看護師転職

【悲報】看護師の給料は20代は高いけど30代で他職種に負ける!!【給料をあげる転職術】

【悲報】看護師の給料は20代は高いけど30代で他職種に負ける!!【給料をあげる転職術】

今回はYahoo!知恵袋でこんな質問がありました。

看護師の給料についてです。

看護師は20代の間は他の職種よりも少し給料が高いですが、30代以降は他の職種に追い抜かれてしまいます。

看護師は給料が上がりにくいということもあり、私は家庭の事情でお金が必要です。

そこでなんですが、看護師免許を活かすことができてかつ給料が病院の看護師より高いところに転職しようとするとどこがいいでしょうか。

Yahoo!知恵袋

悩む看護師
給料ってやっぱり30代だと心もなく感じてしまいますよね。

今回はそんな結婚や子育て、家庭の事情でお金が必要な看護師向けに給料の上げ方や転職術について解説していきます。

看護のお仕事

看護師の平均給料はどのくらい他の職業と差があるのか?なぜ給料が安いのか?

看護師の平均給料はどのくらい他の職業と差があるのか?なぜ給料が安いのか?

悩む看護師
そもそも、看護師とほかの仕事とではどのくらい給料に差があるんでしょうか?

厚生労働省が行った平成29年賃金構造基本統計調査によると、看護師平均年収とは約450〜500万円です。

全職種の平均年収は491万円で、女性社会人の平均年収は377万円となっています。

厚生労働省が行った平成29年賃金構造基本統計調査によると、看護師平均年収とは約450〜500万円

このデータから読み取れるのは、全職種では平均年収は低めだが、女性が多い仕事としては平均年収は高めになっているということ。

その他に、看護師の給料が安い原因は、初任給が高い割に、昇給額が少ないからと言えます。

悩む看護師
やっぱり全体としては、看護師の平均年収は低めになってしまうんですね。

 

 

看護師が基本給、年収、手当をあげるためにできる3つのこと

看護師が基本給、年収、手当をあげるためにできる3つのこと

悩む看護師
看護師って給料アップ狙うには転職しかないんでしょうか?

看護師が基本給、年収、手当をあげるためにできることは、以下の3つがあります。詳しくは『看護師が基本給、年収、手当をアップする5つの方法』で解説していますので、参考にしてください。

基本給、年収、手当アップの3つの方法

  • 昇進や管理職などの役職を狙う
  • 認定・専門看護師など看護系資格を取得する
  • 転職する

どれも目や耳が痛くなりそうですが、給料アップするのは簡単なことではないということですね。看護師も辛い稼業ですよね。それぞれ簡単に解説していきます。

看護師が基本給、年収、手当をアップする5つの方法

昇進や管理職などの役職を狙う

悩む看護師
正直にいうと、昇進とか管理職狙うのって1番大変じゃないですか?

 

まず、1番はじめに挙げる給料アップの方法は、昇進や管理職などの役職を狙うことです。しかし、この方法、個人的にはおすすめしません。

ただ、この方法であれば、現在の職場から転職せずに給料アップを狙えますし、見知った現場、人間関係であれば身体的な負担や心理的なストレスも少なくて済みます。

たとえば私の病院であれば以下のような手当が付きます。

  • 看護主任:1万円
  • 看護師長:5万円
  • 看護部長:15万円

この辺りの相場はマチマチかもしれませんが、少なくとも主任を狙うだけでも、年間12万ほど給料が違ってきますよね?

ただ、『昇進しても手当は微々たるもので、会議や役割が増えるだけで余計しんどくなるよ』という声が聞こえてきそうです。たしかに、主任や副師長などになると、会議や外部期間との合同カンファレンスへの参加は強制されて、休日返上になることもあります。

昇進や管理職を狙うのは現実的にはオススメできません。

認定・専門看護師など看護系資格を取得する

悩む看護師
もっと専門性を高めたいと考えているなら認定看護師や専門看護師の資格取得するのがいいかもしれませんね!

 

2つ目の給料アップの方法は、認定・専門看護師など看護系資格を取得することです。

もし、あなたがある分野の看護の専門性を高めたいと思っているのであれば、1番良い方法でしょう。

単純に給料アップしたいだけという人にはおすすめできません。

認定看護師や専門看護師を取るためにはまず看護師としての臨床経験が5年間あること、また認定看護師であれば6カ月、専門看護師であれば最低2年のスクーリングが必要になります。

6カ月や2年という数字だけでは測れないほど、資格取得は大変です。

まず、スクーリングといっても勉強だけをしているわけではありません。課題として英語の医学論文、日本語の論文をたくさん読むように課題が出されたり、教授から◯◯の本を読みなさいと実費でたくさんの医学書の購入が必要になったりします。

またスクーリングのあいまには仕事をしなくてはいけない方もいるでしょう。仕事場での勤務調整が必要になり、師長に嫌な顔をされたり、夜勤明けに19時頃まで授業があったりといった負担があります。

