しない転職サイトの活用術や利用の流れを徹底解説します。

看護師転職サイトのメリットやデメリットを知ってもなお使うか迷うならまず使うべき!!

むしろ使わないことが人生でかなり損です

筆者もレバウェル看護(旧看護のお仕事)、マイナビ看護師、ナースではたらこの3社を使いましたが、豊富な求人から自分に合った求人を自分で選べて転職が有意義なものになりました。

一番おすすめは求人数が業界トップクラスのレバウェル看護(旧看護のお仕事)!!アドバイザーの満足度No1も獲得したことがある実績があり安心しておすすめです。いやむしろレバウェル看護(旧看護のお仕事)一番オススメです!!

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

その他の看護師転職サイトのランキングや状況別や目的別ので選び方は『6年目現役Ns絶賛!!看護師転職サイトおすすめランキング7選&選び方』で解説しています。

\完全無料/

看護のお仕事へ登録する

/業界トップクラスの求人数\

看護師転職サイトの15つのデメリット【闇】

看護師転職サイトの15つのデメリット【闇】
看護師転職サイトの15つのデメリット【闇】

看護師転職サイトの15つのデメリット()は次のとおり。

  • 受け身な転職になる
  • 希望と違う求人を紹介される
  • 病院から悪い印象を持たれる
  • 求人紹介や対応してもらえない
  • アドバイザーの質や専門性が低い
  • 強引に転職を進められる場合あり
  • 国立・公立病院転職では使えない
  • 地域によって求人やサポートが弱い
  • アドバイザーからの連絡がしつこい
  • 質が低い・ブラック求人を紹介される
  • 直接応募の人とブッキングすると不利
  • 応募時と入職後とで環境や条件が違う
  • 掲載されている条件と実際の条件が違う
  • アドバイザーによって当たり外れがある
  • 【都市伝説】お金を請求される【この情報は嘘です】

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

サポートが手厚いから受け身な転職になりがち看護師転職サイトのデメリット①

サポートが手厚いから受け身な転職になりがち看護師転職サイトのデメリット①
サポートが手厚いから受け身な転職になりがち看護師転職サイトのデメリット①

看護師転職サイトのデメリット(闇)1つ目は、看護師転職サイトのサポートが手厚すぎて受け身な転職になること。

看護師転職サイトのアドバイザーは次のようなサポートをしてくれます。

看護師転職サイトのアドバイザーのサポート
看護師転職サイトのアドバイザーのサポート
  • 希望に合った求人紹介
  • 面接調整の代行
  • 給料交渉や雇用条件交渉
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策

本来であれば、自力でやらないといけない求人探しもアドバイザーが探してくれるので「アドバイザーさんが希望条件を聞いた上で選んでくれた求人だから大丈夫だろう…」と受け身になることも。

管理人ハチ
私自身、精神科の病院と考えて転職サイトを使っていたので能動的に転職先を探せました。ただ希望条件がない人や転職先に求める条件などがなければ受け身になってテキトーな転職活動になる場合もあります。

アドバイザーに伝えた希望と違う求人を紹介される看護師転職サイトのデメリット②

アドバイザーに伝えた希望と違う求人を紹介される看護師転職サイトのデメリット②
アドバイザーに伝えた希望と違う求人を紹介される看護師転職サイトのデメリット②

看護師転職サイトのデメリット(闇)2つ目は、希望と違う求人をされること。

担当となるキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントは、登録直後にあなたのキャリア相談に乗ってくれて、「どんな診療科にするのか?」「給料はどのくらいの水準で考えているか?」「転職する上での希望はなにか?」などを詳しくヒアリングしてくれます。

ただ転職サイトの求人掲載状況によっては、あなたの希望に沿えず希望条件と違う求人を紹介されることも

また担当アドバイザーによっては、「希望条件と違うけどワンチャン紹介してみるか」「お得意先の求人が出たままになっているからノルマ達成のためにも紹介するかな」と考えてる人も一定数います。

希望条件と違う求人ばかり紹介される場合には、担当者変更で対応しましょう。

看護師転職サイトの担当者(アドバイザー)の変更方法は『【コレで解決】看護師転職サイトのアドバイザー変更はOK?【担当者変更も退会もOK】』で解説しています。

病院が転職サイトに悪い印象があり利用したNsにも悪い印象を持つ看護師転職サイトのデメリット③

病院が転職サイトに悪い印象があり利用したNsにも悪い印象を持つ看護師転職サイトのデメリット③
病院が転職サイトに悪い印象があり利用したNsにも悪い印象を持つ看護師転職サイトのデメリット③

看護師転職サイトのデメリット(闇)3つ目病院が転職サイトに悪い印象を持っており、転職サイトを使う看護師にもネガティブな印象を持つことがあります。

公益社団法人全日本病院協会一般社団法人日本医療法人協会が共同で行った調査の【「病院の人材紹介手数料」に関するアンケート調査】でも人材紹介会社(看護師転職サイト)の手数料に関しては「高い」「やや高い」と回答したのは99.2%、またサービス内容に対する認識では「不満」「やや不満」と回答したのは68.4%。

人材紹介会社(看護師転職サイト)の手数料
人材紹介会社(看護師転職サイト)の手数料
人材紹介会社(看護師転職サイト)の満足度
人材紹介会社(看護師転職サイト)の満足度

つまり病院側としては手数料も高いしサービスにも満足できないと考えているところが多いのです。

とはいえ、病院が看護師採用に看護師転職サイトを利用する事業所は73.5%もいるので使わざる負えない状況とも言えます。

看護師転職サイトを利用する事業所は73.5%
看護師転職サイトを利用する事業所は73.5%
管理人ハチ
私も面接時に「人材紹介会社使われるとねぇ…」と看護師転職サイトを使われるのに不満げなことを言われた経験があります。

病院側が不満を抱えながら看護師転職サイトを使っているのはほぼ間違いないです。

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

転職時期が半年後や態度が悪いと求人紹介や対応してもらえない看護師転職サイトのデメリット④

転職時期が半年後や態度が悪いと求人紹介や対応してもらえない看護師転職サイトのデメリット④
転職時期が半年後や態度が悪いと求人紹介や対応してもらえない看護師転職サイトのデメリット④

看護師転職サイトのデメリット(闇)4つ目は、求人紹介や対応してくれない場合があること。

看護師転職サイトもボランティアで看護師の転職をサポートしているわけではありません。

看護師転職サイトが病院から紹介料を約100万円もらい利益を出している図
看護師転職サイトのビジネスモデル

看護師転職サイトは、看護師を病院に紹介することで、紹介料として約100万円を報酬として受けることで成り立っているビジネス。

つまり、転職時期が早い人や転職意欲が高い人は対応優先順位が高いものの、転職時期が3ヶ月~半年くらい先の人、転職する気がなさそうな人の対応は遅くなりがち

看護師転職サイトの対応優先順位
看護師転職サイトの対応優先順位

経験が浅いアドバイザーが紛れ込んでおり質や専門性が低いことがある看護師転職サイトのデメリット⑤

経験が浅いアドバイザーが紛れ込んでおり質や専門性が低いことがある看護師転職サイトのデメリット⑤
経験が浅いアドバイザーが紛れ込んでおり質や専門性が低いことがある看護師転職サイトのデメリット⑤

看護師転職サイトのデメリット(闇)5つ目は、経験が浅いアドバイザーが紛れ込んでいてアドバイスの質が低い、看護師の個別性に合わせた求人紹介ができないことがある。

あなたは新人看護師がいきなり看護師経験10年のベテラン看護師と同じ仕事ができると思います?

