看護師転職

【2020年】個人時代だからこそ『精神科看護師に転職』をオススメする理由

2020年7月17日

内定を辞退したいとき【看護師転職サイトの断り方⑨】
悩む看護師
精神科への転職を考えている看護師「精神科へ転職したいけど、ぶっちゃけどうなんだろう。転職して後悔したくないから仕事内容とかその後のキャリアアップをしておきたいなぁ。」

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 精神科看護師への転職をオススメする理由
  • 精神科へ転職した時の具体的なキャリアプラン
  • 看護師も個人の時代だから精神科への転職はオススメです。

この記事を書いている私は、4年間保健師をして精神科看護師に転職しています。

ぶっちゃけ

怪しむ人
はぁ?保健師から看護師とかアホなん?
という声が聞こえてきそうですが、だからこそ保健師よりも看護師の方がいい理由や精神科看護師がおすすめな理由を語れます。

 

現在は副業禁止の公務員から脱却して、ブログで月2万円ほどを稼ぎつつ、精神科で定時帰宅して家族と過ごす時間が増えました。

 

正直、保健師から看護師を辞めてまさかの精神科勤務なんで、『なんだよ、こいつ』となりますが、1つ言えるのは、『精神科看護師だけやっている人よりも、精神科看護師がおすすめな理由を語れる』ということ。

 

8年ほどの保健師-看護師経験をもとにノウハウや経験が溜まっているの共有しさせてください。

 

看護のお仕事

精神科看護師への転職をオススメする理由

【2020年】個人時代は『精神科看護師に転職』するのがオススメな理由

オススメする理由は次のとおり。

  • 時間に追われない
  • コミュニケーションスキルが上がる
  • 看護技術だけじゃなく対応力が上がる
  • 副業しやすい

 

時間に追われない

一般科って時間に追われますよね。

オペ出しとか検査出し、入院受けとかとか。

というのも、精神科はオペ出しとかほぼないんで時間に追われません。

 

時間に追われないことは精神的に楽ですよね。

  • オペ前に忘れたことないかと脅迫的になる
  • 検査だし、点滴管理で休憩取れない

とかとか。

 

精神科では休憩もしっかり取れますし、検査もそこまで多くないんでじっくりと患者とコミュニケーションが取れますよ。

実習思い出したらわかると思いますが、まさにあんな感じ。

 

 

コミュニケーションスキルが上がる

精神科って看護技術が下手になるって思われがちですけど、看護技術って水物というかやる病棟いけばすぐにカンは戻ります。

それ以上にコミュニケーションスキルが爆上がりすることのが重要。

 

怪しむ人
コミュニケーションとか別、普通にできるよね。
と感じている人はやばいかも。

一般科って患者と話す機会って少なくないですか?

 

精神科とか常に患者と話すような仕事です。(あ、患者に捕まるとも言える)

具体的には、

  • うつの人の希死念慮とか自殺念慮の確認
  • 統合失調症の幻聴・幻覚体験の傾聴
  • 発達障害の患者の生きにくさを聞く

 

こういった経験って一般科ではなかなかできないですよね。

 

自然と、間のとり方とか傾聴の仕方が身についていくんですよね。

 

 

看護技術だけじゃなく対応力が上がる

前のところとかぶりますが、対応力も爆上がりします。

なぜなら、予期せぬ出来事が起こりまくるから。

具体的には、

  • 幻覚・幻聴に左右されて暴言を言われる
  • 不穏状態の患者から殴る、蹴るなどの暴力
  • せん妄患者がベッドやトイレに登る
  • アルコールや薬物患者が離脱症状でけいれん発作を起こす

などなど。一般科の急変に比べると少し毛色が違うかもしれません。

 

あと、クレームも多いので、クレーム対応も上手になりますね。

これって意外と仕事以外でも活きてくるんですよね。

外で独り言行って笑ってる人みても動揺しなくなります笑

 

