看護師転職ノウハウ

看護師は連休とれない?【旅行したいなら休みの多い職場へ転職しましょう】

2020年4月22日

看護師は連休とれない?【旅行したいなら休みの多い職場へ転職しましょう】
悩む看護師
看護師って連休とれないようなぁー。休日も1日だけとかだからどこかにいこうにも近くでショッピングするくらい・・・。どうしたら連休とれるのか知りたいなぁ。結局連休とれるとこに転職しか無いの?

こんな疑問をお持ちではありませんか?

実際私も現役看護師をしていますが、連休はとりにくい印象があります。でも、保健師の頃に比べたら休みをしっかりと取れるようになりました。
あ、私、保健師から看護師に転職するという看護業界ではタブー的なことしてますんでそのへんは別記事を参考にしてください。
»ハチブロの管理人ハチのプロフィール【保健師→看護師→ブロガーの歴史】

連休は取りにくいけど、師長とのやり取り次第では連休をとれますよ。工夫して連休を取る方法を解説しておきます。
あとは転職するしかないんですけど、転職するにしても、うまく転職しないと連休がとれないことにもなるので転職サイトを使った転職方法にも少しだけ触れておきますね。

なので、

記事内容

  • 現在の病院でも連休のとり方
  • 転職して楽に連休をとって自由に休む方法

上記を紹介していきます。

一般科だと休みとか無理!!と思うなら精神科看護師がおすすめかも。むしろそのまま一般科にいると危険かも・・・『【2020年版】精神科看護師への転職マニュアル【結論:ラクに看護できます】』を見ないと損するかも。

参考看護師転職サイトの選び方+ランキングベスト3【脱看護師しましょう】

看護のお仕事

看護師は連休とれない?【旅行したいなら休みの多い職場へ転職しましょう】

看護師は連休とれない?【旅行したいなら休みの多い職場へ転職しましょう】

まず看護師は連休をとりにくいだけで看護師も連休は取れます

ただ、注意が必要なのは以下。

  • 一般の人と同じゴールデンウィーク、正月休みを取るのは難しい
  • 平日のど真ん中や金曜日から日曜日までの3連休ならとれる

といったところを踏まえて読んでいってください。

現在の病院での連休をもらう方法

現在の病院で連休をもらうコツは下のとおりです。

  • シフト申請表だけの申請じゃなく師長に口添えしておく
  • 普段は積極的にシフト交代を取る

シフト申請表だけの申請じゃなく看護師長に口添えしておく

シフト申請表だけの申請じゃなく看護師長に口添えしておく

まずシフト申請表に希望を書くだけじゃ、年功序列で休日をつけられてしまうのでシフト申請表だけでなく、師長に声掛けしておきましょう。
具体的には下のような形です。

○月○日から○月○日の休日なんですが、家族との用事でどうしても外せないのでよろしくお願いします。


といったところ。

これは誰もがやっていますよね?

これだけだと、連休をもらえる確率は少ししか上がりません。

連休をとるためなら普段は積極的にシフト交代を取る【看護師処世術】

連休をとるためなら普段は積極的にシフト交代を取る【看護師処世術】

そして2つ目のコツが大切で、普段は積極的にシフト交代を取ることです。

返報性の法則というのをご存知でしょうか。

たとえば誰かに優しくされたら、その人に優しくできるといった経験はありませんか?

または、ある患者に感謝をされたり、「あなたの注射は痛くないわ、またお願いね」と言われたりするとその患者に対しての看護が丁寧になったり、顔を見に行くたくなったりということはありませんか?