思いませんよね。

アドバイザーも同じで新人のアドバイザーがいきなり質の高いアドバイスや、プロの目線で求人紹介や調整ができません

看護師転職サイトのアドバイザーに当たり外れがある
看護師転職サイトのアドバイザーに当たり外れがある

仮に質が低い、専門性が低いと感じるのなら担当者変更してもらえばOKです。
もしくは質が低い、専門性が低いのは、ただ端に相性が悪かっただけかもしれません。

いずれにしても、「なんかこのアドバイザー変じゃね?」と感じた段階で担当者変更したらOKです。

参考 【コレで解決】看護師転職サイトのアドバイザー変更はOK?【担当者変更も退会もOK】

担当者によってノルマ達成のため強引に求人や転職を進められる場合あり看護師転職サイトのデメリット⑥

担当者によってノルマ達成のため強引に求人や転職を進められる場合あり看護師転職サイトのデメリット⑥
担当者によってノルマ達成のため強引に求人や転職を進められる場合あり看護師転職サイトのデメリット⑥

看護師転職サイトのデメリット(闇)6つ目は、アドバイザーによっては強引に求人紹介されたり、面接を迫られたりすること。

これもよくTwitterのツイートで発見するのですが、アドバイザーによってはノルマの達成のためなのか、強引に転職を進める人もいます。

看護師転職サイトのアドバイザーには年間、四半期で転職させた看護師数のノルマが営業成績として出されます。このため、「今月中に●人の看護師さんをなんとか転職させたい」と思うアドバイザーも中にはいます。

その結果として、強引な転職サポートになる人も。
看護師転職サイトのノルマや営業成績は『6年目Ns解説!看護師転職サイトの3つのノルマを全暴露&惑わされない方法』で解説しています。

管理人ハチ
正直、私自身も強引な求人紹介された経験があります。私の場合は精神科志望で転職活動をしていたのですが、マイナビ看護師さんから一般科の求人ばかりを紹介されて、「まずは一般科で経験を積んでからがいいですよ」と強引でした笑
いや、保健師から看護師へ転職だから一般科で経験を積んだほうがいいという意見はたしかにわかるんですけどね。ただ精神科志望ってずっと伝えていたので強引さがちょっと嫌でしたね汗

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

国立・公立病院への転職では使えない・求人が少ない看護師転職サイトのデメリット⑦

国立・公立病院への転職では使えない・求人が少ない看護師転職サイトのデメリット⑦
国立・公立病院への転職では使えない・求人が少ない看護師転職サイトのデメリット⑦

看護師転職サイトのデメリット(闇)7つ目は、国立・公立・市立・府立・都立などの国公立系病院への転職では使えないこと

そもそもが国公立系の病院は採用試験が5月~7月ごろに行われます
そのため、中途採用の求人自体が少ないので看護師転職サイトに求人がないのです。

看護師転職サイトは国公立系求人が少ない
看護師転職サイトは国公立系求人が少ない

仮に看護師転職サイトに国公立系の求人があったとしても契約社員や臨時職員扱いでパートにあたります。正職員として就職したいなら、採用試験を受けるか、パートをして翌年から正職員として雇ってもらえるように働きかけるしかありません。

ただ国公立系の病院は大っぴらに求人募集をかけれないだけで人材不足になり、看護師転職サイトに登録した人にだけ紹介される非公開求人として国公立系病院が求人募集をかけることも。

看護師転職サイトの非公開求人と
看護師転職サイトの非公開求人と

もし、国公立系病院に転職したいと考えているナースさんはアドバイザーさんに『●●病院の求人募集ってありませんよね?』と聞いてみるのをおすすめします。

地域によって求人数やサポート力が弱い看護師転職サイトのデメリット⑧

地域によって求人数やサポート力が弱い看護師転職サイトのデメリット⑧
地域によって求人数やサポート力が弱い看護師転職サイトのデメリット⑧

看護師転職サイトのデメリット(闇)8つ目は、地域や地方によっては求人数が少ない、もしくはサポートが弱いこと

看護師転職サイトの経営会社が都心部にある関係もあり、都心部の求人数や病院とのつながりが強い傾向にあります。

逆に地方の求人数が極端に少ない、サポートがほぼない看護師転職サイトもあります。

看護師転職サイトは地方の求人やサポートが弱い場合も
看護師転職サイトは地方の求人やサポートが弱い場合も

登録前に事前にあなたの地域、引越し先の地域の求人があるのか、ないのかをチェックした上で登録しましょう。

管理人ハチ
私も北陸地方住みなのですが、看護師転職サイトを選ぶときの基準に全国対応でなおかつ自分の地域の求人がしっかりとあるのかをチェックした上でレバウェル看護(旧看護のお仕事)、マイナビ看護師、ナースではたらこに登録しましたよ!!

アドバイザーの電話連絡がしつこい、メールやLINEがしつこい看護師転職サイトのデメリット⑨

アドバイザーの電話連絡がしつこい、メールやLINEがしつこい看護師転職サイトのデメリット⑨
アドバイザーの電話連絡がしつこい、メールやLINEがしつこい看護師転職サイトのデメリット⑨

看護師転職サイトのデメリット(闇)9つ目は、アドバイザーからの電話連絡がしつこい、メールやLINEでの連絡がしつこいこと

看護師転職サイトのデメリットの代表格とも言えるのが、『連絡がしつこい』。

看護師転職サイトのアドバイザーの連絡がしつこい
看護師転職サイトのアドバイザーの連絡がしつこい
管理人ハチ
私自身、マイナビさんからの連絡がしつこかった経験があるので事前の対応方法が重要かなと。

看護師転職サイトの連絡がしつこくなる前に次の対処方法を実践してください。

  • 看護師転職サイトに登録する時の備考欄に「電話の頻度はどのくらいにするか」「できればメールやLINEで連絡したい」旨を記載する
  • 初回電話連絡で電話の頻度や連絡方法の情報共有
  • 電話をしてもいいのは希望にピッタリ合った求人や期間限定で良い求人が出たときだけにしてもらう

看護師転職サイトの連絡がしつこい理由や対処方法は『現役Nsの9割が実践した看護師転職サイトのしつこい電話への対処方法6選』で解説しています。

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

マイナーな転職サイトに登録すると質が低い・ブラック求人を紹介されるリスクもある看護師転職サイトのデメリット⑩

マイナーな転職サイトに登録すると質が低い・ブラック求人を紹介されるリスクもある看護師転職サイトのデメリット⑩
マイナーな転職サイトに登録すると質が低い・ブラック求人を紹介されるリスクもある看護師転職サイトのデメリット⑩

看護師転職サイトのデメリット(闇)10つ目は、あまり有名でない看護師転職サイトに登録すると残業がめっちゃ多い求人やお局が大量発生している求人などのブラック求人を紹介されること。

管理人ハチ
私自身も経験があるのですが、ある1つの求人を紹介されて大学の友人に聞いてみたところ「いやそこは辞めたほうがいいよ!!めっちゃブラックで有名だもん!!1ヶ月で3人くらい新人さん辞めたって聞いたよ!!」と教えてくれました。

このように求人を精査する目や方法を持っていないと騙されてしまう可能性も。

直接応募のNsと転職活動が重なると採用コストがかかる転職サイト側Nsが不利になる看護師転職サイトのデメリット⑪

直接応募のNsと転職活動が重なると採用コストがかかる転職サイト側Nsが不利になる看護師転職サイトのデメリット⑪
直接応募のNsと転職活動が重なると採用コストがかかる転職サイト側Nsが不利になる看護師転職サイトのデメリット⑪

看護師転職サイトのデメリット(闇)11つ目は、直接応募のナースと転職活動をが重なると看護師転職サイトを使っている側のナースが不利になること。

看護師転職サイトからの紹介だと病院は転職サイト側に紹介料を約100万円近く払わなくてはいけません。そのため、採用コストが高い転職方法なのです。

看護師転職サイトの採用コストは約100万円
看護師転職サイトの採用コストは約100万円

逆に直接応募のナースは採用コストがほぼゼロ

看護師の直接応募の採用コスト
看護師の直接応募の採用コスト

このため直接応募のナースと転職活動が重なると、転職サイト経由の方のナースは採用されないことも。

ただ、病院的には看護師が常に足りているってことはありませんよね?
これだけ人手不足だという業界で看護師が応募してきたら、採用コスト云々関係なく採用する求人が多いと予測されます。
そのためそこまで「直接応募と重なったらどうしよう」と気にする必要はないと言えます。

看護師が転職先を自分で探す方法は『【直接電話危険】看護師が転職先を自分で探すメリット6選【病院求人に自力で電話応募する方法】』で解説してます。

求人応募時と入職後(転職後)とで給料や雇用条件が違うことがある看護師転職サイトのデメリット⑫

求人応募時と入職後(転職後)とで給料や雇用条件が違うことがある看護師転職サイトのデメリット⑫
求人応募時と入職後(転職後)とで給料や雇用条件が違うことがある看護師転職サイトのデメリット⑫

看護師転職サイトのデメリット(闇)12つ目は、求人応募時と入職後とで給料や雇用条件に違いがあること。

看護師転職サイト経由でも、ハローワークでも、直接応募でも求人情報に書かれている給料や雇用条件、年休数、年間の休みの数がどこまで本当かわからないことってありませんか?