純粋に看護師としての専門性を高めたいという人にとっては有意義な日々になるでしょうが、ただ単純に給料アップを狙っている人がすることでありません。

そのため、給料アップという視点では、認定・専門看護師など看護系資格を取得することはおすすめできません。

転職する

最後に紹介する給料アップする方法は、『転職する』ことです。

上でも説明したように看護師の平均年収は450〜500万円と振れ幅が大きく、探せばいくらでも高給料で好条件な求人がたくさん見つかります。

また、最近では看護師として病院やクリニックで働く以外にも、看護師の資格を活かしながらも看護師以外の職種で働くスタイルも増えてきています。

給料アップを狙う看護師のために、看護師として働く場合と、看護師以外で働く場合とに分けて紹介していきます。

 

人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】
参考お祝い金がある看護師転職サイト4選【損する人はお金に目がいく人】

看護師なら都市部の私立病院か訪問看護を狙うべし

悩む看護師
看護師として働きたいけど給料は高くしたいなぁ。

看護師として高給料を狙うのであれば、病院でも基本給が高水準の都市部の私立病院を狙うか、人で不足で高給料が基本になっている訪問看護もおすすめです。

まず都市部私立病院は、ほかの公立、国立病院に比べて基本給が高水準にあります。これは、私立だからこそ、病院以外の学校法人での収入があったり、経営に余裕がある部分を看護師に還元しているためです。

たとえば、当サイトがおすすめしている転職サイトの『マイナビ看護師』では実際に以下のような求人が出ています。(2020年7月末現在)

医療法人財団健貢会総合東京病院【病棟】
【月収】28万円~45万円(諸手当込)
【年収】460万円~720万円(諸手当込)
【昇給】年1回
【賞与】年2回(過去実績4ヵ月)

また、訪問看護は、日勤のみの勤務にもかかわらず、人手不足の状態のため看護師を集めるためにも給料が高めに設定されています。また、日勤だけでなく、時間外の訪問看護や24時間オンコール制度のある訪問看護ステーションなどではより高い手当や給料が保証されているところもあります。

たとえば、当サイトがおすすめしている転職サイトの『マイナビ看護師』では実際に以下のような求人が出ています。(2020年7月末現在)

株式会社 BABY’S BREATH リハビリ訪問看護ステーション 陽花
【月収】30.0万円~40.0万円 程度(資格手当込)
【年収】414万円~554万円 程度(賞与込)
【昇給】年1回
【賞与】年2回 計2.0ヶ月(過去実績)

 

看護師以外の転職は難しい?

看護師以外の転職は難しい?

悩む看護師
これだけ看護師以外の仕事があるなんて知りませんでした!けどやっぱり看護師が他職種に転職するって難しいんですよね?

看護師の資格を活かしながら看護師以外の職種に転職するのは難しいです。

その理由はあなたもわかるとおり、看護師の求人は豊富な一方で、看護師以外の他職種の求人は一般には公開がされておらず、もし、応募があっても競争率が高くなかなか内定をもらえません。

実際、企業保健師の採用試験では1人の応募に対して30人の応募があり、30倍の競争率になることもしばしばです。市役所や県の保健師ですら倍率が10倍〜15倍であることもざらなので、上で紹介した企業保健師や企業医務室などは高倍率になるのは当然です。

 

人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】
参考お祝い金がある看護師転職サイト4選【損する人はお金に目がいく人】

看護のお仕事

看護師転職サイトなら看護師以外の他職種の求人をたくさん持っている!

看護師転職サイトなら看護師以外の他職種の求人をたくさん持っている!

悩む看護師
看護師以外の仕事を探すには看護師転職サイトを使うのがおすすめみたいですね。

看護師が看護師以外の企業保健師や会社の医務室などに転職するなら、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

とくに、企業保健師や医務室といった求人は、一般公開されない非公開求人であることが多いうえに、看護師転職サイトによっては企業が求人を掲載依頼しないこともあるため、複数の看護師転職サイトに登録しておきましょう。

当サイトでおすすめしている看護師転職サイトは『マイナビ看護師』ですが、看護師転職サイトについては以下の記事一覧を参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】
参考お祝い金がある看護師転職サイト4選【損する人はお金に目がいく人】

【まとめ】看護師以外の他職種につくのは難しいけど転職サイト使えばOK

【まとめ】看護師以外の他職種につくのは難しいけど転職サイト使えばOK

看護師免許を活かして、看護師以外の他職種にもつくことは可能ですが、なかなか求人を見つけにくいです。

非公開な求人を効率よく探して転職したい方は、看護師転職サイトを活用して企業保健師や治験コーディネーターなどの求人に応募していきましょう。

  • 夜勤をしたくない
  • 看護師の人間関係に疲れた
  • 不規則はもう嫌!

上のように感じている人は、看護師以外の他職種が合っているのかもしれませんね。

人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】
参考お祝い金がある看護師転職サイト4選【損する人はお金に目がいく人】
人気記事【自由に生きませんか?】元保健師→今看護師がブログを始めた理由と稼げた理由

  • この記事を書いた人
gussan

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-看護師転職

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.