これが返報性の法則といいます。

返報性の法則を能動的に使うのが、「普段は積極的にシフト交代を取る」ことです。

例えば、「○さんのお子さんが風邪引いちゃったみたいで今日の夜勤代われる人いない?」と師長が困っているとしたら、それは積極的に交代しにいくべきです。

普段から師長が困っている場面で助けていると、師長もあなたに対してなにかかえしてあげたいと思ってくれますよね。

これが返報性の法則をうまく使っている処世術です。

悩む看護師
うーんなんかごますりしてるようでいやだなぁ

と思うかもしれませんが、こういう積み重ねが仕事を楽にするコツになります。

ただ目の前の処置だけをしていると思考停止していて損しているかもしれませんよ。

このあたりの処世術や心理学を知りたい方は人を動かす 新装版がおすすめです。
漫画版は下のとおり。

 

 

とても読みやすい上に、ビジネス的思考がわかるので、看護師のコミュニケーションにも活かしやすいですよ。

看護師が転職して連休をとって旅行や遊び、勉強する方法

転職して連休をとって旅行や遊び、勉強する方法

上で紹介した現在の病院で、できる方法を実践しにくい、もしくはしたくないという方は転職するくらいしかありませんね。
転職して連休をとって、自由に過ごしましょう。

私の場合の話をしておきます。

私は下の記事でも紹介しているとおり保健師から看護師に転職しました。
»ハチブロの管理人ハチのプロフィール【保健師→看護師→ブロガーの歴史】

正直、保健師って以外と勤務外の時間で仕事をさせられること多いです。

  • 研修会や勉強会の出席
  • 会議や企画の準備のために休日出勤や残業

こういったこともあって「自分の時間が全然ない!!」「仕事ばかりの人生なんていや!!」と思ったからこそ、看護師への転職を決意しました。

これからの人生でもそうです。

もし、残業ばかりの職場、自分の意志と反した楽しくない、楽しめない仕事ならば、転職するでしょうね。

だって私個人は看護師はあくまでお金を稼ぐための手段ですから。患者のために、誰かのために何かをやりたいっていう気持ちはあるものの、やっぱり仕事は仕事ですね。

時間とか自分の気持ちをすり減らしてまでやり続けたくはないです。

あなたはどうですか?

もし、連休がとれず旅行にいけずどんどん年だけをとっていくなんていやでは?

できれば海外にも旅行にいきたいし、奄美大島やら五島列島、有馬温泉やら下呂温泉へのいってのんびりしたくありませんか?

連休をとれずに仕事と家の往復するなんてもったいないですよ。せっかくのあなたの人生。楽しんで自由に過ごしたほうが絶対いいです。

あれこれ言いましたが、私はそんな思いで保健師から看護師に転職しました。転職するときには、自分で転職して休みがあまりとれないとか、給料で足元みられるとか絶対いやだったので、あえて看護師転職サイトの看護のお仕事を使いました。

もし、転職に失敗したくない、楽に自由に過ごしたいと思うのなら看護師転職サイトを利用したほうが時間的にも金銭的にも節約になりますよ。だってハローワーク往復したり自分で求人先へ電話連絡しなくて済むので、自分の時間は減らさなくて済むんですから。

»【失敗しない】現役看護師がおすすめする看護師転職サイトランキング!
»【すべて無料】看護のお仕事とは【登録方法、メリットと注意点も解説】

【まとめ】看護師で連休がどうしても取れないなら転職。それ以外はなんとか師長と交渉を!

【まとめ】看護師で連休がどうしても取れないなら転職。それ以外はなんとか師長と交渉を!

看護師が連休をとれないなんてわかりきっていることです。

そんな環境下でも連休をとるためには、工夫するか、環境を変えるかしかありませんよ。

私の場合は、うまく心理学の法則、原理なんかを使いながら楽に、自由に看護師を楽しんでいます。いや人生を楽しんでいます。

ブログも日々更新しているので参考にしていってくださいね。私のプロフィールは下のリンクから見れます。

一般科だと休みとか無理!!と思うなら精神科看護師がおすすめかも。むしろそのまま一般科にいると危険かも・・・『【2020年版】精神科看護師への転職マニュアル【結論:ラクに看護できます】』を見ないと損するかも。

参考看護師転職サイトの選び方+ランキングベスト3【脱看護師しましょう】

»ハチブロの管理人ハチのプロフィール【保健師→看護師→ブロガーの歴史】
»【自由に生きませんか?】元保健師→今看護師がブログを始めた理由と稼げた理由

  • この記事を書いた人

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-看護師転職ノウハウ

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.