看護師転職サイトでも同じように応募時には給料が25万円とされていたのに、入職後に確認してみたら給料が24万円だったということがあります。

このような場合にはアドバイザーに連絡をして採用担当者と調整してもらえばOKです。

管理人ハチ
逆にこれは看護師転職サイト経由だから再調整してもらえますが、自力転職や友人紹介でこのようなことがあったら泣き寝入りしているナースもけっこういそうな気がします。

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

転職サイトに掲載されている求人条件と応募したときの条件が違うことがある看護師転職サイトのデメリット⑬

転職サイトに掲載されている求人条件と応募したときの条件が違うことがある看護師転職サイトのデメリット⑬
転職サイトに掲載されている求人条件と応募したときの条件が違うことがある看護師転職サイトのデメリット⑬

看護師転職サイトのデメリット(闇)13つ目は、掲載されている求人条件と、応募したときに提示される求人条件が違うことがあります。

この原因は、「掲載されている求人情報が古いから」がほとんど。
求人条件が違うときにはアドバイザー経由で「サイトに掲載されている求人情報と少し違うのですが確認してもらえませんか?」と確認したらOKです。

転職サイトやアドバイザーによって当たり外れがある看護師転職サイトのデメリット(闇)⑭

転職サイトやアドバイザーによって当たり外れがある看護師転職サイトのデメリット(闇)⑭
転職サイトやアドバイザーによって当たり外れがある看護師転職サイトのデメリット(闇)⑭

看護師転職サイトのデメリット(闇)14つ目は、アドバイザーによって当たり外れがあること

アドバイザーも人間、あなたも人間。つまり、合う・合わないがあります。

またアドバイザーによっては性格が変な人、看護師経験がない人、自分の意見を曲げようとしない人などなどさまざまな人がいます。

看護師転職サイトのアドバイザーも様々なタイプいる
看護師転職サイトのアドバイザーも様々なタイプいる
管理人ハチ
私もレバウェル看護(旧看護のお仕事)のアドバイザーは男性だったので話しやすかったのですが、マイナビさんとナースではたらこさんは女性のアドバイザーさんで話にくかった印象があります。またマイナビさんのアドバイザーは希望条件と違う求人を紹介してくるは、電話連絡をしないでほしいと伝えているのに電話をかけてきたり、「一般科で経験を積んだほうがいい」といってきたりめちゃくちゃでした笑

アドバイザーによって当たり外れがあるので、合わせて看護師転職サイトのアドバイザーの変更方法も『【コレで解決】看護師転職サイトのアドバイザー変更はOK?【担当者変更も退会もOK】』で頭に入れておいてくださいね。

「看護師転職サイトからお金を請求される」という情報は嘘!! 看護師転職サイトのデメリット()⑮

「看護師転職サイトからお金を請求される」という情報は嘘!! 看護師転職サイトのデメリット(闇)⑮
「看護師転職サイトからお金を請求される」という情報は嘘!! 看護師転職サイトのデメリット(闇)⑮

看護師転職サイトの最後のデメリット(闇)は、看護師転職サイトからお金を請求されるというもの。ただこれは嘘の情報です。

看護師転職サイトを始めとする人材紹介会社が求職者にお金を請求するのは法律で禁止されています。

看護師転職サイトからお金を請求されない
看護師転職サイトからお金を請求されない

職業安定法(報酬受領の禁止)
第三十九条 労働者の募集を行う者及び第三十六条第一項又は第三項の規定により労働者の募集に従事する者(以下「募集受託者」という。)は、募集に応じた労働者から、その募集に関し、いかなる名義でも、報酬を受けてはならない。

職業安定法

つまり、この情報を書いている人は人材紹介会社を使わずにテキトーな情報をかいているともいます。(もしくは有料職業紹介事業を経由した可能性もあります。)

管理人ハチ
仮にお金を請求されたとすれば、看護師転職サイトの利用規約を違反したため、規約違反でお金を請求された。もしくは裁判沙汰となって慰謝料やなんらかの請求をされたということなのでしょうか。このサイトの記事も含めてネットの情報はどれが正しいのかを自分の目でよく判断して精査してくださいね。

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

看護師転職サイトの15つのメリット

看護師転職サイトの15のメリット
看護師転職サイトの15のメリット

看護師転職サイトの15つのメリットは次のとおり。

  • 求人が豊富で比較も簡単
  • 転職先の選択肢が広がる
  • 面接対策や模擬面接がある
  • 履歴書・職務経歴書添削あり
  • 人間関係などの内情把握できる
  • 希望条件が明確なら効率が良い
  • 転職後もアフターフォローがある
  • 在職中でも転職活動を進められる
  • 高給料・好条件の非公開求人あり
  • 退職手続きのアドバイスがもらえる
  • あなたの代わりにアピールしてくれる
  • キャリアの棚卸しで人生設計ができる
  • 給料や雇用条件交渉を代行してくれる
  • 面接調整や連絡など面倒事を代行してくれる
  • 新人・ブランク・育児明けの状況に合う紹介してくれる

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

求人が豊富で比較も簡単看護師転職サイトのメリット①

求人が豊富で比較も簡単看護師転職サイトのメリット①
求人が豊富で比較も簡単看護師転職サイトのメリット①

看護師転職サイトのメリット1つ目は、求人が豊富で比較もかんたんなところ

看護師の転職において求人の比較はかなり重要

ハローワークナースセンター自力転職だとどうしても求人数が少なく比較ができません。

看護師の転職方法別での求人数
看護師の転職方法別での求人数
管理人ハチ
正直、『●●県 看護師 求人』とかで検索して出てくる求人を一つずつ比較するのは大変ですよね?

看護師転職サイトを使うと、求人情報が統一されているので給料や年間休日数、有給数などを一目で比較しやすいです。

転職先の選択肢が広がる看護師転職サイトのメリット②

転職先の選択肢が広がる看護師転職サイトのメリット②
転職先の選択肢が広がる看護師転職サイトのメリット②

看護師転職サイトのメリット2つ目は、病棟看護師だけでなく、訪問看護や企業看護師、産業保健師などの転職先の幅や選択肢が広がること。

看護師ってどうしても、『病棟で働くのが当然!』と無意識のうちに感じがちじゃない?