副業しやすい

「いきなり副業かよ」と思うかもしれませんが、本当に副業がしやすいことは重要。

なぜなら、同期の友人はみな一様に「残業でしんどすぎて帰ってきてもなんもやる気おきん」というから。

 

一方で精神科に4年間勤めている私はというと、ココ半年くらいは毎日ブログを書きつつ生活をしています。

夜勤でも採血の数は3人4人くらいしかいないので時間に追われることもありませんし、点滴管理や急変なども少ないので体力的にも問題ありません。

 

参考【最新版】看護師におすすめの稼げる副業とは?【ブログか転職です】
参考【自由に生きませんか?】元保健師→今看護師がブログを始めた理由と稼げた理由

 

精神科へ転職した時の具体的なキャリアプラン

精神科へ転職した時の具体的なキャリアプラン

精神科へ転職したら、その後のキャリアってどうなるの?

私や同僚を例に解説しますね。

  • パターン①認定看護師や専門看護師などの資格を取る
  • パターン②個人のスキルアップして訪問看護に転職
  • パターン③副業しつつ脱看護師を狙う

大きく分けるとこんな感じ。

 

上のとおり、『資格でキャリアアップ型』『個人スキルでのんびり型』『別軸で稼いちゃう型』に分かれます。

パターン①認定看護師や専門看護師などの資格を取る『資格でキャリアアップ型』

これは今の病院の同期や先輩の例。

病院から補助をもらいつつ、学校に通いつつ、精神科看護師の専門看護師(CNS)を取りに行っています。

仕事しつつなので3年間通わなくてはいけませんが、とはいえ、病院を辞めずとも通えるのはいいですよね。

 

ただ注意点は、転職前に

  • 専門看護師や認定看護師の資格取得に積極的な病院か確認
  • 通える距離に精神科領域の専門看護師・認定看護師の学校がある

 

病院によっては、仕事をしつつだとシフトが調整できないと資格の取得に消極的な病院もあります。

 

また、転職する病院の近く、自分の自宅から通える距離に専門や認定看護師を取れる学校があるかも重要。となりの県からわざわざ通っている人もいるので。

 

パターン②個人のスキルアップして訪問看護に転職『個人スキルでのんびり型』

個人スキルを伸ばして、のんびり訪問看護をするパターンも多いですね。

実際、私が就職したばかりのタイミングで『訪問看護に転職して週3とかで仕事するわー』といって辞めていった先輩看護師もいました。

精神科の訪問看護だと、業務内容が

  • 服薬管理
  • 患者の精神状態のアセスメント

と、点滴管理や摘便などといった一般的な訪問看護に比べると毛色が違うので精神科での修行が必要ですね。

 

精神科領域の訪問看護も意外と需要が高いけど訪看をする人がいないので給料は高めですね。

ちなみに訪問看護に転職を考えているなら、下のサイトがおすすめですね。

 

パターン③副業しつつ脱看護師を狙う『別軸で稼いちゃう型』

私がブログで副業しつつ脱看護師を狙っています。

 

私は保健師をしつつ、『公務員って副業できんとかありえんやろ、しかも仕事内容も合わないなぁ』と感じていたので一念発起して看護師に転職しちゃいました。精神科看護しつつ、ブログを立ち上げて1年位で月2万円ほどの収益になったんでこれ続けていけば脱看護師も狙えるかなと。

怪しむ人
一年で月2万とか少なくね?
と思いますよね?

 

でも翌々考えると看護師の昇給って5000円前後では?

 

それを考えると私は4年分の昇給を1年でクリアしたともとれます(*^^*)

 

私の経歴は少し異常ですけど。精神科看護でスキルをみにつけつつ、それをブログでアウトプットする。

 

このサイクルはどの分野でも回せますよね。

実際、精神科の勉強して落とし込んだのが下の記事です。

参考統合失調症の看護!観察ポイント、アセスメント、看護目標とは
参考精神科看護師が向いている人の6つの特徴【精神科にいくなら知っておくべきこと】

精神科看護師のことでよくある質問

精神科看護師のことでよくある質問

精神科看護師のきつさを気にしている人は下のような疑問も持っていませんか?