現実はそんなことはなく、病棟だけでなく、看護師資格を活かしながら他職種をしているナースがたくさんいます

看護師を辞めて違う仕事するのにおすすめの他職種24選【珍しい求人】
看護師の他職種24種類
  1. 市町村保健師・県保健師
  2. 企業保健師・産業保健師
  3. 助産師
  4. 保育園看護師
  5. 派遣看護師
  6. 乳児院看護師・児童養護施設看護師
  7. 訪問看護師
  8. ケアマネージャー
  9. デイサービス
  10. 特別養護老人ホーム、老健施設
  11. 訪問入浴看護師
  12. 小学・中学・高校の養護教諭・大学保健室
  13. 看護師養成学校の教員・助手
  14. 治験コーディネーター(CRC)
  15. 臨床開発モニター(CRA)
  16. 検診・健診センター
  17. 献血ルーム
  18. カウンセラー
  19. ナースエデュケーター(クリニカルエデュケーター、フィールドナース)
  20. 助産師
  21. 健康相談員(コールセンター)
  22. 美容クリニック
  23. イベントナース
  24. ツアーナース

特にナースエデュケーターは最近できたばかりの仕事で『現役4年ナースエデュケーター直撃!仕事の口コミや年収・求人の転職方法を徹底解説』で解説しているので要チェック。

看護師転職サイトなら、アドバイザーから進められたり、サイト内で検索をかけたりしたときに、あなたが意識していなかった転職先や職種が見つかります

参考 看護師を辞めて違う仕事するのにおすすめの他職種24選【珍しい求人】

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

面接対策や模擬面接がある看護師転職サイトのメリット③

面接対策や模擬面接がある看護師転職サイトのメリット③
面接対策や模擬面接がある看護師転職サイトのメリット③

看護師転職サイトのメリット3つ目は、面接対策や模擬面接をしてくれること

怪しむ人
面接苦手なんだよなぁ。転職理由とか上司が嫌だからだし、面接でどう話そう汗汗

看護師転職サイトのアドバイザーは日々、看護師を相手に面接対策のアドバイスをして、実際の面接でよく聞かれる質問聞いて、理想的な回答(ベターな回答)を教えています。

看護師転職サイトのアドバイザーは模擬面接、話し方やマナー、退職理由や志望理由の添削、服装ルールなどを面接対策をしてくれます。
看護師転職サイトのアドバイザーの面接対策

自力で面接対策をするときにネットのテキトーな退職理由や転職理由をいうと印象が悪くなることも

あなたが受けようとしている病院で過去に聞かれた質問も把握していることもあるので、面接対策が不安、話すのが苦手な人は、看護師転職サイトの活用必須と言えます。

履歴書・職務経歴書添削あり看護師転職サイトのメリット④

履歴書・職務経歴書添削あり看護師転職サイトのメリット④
履歴書・職務経歴書添削あり看護師転職サイトのメリット④

看護師転職サイトのメリット4つ目は、履歴書や職務経歴書の添削

怪しむ人
うわー履歴書書くのだりぃーーー。ルールとか書き方もよくわからん汗

このように履歴書や職務経歴書といった書類を書くのは苦手ですよね?

管理人ハチ
私も履歴書を書いたのは保健師の就職活動のときと、看護師への転職活動のときくらいで全然書き方とかルールがわかりませんでした笑
しかし、アドバイザーに赤ペン先生をしてもらったことで自信を持って提出できたし何より、面接の方に集中できました。
看護師転職サイトは履歴書や職務経歴書を添削してくれる

履歴書はルールを守らないと『社会人として基本ができていない看護師』と思われます。
夜勤しつつ、本屋や図書館で「履歴書の書き方」の本を漁って「これで合ってるのかなぁ?」と不安に思うくらいなら、履歴書をザックリと書いてアドバイザーに投げた方がラクですよ。

人間関係などの内情把握できる看護師転職サイトのメリット⑤

人間関係などの内情把握できる看護師転職サイトのメリット⑤
人間関係などの内情把握できる看護師転職サイトのメリット⑤

看護師転職サイトのメリット5つ目は、人間関係や残業の実情などの内情把握ができる

看護師転職サイトの最大のメリットといってもいいのが内情把握

転職先の求人の次のようなことって知りたくないですか?

  • 業務量
  • 患者層
  • 残業時間
  • 夜勤の忙しさ
  • 主な看護技術や処置
  • 教育体制や実際の教え方
  • 先輩やお局看護師などの人間関係

アドバイザー経由で分かる範囲で答えてもらえますし、要望があれば内情調査をしてくれます

看護師転職サイトのアドバイザーは病院や施設の残業の有無、仕事量、人間関係、教育体制などの内情を調査してくれる
看護師転職サイトの内情調査
管理人ハチ
私がレバウェル看護(旧看護のお仕事)を使ったときには、転職しようと考えている病院に、過去レバウェル看護(旧看護のお仕事)経由で転職した看護師さんに連絡をとってくれて、残業の忙しさやどんな患者さんが多いのか、病棟ごとでの仕事の雰囲気、怖い先輩が多いかなどを聞くことが出来ましたよ。ただアドバイザーによってこの内情を聞けるか、聞けないかは違いがありそうです。

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

希望条件が明確なら効率が良い看護師転職サイトのメリット⑥

希望条件が明確なら効率が良い看護師転職サイトのメリット⑥
希望条件が明確なら効率が良い看護師転職サイトのメリット⑥

看護師転職サイトのメリット6つ目は、希望条件が明確なら求人探しの効率が良い。

看護師転職サイトでは、サイトごとでオリジナルの求人検索機能があります。

そのため、自己分析をして転職先に求める給料や雇用条件が明確になっているのならサクサク調べれていいです。

看護師転職サイトは求人検索機能が充実しており、詳細条件をつけて検索でき、非公開求人もあり効率よく求人を探せる
看護師転職サイトは求人検索しやすい

具体的には、給料を「24万円以上」と設定して検索をかけれたり、「短時間勤務あり」「託児所あり」などの育児中の看護師が知りたい条件で調べれたりします。

管理人ハチ

私の場合は保健師から未経験で看護師で精神科転職を目指したので、「精神科」「高給料」「教育制度充実」「3交代」などの条件をつけて検索をかけて目星をつけていましたよ。

転職後もアフターフォローがある看護師転職サイトのメリット⑦

転職後もアフターフォローがある看護師転職サイトのメリット⑦
転職後もアフターフォローがある看護師転職サイトのメリット⑦

看護師転職サイトのメリット7つ目は、転職後もアフターフォローがある

怪しむ人
転職サイトって転職させたら紹介料がもらえるからそれでサポート終了なんでしょ?

実は看護師転職サイトには、転職後のアフターフォローがあり、次のタイミングで電話連絡やLINE連絡をくれて「給料が転職前話していた内容になっているか?」「転職してから困りごとはないか」などを聞いてくれます。

看護師転職サイトのアドバイザーは転職初日、転職1ヶ月後、転職3ヶ月後に電話連絡でアフターフォローしてくれる
看護師転職サイトのアフターフォロー
  • 転職初日
  • 転職1ヶ月後
  • 転職3ヶ月後

このようにサポートする理由は、紹介した看護師さんがすぐに辞めてしまうと「紹介料を返さないといけない」返金規定(返戻保証)があるから

一般社団法人日本医療法人協会が共同で行った調査の【「病院の人材紹介手数料」に関するアンケート調査】でも次のように書かれています。

人材紹介会社の紹介で採用した職員が自己都合ですぐに辞めてしまった場合の保証や代償措置 については、手数料の返戻保証が9割を占めていた。また、保証期間については、3月間がもっと も多く39.4%、次いで6月間が31.0%、1月間が22.1%となっていた。

「病院の人材紹介手数料」に関するアンケート調査

つまり、すぐに辞めるとせっかく病院からもらった約100万円のうち90万円近くを返金しなくてはいけないのです。

返金しなくて済むよう、看護師さんが気持ちよく仕事ができるように調整をしてくれるわけです。

在職中でも転職活動を進められる看護師転職サイトのメリット⑧

在職中でも転職活動を進められる看護師転職サイトのメリット⑧
在職中でも転職活動を進められる看護師転職サイトのメリット⑧

看護師転職サイトのメリット8つ目は、仕事をしながら(在職中)でも転職活動が進められること。

怪しむ人
転職活動をしたいけど、仕事が忙しすぎて平日とか普通の会社がやっている時間に電話するのが無理…辞めてから探したほうがよくない?

看護師さんは多忙を極めて、メンタルもやられている人が多いので『退職してから転職活動をしたい!!』って人がたくさんいますよね。

けど、退職してからの転職活動はおすすめしません

看護師は退職後に転職活動をするのではなく、在職中に転職活動をするのがおすすめ
看護師は在職中に転職活動をするのがおすすめ

なぜなら、次のような理由。

  • 経済的に不安になる
  • 保険や年金手続きがだるい
  • お金の不安で冷静な転職活動ができない

看護師転職サイトならアドバイザーが転職活動のめんどうな部分をほぼ代行してくれるから、在職中でも転職活動ができます

また「12月31日に退職して1月1日に転職」ができて、ボーナスが切れ目なくもらえる形も狙えます。

高給料・好条件の非公開求人あり看護師転職サイトのメリット⑨

高給料・好条件の非公開求人あり看護師転職サイトのメリット⑨
高給料・好条件の非公開求人あり看護師転職サイトのメリット⑨

看護師転職サイトのメリット9つ目は、非公開求人があること

看護師転職サイトの非公開求人とは
看護師転職サイトの非公開求人とは

非公開求人とは、看護師転職サイトに登録しないと紹介してもらえない高給料・好条件の求人のこと。「おおっぴらに募集をかけると募集が殺到する求人」「現職のスタッフよりも給料条件がよく一般募集できない求人」「その分野の経験がある即戦力スタッフがほしい求人」など非公開にする理由があり、なおかつ良い条件の求人が非公開求人です。

普通に看護師をしていると「友人や知人から内々で相談された」くらいでしかいい条件の求人は見つかりませんよね

もし、積極的に好条件・高給料の求人を探したいのなら看護師転職サイトの利用は必須ですね。

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

退職手続きのアドバイスがもらえる看護師転職サイトのメリット⑩

退職手続きのアドバイスがもらえる看護師転職サイトのメリット⑩
退職手続きのアドバイスがもらえる看護師転職サイトのメリット⑩

看護師転職サイトのメリット10つ目は、退職手続きのアドバイスがもらえること。

看護師が転職をするときには転職活動とは別に退職手続きも合わせて進めていかなければいけません。

看護師の退職手続きは次のとおり。

看護師の退職の10つの流れ
看護師の退職の10つの流れ
  1. 退職の理由や意思を固める
  2. 退職と同時に転職活動も開始
  3. 師長に退職することを正式に伝える
  4. 退職日の決定
  5. 退職届の提出
  6. 引き継ぎをする
  7. ネームや鍵などの返却物と受け取り書類の確認
  8. 身の回りの整理整頓・清掃
  9. あいさつ回り
  10. 退職

転職サイトのアドバイザーは退職の手続きは代行できませんが、退職に関する相談や「看護師長にどうやって退職理由を伝えたらいいのか」などの相談のも乗ってくれます。

退職の相談って友達や同僚にはできないこともあるので、退職の相談乗ってくれるのは心強い仲間ができる感じでいいですよね。

看護師の退職の流れや申し出るタイミング、伝え方は『【失敗しない】看護師の10つの円満退職の手順&やめ方の流れ【理由別の対処方法と注意点】』『看護師の退職は何ヶ月前に伝える?いつ言う?【辞める時期とタイミングを解説】』で解説しています。

あなたの代わりにアピールしてくれる看護師転職サイトのメリット⑪

あなたの代わりにアピールしてくれる看護師転職サイトのメリット⑪
あなたの代わりにアピールしてくれる看護師転職サイトのメリット⑪

看護師転職サイトのメリット11つ目は、あなたの代わりに求人や応募先の病院にあなたの良さをアピールしてくれます

看護師転職サイトのアドバイザーは看護師の代わりに看護師の魅力をアピールしてくれる
アドバイザーは代わりにアピールしてくれる

アドバイザーがあなたの代わりにアピールしてくれるタイミングは次のとおり。

  • 求人への問い合わせ時
  • 推薦文を送るタイミング
  • 面接同行時や面接の調整時
  • 面接後の給料交渉や雇用条件交渉時
  • 非公開求人の募集がかかったタイミング

自力転職やハローワーク、ナースセンターでの転職では、あなたの強みや長所、できる看護技術、今までの看護師経験などを自分でアピールするしかありません。主観的なのであまり信用されないことも。

しかし、看護師転職サイト経由で転職するときには上記のタイミングでアドバイザーが言葉添えしてくれるので、主観的な情報と客観的な情報の両方でアピールできます

特に面接同行してもらう場合には、面接で自己PRや志望理由を伝え足りない部分をアドバイザーが補足してくれます。

面接同行はコロナの影響で中止している看護師転職サイトもあるため、利用したい場合にはアドバイザーに確認してください。

キャリアの棚卸しで人生設計ができる看護師転職サイトのメリット⑫

キャリアの棚卸しで人生設計ができる看護師転職サイトのメリット⑫
キャリアの棚卸しで人生設計ができる看護師転職サイトのメリット⑫

看護師転職サイトのメリット12つ目は、キャリア相談で自分の経験や今後の人生設計の見直しができること

看護師転職サイトは登録すると、初回の電話で登録情報の確認や本人確認をします。

看護師転職サイトの初回連絡で確認する内容
看護師転職サイトの初回連絡で確認する内容

その後時間があればそのままキャリア相談をしてくれます。(時間がない場合にはキャリア相談を別の時間にとってくれます。

キャリア相談では、次のような内容を確認されます

看護師転職サイトのキャリア相談で聞かれる内容
看護師転職サイトのキャリア相談で聞かれる内容
  • 転職時期
  • 転職理由や退職理由
  • 今後のキャリア計画
  • 看護師経験やキャリア
  • 希望の診療科や病院規模
  • 転職先に求める希望条件や譲れない条件

このキャリア相談で、今までの経歴を振り返ると次のように思えます

  • 「私はもっとキャリアップして高給料取りになるんだ!!」
  • 「給料よりも家族の時間や自分の時間のほうが大切だなぁ」
  • 「ああ、私って自分のプライベートの時間を削られるのが嫌いなんだ」
管理人ハチ
私自身、アドバイザーさんに自分の保健師経験を話す中で「ああ、やっぱ自分は精神科の現場で患者さんと一緒に退院に向けて頑張っていきたいなぁ」と感じました。こういう今後の展望とか人生設計で普段の生活ではしないと思うんですよね。だからあえて、アドバイザーさんとキャリア相談をするときには「今後の人生でどんな看護師になりたいか?」「どんな生き方をしたいか?」と振り返るのがオススメです。

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

給料や雇用条件交渉を代行してくれる看護師転職サイトのメリット⑬

給料や雇用条件交渉を代行してくれる看護師転職サイトのメリット⑬
給料や雇用条件交渉を代行してくれる看護師転職サイトのメリット⑬

看護師転職サイトのメリット13つ目は、給料や雇用条件の交渉をしてくれること

看護師転職サイトは給料や雇用条件の交渉をしてくれる
看護師転職サイトは給料や雇用条件の交渉をしてくれる

あなたは自分で転職するときに「給料をもっと上げてほしい!!」「短時間勤務だから土日勤務は無理!!」といった交渉をしましたか??

していないならもったいないかも

とはいえ、「自分で給料や雇用条件の交渉をするなんて無理!!」と思いますよね。

そういう人こそ、看護師転職サイトのアドバイザーから給料や雇用条件の交渉をしてもらうべき。

管理人ハチ
という私も看護師転職サイトのレバウェル看護(旧看護のお仕事)で転職を来たのですが、内定をもらった現在の病院にはアドバイザーから給料交渉をしてもらったおかげで初めに提示されていた大卒新卒給料から、保健師3年強の経験を考慮してもらい給料がなんと5万円もアップしました!!年間だとボーナスも含めて80万円近いアップですよ!!安い車なら変えるくらいの給料アップ!!

求人情報を見てそのまま応募して転職した後に自分の給料を知る人も多いのでは?
あなたかなり損しているかも汗

給料や雇用条件にこだわりたい人はアドバイザーに相談を。

ちなみに自分で給料交渉するコツは次のとおり。

  • 地域の看護師平均年収を把握する
  • 病院側が納得する根拠や実績を準備する
  • 自分の価値を客観的に評価してもらう
  • 希望の給料額は幅をもたせて設定する
  • 希望の給料額はマイルドに伝える
  • 面接時や内定後に再度面談調整して交渉する
  • 内定確定後に労働条件の確認して書面で残す

看護師が自分で給料や雇用条件の交渉をする方法は『【成功】看護師転職の給料交渉7つのコツ【私が5万円UP体験談や給料が下がる実例】』で解説しています。

面接調整や連絡など面倒事を代行してくれる看護師転職サイトのメリット⑭

面接調整や連絡など面倒事を代行してくれる看護師転職サイトのメリット⑭
面接調整や連絡など面倒事を代行してくれる看護師転職サイトのメリット⑭

看護師転職サイトのメリット14つ目は、面接調整や病院との細かい連絡を代行してくれること

転職のときに、「病院との電話連絡がだるかった」「書類の細かい部分の確認するのがめんどう」ってことはありませんでしたか?