  • もし精神科看護師になるなら向き不向きを知りたい
  • 精神科看護師のやりがいって?
  • きついことってどんなこと?
  • きつさ以外のストレスは?

順番に解説します。

 

 

精神科看護師に向いているか向いていないか知りたい

精神科看護師に向いているか向いていないか知りたい

精神科看護師に向いているか向いていないかは下のとおり。

精神科に向いている人には以下のような特徴があります。

  • プライベートと仕事を両立できる
  • 人と話すのが好き
  • 相手のペースに合わせれる
  • 根気強く心の強さがある
  • 精神的に安定している
  • 気持ちの切り替えがすぐできる

詳しくは下の記事で解説しています。
参考精神科看護師が向いている人の6つの特徴【精神科にいくなら知っておくべきこと】

精神科看護師のやりがいって何?

精神科看護師のやりがいって何?

精神科看護の『やりがい&面白さ』は『看護力が治療に直結』すること。

下がやりがいの具体例。

  • あなたの看護力を活かすことで患者が回復する
  • 退院後をイメージしつつ長いスパンで関われる
  • 精神看護だけじゃなく身体疾患の知識も必要

詳しくは下の記事で解説しています。

参考精神科看護の『やりがい&面白さ』は『看護力が治療に直結』するという話

 

精神科看護師のきついことって何?

精神科看護師のきついことって何?

精神科看護師のきついことは下のとおり。

  • 暴言・暴力
  • 妄想の対象になること
  • 自分の一言の重みが大きいこと
  • 患者の話を聞かなくてはいけないこと

このことは別の記事で解説しています。

参考精神科看護師の4つのきついこと【一般科看護師に比べたら時間的に楽です】

 

精神科看護師のストレスは?

精神科看護師のストレスは?

精神科看護師のストレスは下のようなものがあります。

  • 精神科領域の看護や知識が不足していると感じる
  • 医師と患者の間に入るのが難しい
  • 医師と看護師との価値観・意見が食い違う
  • 患者の治療に理想と現実のギャップが大きい
  • 患者からの暴力のリスクがある
  • 患者からの暴言や被害妄想をもたれる
  • 患者・家族の架け橋が難しい

 

詳しくは下の記事にまとめています。

参考精神科看護師のストレスは『無力感』という話【一般科に比べたらぬるゲー】

 

 

看護のお仕事

看護師も個人の時代だから精神科への転職はオススメです。

看護師も個人の時代だから精神科への転職はオススメです。

2020年になってYouTuberやブロガーと個人が稼ぐ時代になってますよね。

 

看護師も思考停止している人が多いと感じています。

看護資格があっても危険ですよね。

コロナで給料カット、感染のリスクと戦う。

こういった看護師から脱却するためにもまず精神科看護師への転職はありですね。

 

私は公務員とか『副業が禁止な時点でオワコン』と感じて辞めて精神科看護師になったので、そういう意味ではあなたに背中を見せつつ、副業の初め方とか教えたいです。

 

 

第一歩が精神科への転職はいかがでしょうかという提案。

 

いまのまま一般科で消耗しつづけるか精神科で少し羽を伸ばしつつ、脱看護師を目指すかはあなた次第ですねm(_ _)m

精神科看護師への転職にオススメなサイトは次のとおり。

  • 看護のお仕事※アドバイザーが一番よかった。変な人と話したくないならここ。
  • マイナビ看護師※CMでもおなじみの大手。案件も豊富なのでまずはここに登録。
  • ナースではたらこ※『行きたい病院があるけど求人がない』なら逆指名できるここに登録。

看護師転職サイトの選び方+ランキングベスト3【脱看護師しましょう】
看護師転職サイトの選び方+ランキングベスト3【脱看護師しましょう】

続きを見る

  • この記事を書いた人
gussan

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-看護師転職

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.