看護師転職サイトを使えば、アドバイザーがほとんどの連絡を代行してくれます。

看護師転職サイトのアドバイザーは面接調整や給料交渉、求人の詳細情報の確認などを代行してくれる
看護師転職サイトは連絡や確認を代行してくれる
  • 求人に面接の調整の電話
  • 求人の掲載情報の確認
  • 自分の経験ならどのくらいの給料になるのかの確認
  • 面接後の内定の有無の確認
  • 給料や雇用条件の交渉

在職中に転職活動をしたくても上のような連絡がめんどうで「退職してから転職活動をした方がいいのかなぁ」と悩むあなた

看護師の自力転職はすべて自分で連絡
看護師の自力転職はすべて自分で連絡

アドバイザーに丸投げしてもOKです。(厳密にいうと丸投げではないですが笑)

新人・ブランク・育児明けの状況に合う紹介してくれる看護師転職サイトのメリット⑮

新人・ブランク・育児明けの状況に合う紹介してくれる看護師転職サイトのメリット⑮
新人・ブランク・育児明けの状況に合う紹介してくれる看護師転職サイトのメリット⑮

看護師転職サイトのメリット15つ目は、新人やブランク、育児明けなどの状況に合わせて求人を紹介してくれるところ

一口に看護師転職といっても、新卒で入ったけど先輩からのいじめが辛すぎて辞める第二新卒の看護師もいれば、子どもの出産から3歳までの間だけ子どもと過ごして幼稚園にいくのに合わせて復帰するブランク看護師もいますよね。

状況に合わせて教育制度が充実している求人や、育児中の看護師にも協力的な求人の紹介をしてくれます。

管理人ハチ
私の場合は、精神科でなおかつ教育制度が充実している病院と思って探していたら、アドバイザーが私の地域で求人を出している病院すべてをリストアップしてくれてスムーズな転職活動ができましたよ。

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

看護師転職サイトのデメリットは病院から紹介料をもらう仕組みやノルマに原因がある

悩む看護師
看護師転職サイトにはなんでこんなにメリットがいっぱいあるのにデメリットがあるの?

看護師転職サイトのデメリットの原因は、病院から紹介料をもらうビジネスモデルや、アドバイザーに『看護師を何人転職させないといけない』といったノルマがあるから

看護師転職サイトは、病院に看護師を紹介すると約100万円の紹介料を病院から受け取れます。逆に看護師を転職させれなかったらタダ働きになってしまうわけです。

そのためにも看護師転職サイトのアドバイザーは躍起になって看護師を転職させようとするので、この記事で紹介したデメリットが発生します。

看護師転職サイトの紹介料や無料で使える仕組みについては『看護師転職サイトがなぜ無料な理由と仕組み【病院から紹介料(お金)を取るからタダ】』で、看護師転職サイトのノルマや営業成績は『6年目Ns解説!看護師転職サイトの3つのノルマを全暴露&惑わされない方法』で解説しています。

看護師転職サイトの口コミとランキング

当サイトの管理人が実際に利用した3社はレバウェル看護(旧看護のお仕事)マイナビ看護師ナースではたらこ。それに含めて下記サイトがおすすめです。

\求人数が業界トップクラス!!/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)に登録する

/完全無料でいつでも退会可\

サイト名電話LINE求人数登録ページ
調整可LINEでOK10万9,000件レバウェル看護(旧看護のお仕事)
マイナビ看護師 [求職者募集]調整可あり5万7,000件マイナビ看護師
ナースではたらこ調整可あり1万4,000件ナースではたらこ
調整可あり4万8,000件ナースJJ
看護求人 JobMedley完全なしなし3万7,000件ジョブメドレー看護
おすすめ看護師転職サイトランキング5選

看護師転職サイトの選び方やおすすめサイト、状況別でのランキングは『【Ns歴5年本音で解説】看護師転職サイトの選び方&ランキングベスト3【複数登録比較が吉】』にまとめています。

\完全無料/

看護のお仕事へ登録する

/業界トップクラスの求人数\

看護師転職サイトは使うと不利になる?不採用になる?

看護師転職サイトはNG?看護師が不採用になる理由10選【採用されやすい病院も解説】
看護師転職サイトは使うと不利になる?不採用になる?【直接応募とブッキングすると不利になるけどほぼ不採用にならない】

看護師転職サイトを使うと『転職で不利になる?』『不採用になる?』といった質問がよくあります。

結論、看護師転職サイト経由と直接応募の人がかぶるとサイト経由の人は転職で不利になります。

なぜなら、看護師転職サイトを利用すると病院は転職サイトに約100万円程の紹介料を払わないといけないから。

看護師転職サイトの紹介料の仕組みは『病院が悲鳴!?看護師転職サイトの紹介料がなぜ無料か理由を徹底解説【トラブル回避術】』で解説しているので参考にしてください。

また看護師転職サイトを使うと転職で不利になる、不採用になるなどの内容は『看護師転職サイトNG?看護師が不採用になる理由10選【不利になる理由も解説】』で詳しく解説しているので参考にしてください。

看護師転職サイトは使わない方がいい13つの理由

9割が知らない看護師転職サイトを使わない方がいい7つの理由と使ったほうが人の特徴4選
看護師転職サイトは使わない方がいい?【結論:使ったほうがいいけど使わないほうがいい理由は7つある】

筆者が3社を利用して転職した結論をいうと、看護師転職サイトは使った方がいいです。

看護師転職サイトを使わないほうがいいという人の理由は次のとおり。

  • 紹介料がかかるから
  • 紹介料目的のサイトがあるから
  • 質が悪い看護師転職サイトがあるから
  • アドバイザーの連絡がしつこいから
  • 直接応募に不利になるから
  • 病院側がネガティブな印象を持っているから
  • 大手総合転職サイトは看護師の転職に向いていないから

ただ使ったほうがいい人の特徴もあり次のとおり

  • 転職先が漠然としているがいい条件で転職したい人
  • 自分で求人を調べるのが苦手な人
  • 履歴書や職務経歴書が苦手な人
  • 給料や雇用条件の交渉が苦手な人

看護師転職サイトを使わないほうがいいのかは『9割が知らない看護師転職サイトを使わない方がいい13つの理由と使うべき人の特徴4選』で詳しく解説しているので参考にしてください。

看護師転職サイトで転職に失敗しない活用術10選

看護師転職サイトのデメリットを把握しただけでは甘く、転職に失敗しないためには看護師転職サイトを次のとおり上手く活用するのが大切

  • 推薦文を確認する
  • 重複応募に注意する
  • 複数のサイトを掛け持ちする
  • 転職意欲が高いと伝えておく
  • アドバイザーの信頼を失わない
  • 連絡頻度や連絡方法は伝えておく
  • 相性がいいアドバイザーを見つける
  • 看護師経験や看護技術に嘘をつかない
  • 紹介された求人は自分でも口コミを調べる
  • 履歴書添削・面接対策・給料交渉などサポートを十分受ける

活用術①推薦文を確認する

推薦文をご存知でしょうか?

推薦文とは、看護師転職サイト経由で求人応募するとき、アドバイザーから応募先の求人の採用担当者(人事担当者)に向けて、「紹介する看護師さんのおすすめ理由」「経験や看護師としての強み」などを書いたメールや文書のこと。

実はこの推薦文によっては、書類審査で落とされるリスクがあります。
「どうしても合格したい」「この求人は絶対行きたい!!」と考えているのなら、アドバイザーからの推薦文も確認させて貰いましょう

求人応募する段階で、アドバイザーに「●●さんから求人応募先に推薦する文章などを送る予定があればぜひ一度確認させて下さい」と伝えたおけば推薦文の確認をさせてもらえます。

管理人ハチ
ちなみに私は推薦文の確認まではしませんでした。というか6年まに転職活動をした時にはアドバイザーから推薦文が送付されることを知りませんでした笑

活用術②重複応募に注意する

看護師転職サイトを複数登録(掛け持ち)する人は、求人応募するときに重複応募しないよう注意してください。

アドバイザーによっては「この求人が気になる」といった段階で勝手に面接の調整をし始める人がいます。

他の転職サイトのアドバイザーに面接依頼をしたところ、勝手に調整したアドバイザーから「先日、気になるといっていた求人との面談を調整しました」と連絡が入る事も。

そのため求人応募を勝手にしないことはもちろんのこと、求人応募をするニュアンスを伝えるときはよく注意して話しましょう。

管理人ハチ
看護師転職サイトを3社登録したときには、どこからどこの病院に応募をかけたのかを管理するのが少し大変でした。理想は2~3社の転職サイトに登録してアドバイザーの相性をチェックして、1つの転職サイトに絞って転職活動をすること。そうすれば、重複応募するリスクもありません。

活用術③複数のサイトを掛け持ちする

看護師転職サイトは掛け持ちして複数利用するのがおすすめです。

なぜなら、アドバイザーに合う・合わないの相性があるから

あなたも友達や同級生に「こいつとは話が合わない」「この人苦手」という人がいますよね?

看護師転職サイトのアドバイザーもプロとはいえ、相性が存在します。

話が合わない人や希望条件と違う求人を紹介してくるアドバイザーと転職活動をするのは苦痛です。

管理人ハチ
私自身3社の転職サイトに登録していてよかったです。なぜなら、3人のアドバイザーさんを比較した上で、一番合いそうな人と転職活動ができたから。やっぱ3人も人がいれば「ああーこの人なんか変な人だなぁ」という人もいましたので汗

複数登録しておけば、求人の比較もアドバイザーの比較もできるのでおすすめですよ。

看護師転職サイトを掛け持ち(複数登録)すべき理由や注意点は『看護師転職サイトを掛け持ち(複数登録)すべき9つの理由(メリット)と10つのデメリット&注意点21選』で解説しています。

活用術④転職意欲が高いと伝えておく

アドバイザーには「良い求人があればすぐにでも転職したい」「転職時期は1ヵ月~3ヶ月以内」などと転職意欲が高いと伝えておきましょう

なぜならアドバイザーにも看護師の優先順位があるから。

アドバイザーは会社から「1年で●人の看護師さんの転職サポートをするように」とノルマや営業成績が課せられています。
そのためノルマを達成するためには、転職意欲が高い、転職する可能性が高い人を優先的に対応するのが当然ですよね。

看護師転職サイトノルマや売上は『6年目Ns解説!看護師転職サイトの3つのノルマを全暴露&惑わされない方法』で詳しく解説しています。

対応やサポートの優先順位を上げるために、転職意欲や転職モチベーションが高いと伝えておきましょう。

活用術⑤アドバイザーの信頼を失わない

アドバイザーの信頼や信用を失わないのも大切

人間として当然ですが、雑な対応やメールやLINEをスル―、電話を無視するなどはしてはいけません。

なぜなら、アドバイザーの心証が悪くなると非公開求人を紹介してもらえなかったり、求人紹介や対応を辞められたりするから

アドバイザーも礼節がある看護師さんを自分の大切なクライアント(病院などの求人)に紹介したいと思うもの。

そのためにも普段から言葉遣いや電話対応、メールやLINEのレスポンスは意識して下さい。

活用術⑥連絡頻度や連絡方法は伝えておく

看護師転職サイトのアドバイザーには連絡頻度や連絡方法を伝えておきましょう

なぜなら、看護師転職サイトの電話連絡がしつこい、メールやLINE連絡がしつこいという苦情やクレームが多いから。

具体的な対応は次のとおり。

  • 看護師転職サイトの登録時備考欄に「電話連絡はしたくない」「メールやLINEで連絡をしたい」と希望を伝える
  • 初回の登録情報の確認のときやカウンセリング時などに今後の連絡方法や頻度を共有する
  • しつこいと感じた時点で連絡方法を変える

連絡頻度、連絡方法を決めておけば「しつこい」「うざい」と感じるリスクも減ります。
看護師転職サイトのしつこい理由や対処方法は『現役Nsの9割が実践した看護師転職サイトのしつこい電話への対処方法6選』で解説しています。

活用術⑦相性がいいアドバイザーを見つける

看護師転職サイトを使うときには相性がいいアドバイザーを見つけるのが大切

なぜなら、アドバイザーには「連絡がしつこい人」「話し方がタメ口の人」「高圧的で指示的な人」「希望条件と違う求人を紹介してくる人」「強引に求人紹介してくる人」などいろんな人がいるから

アドバイザーが変な人だと、転職活動がスムーズにいきません。

できれば2~3社の転職サイトに登録してアドバイザーの比較をして1人のアドバイザーさんと二人三脚で転職を進めるのが良いです。

もし1社だけで使って「このアドバイザーさんなんか合わないなぁ」と思うのであれば、その時点で担当者変更するか、退会して別の看護師転職サイトに切り替えるのがいいでしょう。

参考 【コレで解決】看護師転職サイトのアドバイザー変更はOK?【担当者変更も退会もOK】

参考 【個人情報削除】看護師転職サイト21社の退会方法まとめ【退会理由と登録解除の注意点】

活用術⑧看護師経験や看護技術に嘘をつかない

転職先を探すに当たってあなたの過去の看護師経験やできる看護技術、勤務経験のある診療科などをアドバイザーから聞かれます。

その時に自分の経験や出来る看護技術は正直に、嘘をつかずに伝えましょう。

なぜなら、「できる!!」といった看護技術や対応ができないと紹介した看護師転職サイトに迷惑がかかるから。

背伸びして自分の技術やスキルをいっても、転職した後に自分の首を絞めるだけなので、正直に伝えるのがいいです。

活用術⑨紹介された求人は自分でも口コミを調べる

アドバイザーから紹介された求人は、受け身にならずに自分でも病院の口コミや噂を調べましょう

具体的な調べ方は次のとおり。

  • 友人や知人、元同僚、先輩に聞いてみる
  • 病院の口コミ情報サイトで該当病院を調べる
  • TwitterやYahoo知恵袋などで病院のエゴサーチしてみる

このようにアドバイザー任せにせずに自分の転職なので能動的に情報収集をして下さい。

活用術⑩履歴書添削・面接対策・給料交渉などサポートを十分受ける

看護師転職サイトを使うなら履歴書添削・面接対策・給料交渉など利用できるサポートは全て使い尽くして下さい

なぜなら、あなたが転職することで転職サイトには病院から紹介料約100万円が入金されます。

「100万円分の転職活動にしろ!!」とまではいいませんが、せっかくサポートを完全無料で利用できるのなら、使い尽くして満足のいく転職にしてほしいです。

アドバイザーに頼むのは少し気が引けると思いがちですがそこは思いきって頼んでみましょう。

看護師転職サイトをサクサク使う11つの流れ

看護師転職サイトをサクサク使う11つの流れは次のとおり

  • 自己分析
  • 2~3社の看護師転職サイトに登録
  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策と模擬面接
  • 求人応募
  • 面接日程調整と面接
  • 給料や条件交渉
  • 内定と退職サポート
  • アフターフォロー

看護師転職サイトをサクサク使う11つの流れは『【Ns歴5年本音で解説】看護師転職サイトの選び方&ランキングベスト3【複数登録比較が吉】』で解説しています。

看護師転職サイトのデメリットを調べる人によくある質問

看護師転職サイトのデメリットを調べる人によくある質問は次のとおり。

  • 看護師転職先を自分で探す方法●選
  • 看護師転職サイトがしつこい時の対処方法は?【しつこい体験談と●つの対処方法】
  • 看護師転職サイトを使うと不採用になる?【不採用になりません】
  • 看護師転職サイトがなぜ無料?どんな仕組み?【病院から転職サイトに紹介料が約100万円支払われるから看護師は無料】
  • 看護師転職サイトは複数登録して掛け持ちするべき?【複数登録して求人やアドバイザーを比較するべき】
  • すぐに転職する気はないけど看護師転職サイトに登録してもいい?【転職する気がなくても求人情報収集のために登録するのはOK】
  • 派遣看護師やパート、バイトの求人は紹介してもらえる?【派遣看護師求人サイトに登録しましょう】
  • 複数の看護師転職サイトに登録する時の注意点は?【掛け持ちは●つの注意点があり】
  • 地方住みでも看護師転職サイトに登録してもいい?【地方在住だからこそ求人数が多い看護師転職サイトを使うべき】
  • ハローワークやナースセンター、転職サイトなどそれぞれのメリット・デメリットは?【各種比較表でお伝えします】
  • 他の看護師さんはどんな理由で転職を考えているの?【面接での退職理由と職場に言う退職理由はちょっと違います】
  • 病院の口コミを調べるにはどうしたらいい?【Google検索や病院口コミサイトを活用しよう】

看護師転職先を自分で探す方法7選

看護師の転職先を探す方法(転職方法)は次のとおり

  • ネット検索し直接応募
  • 知人や友人からの紹介(リファラル)
  • ハローワーク
  • ナースセンター
  • 求人掲載型看護師転職サイト
  • 担当者型看護師転職サイト
  • 新聞や地域雑誌の求人から応募

看護師の転職先を自分で探したい人は『【直接電話危険】看護師が転職先を自分で探すメリット6選【病院求人に自力で電話応募する方法】』ハローワーク、ナースセンター、友人知人紹介などのそれぞれのメリット・デメリットや注意点は『【マル秘】看護師の転職方法で5つ中1つだけが転職成功する進め方だった件』で解説しています。

看護師転職サイトがしつこい時の対処方法は?【しつこい体験談と6つの対処方法】

現役Nsの9割が実践した看護師転職サイトのしつこい電話への対処方法6選
看護師転職サイトの電話がしつこいときの対処方法6選【電話時間を指定するか担当者変更しましょう】

看護師転職サイトの電話がしつこいときの対処方法は次のようにまとめられます。
電話時間を指定するか、それでも電話がしつこい、うざいときには担当者変更か退会でOKです。

  • 連絡方法を電話からメールやLINEに変更する
  • 転職サイトのお問い合わせから連絡する
  • 担当キャリアアドバイザーを変更する
  • 看護師転職サイトを退会する
  • 転職先が決まったと伝える
  • キャリアアドバイザーからの連絡に対応しない

看護師転職サイトがしつこい理由や対処方法は『現役Nsの9割が実践した看護師転職サイトのしつこい電話への対処方法6選』にまとめています。

看護師転職サイトは複数登録して掛け持ちするべき?【複数登録して求人やアドバイザーを比較するべき】

Nsの93.7%は複数登録すべき看護師転職サイトのメリット&注意点【掛け持ち理由】
看護師転職サイトを複数掛け持ちはあり?【むしろ複数利用した方が失敗しにくくなる】

結論、転職に失敗したくないなら看護師転職サイトの複数をすべきです。

なぜなら、1社だけ登録するよりも、掛け持ちして転職サイトに登録したほうが下のようなメリットがあるから。

  • 多くの求人を比較できる
  • アドバイザーを比較できる
  • 転職サイトの比較ができる
  • 複数の非公開求人を比較できる
  • 同じ求人でも条件を比較できる
  • 複数のアドバイザーから意見を聞ける
  • 自分と相性がピッタリのアドバイザーが見つかる

とはいえ、掛け持ち登録には次のようなデメリットや注意点もあります。

  • スケジュール管理が大変
  • 個人情報が漏洩するリスクも
  • 求人の選択肢が多くて逆に迷う
  • アドバイザーのやる気がなくなる
  • 悪い情報や嘘を言われるリスクあり
  • アドバイザーの意見が違って混乱する
  • アドバイザーからの連絡回数が増える
  • 転職後も複数の転職サイトから連絡が来る

看護師転職サイトを複数掛け持ちするメリットや注意点は『Nsの93.7%は複数登録すべき看護師転職サイトのメリット&注意点【掛け持ち理由】』で詳しく解説しているので参考にしてください。

すぐに転職する気はないけど看護師転職サイトに登録してもいい?【転職する気がなくても求人情報収集のために登録するのはOK】

すぐに転職する気持ちがなくても、求人の情報収集のために看護師転職サイトに登録するのはOKです。

実際にレバウェル看護(旧看護のお仕事)のよくある質問でも次のように記載されています。

また登録した事で転職のモチベーションが上がる事もあるので、まずは登録から始めてみましょう。おすすめの看護師転職サイトランキングは『【Ns歴5年本音で解説】看護師転職サイトの選び方&ランキングベスト3【複数登録比較が吉】』で解説しています。

派遣看護師やパート、バイトの求人は紹介してもらえる?【派遣看護師求人サイトに登録しましょう】

派遣看護師やパート、バイトの求人は看護師転職サイトの派遣バージョンに当たる派遣看護師求人サイトの利用がおすすめです。

派遣看護師求人サイトのおすすめは、レバウェル看護(旧看護のお仕事)派遣【MC-ナースネット】

派遣看護師求人サイト=派遣会社なので派遣先の求人を検索してお気に入りの求人があればそのまま雇用契約を行い、派遣看護師として仕事ができます。

地方住みでも看護師転職サイトに登録してもいい?【地方在住だからこそ求人数が多い看護師転職サイトを使うべき】

地方住みの人こそ、看護師転職サイトを使うべきです。
なぜなら、求人探しでハローワークやナースセンターを使うと偏った情報になるから。

ハローワークやナースセンターは求人掲載が無料な分、さまざまな求人が集まってきます。
無料な分、ブラックな求人や経営が傾いている求人もあります。

看護師転職サイトは採用コストをかけても大丈夫な求人が掲載しているのでその分、教育や人的確保にお金を使えている病院が多いです。

地方で求人探しが難航するくらいなら早い段階で看護師転職サイトを使う方が賢い選択ではないでしょうか?

管理人ハチ
私自身北陸の地方住みなので求人がGoogle検索で探してもあまり見つからなかったのと、看護師転職サイトなら地方でも求人数がけっこうあると知っていたので早い段階で利用しました。結果的にすぐ面接調整までこぎつけれたので求人探しで困る事はありませんでしたよ。

ハローワークやナースセンター、転職サイトなどそれぞれのメリット・デメリットは?【各種比較表でお伝えします】

看護師転職における転職方法の比較は次のとおり。

看護師転職サイト以外の転職方法との比較表は次のとおりです。

転職方法求人数情報の濃さ書類作成やサポート詳細
看護師転職サイト詳細を見る
ハローワーク普通詳細を見る
友人や知人激濃なし詳細を見る
求人情報普通なし詳細を見る
ナースセンターなし詳細を見る
転職方法比較表

看護師の転職方法別のメリット・デメリットは次の記事が参考になります。

他の看護師さんはどんな理由で転職を考えているの?【面接での退職理由と職場に言う退職理由はちょっと違います】

看護師の退職理由や転職理由は次のとおり。

  • 体調不良のため
  • 親の介護のため
  • スキルアップのため
  • 結婚や出産、育児のため
  • 夫や家族の引っ越しのため

面接で答えるのにおすすめの転職理由は『【看護師の面接対策】本当は教えたくない10の退職理由・転職理由の良い・悪い回答例文』で、職場を辞める時に使える退職理由は『【門外不出】看護師におすすめの嘘の退職理由5選【辞める理由の伝え方&事例】』で解説しています。

病院の口コミを調べるにはどうしたらいい?【Google検索や病院口コミサイトを活用しよう】

病院の口コミを調べる方法は次のとおり。

看護師転職サイトの嘘求人情報の見抜き方は『看護師転職サイトの嘘の求人情報を6つの見抜く術&体験談【嘘の求人情報の5つの特徴】』で解説しています。

  • この記事を書いた人

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす>>ハチのプロフィール

-看護師転職サイト