看護師転職

看護師転職で大切なのはスケジュールだけ【退職と転職を分けて考えるの重要】

2020年7月18日

看護師転職で大切なのはスケジュールだけ【退職と転職を分けて考えるの重要】
悩む看護師
看護師の転職ってスケジュールが重要なのかなぁ?具体的にどういう流れがあるのかなぁ?スケジュールとか立てるコツとか具体的にどうしたらいいか知りたいなぁ。/st-kaiwa3]
こういった疑問にお答えします。

この記事の内容は下のとおり。
[st-mybox title="" fontawesome="" color="#f8fcfe" bordercolor="#def1f9" bgcolor="#f8fcfe" borderwidth="2" borderradius="2" titleweight="bold" fontsize="" myclass="st-mybox-class" margin="25px 0 25px 0"]

  • 看護師の転職スケジュールの立て方
  • 転職活動と退職活動で分けるべき理由
  • 転職活動の流れ
  • 退職活動の流れ

[/st-mybox]

この記事は3分ほどで読める内容になっています。あなたの3分という時間をいただければ今後の退職の流れがわかって転職活動がスムーズに進めることができますよ。
人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】

 

 

看護のお仕事

看護師転職は具体的に何からしたらいいのか?

看護師転職は具体的に何からしたらいいのか?

看護師転職を初めてするという方は、特に『転職』『退職』という言葉を思い浮かべると何をしたらいいのかと不安になりませんか?

しかし不安に思う必要はありません。

この不安は、初めに転職と退職のスケジュールを立てることで解決します。

しっかりとスケジュールを立てて考えることで失敗するリスクを下げることできます。

特に重要なのはスケジュールを『転職活動』と『退職活動』とで分けて考えることが大切なのです。

なぜスケジュールを『転職活動』と『退職活動』とで分けて考える必要があるかは次で確認していきましょう。

 

 

看護師転職で大切のなのはスケジュールだけ【転職活動と退職活動とを分けて考える】

看護師転職で大切なのはスケジュールだけ【退職と転職を分けて考えるの重要】[st-kaiwa3]なんでスケジュールを『転職活動』と『退職活動』とで分けて考える必要があるんですか?

 

スケジュールを『転職活動』と『退職活動』とで分けて考える必要があります。

なぜなら『転職活動』と『退職活動』とでは相手が違うから。

  • 『転職活動』をするのは、転職先の病院相手
  • 『退職活動』をするのは今勤めている病院が相手

このように相手が違うものを同時平行でスケジュールすると何がなにやら訳が分からなくなります。

 

そのため別々に話変えてあなたが混乱しないようにスケジュールを立てることが重要。

 

ただ、分けて考えることは必要ですが、収めるスケジュール期間は同じにしなくてはいけません。

だいたいの転職と退職活動にかかる平均期間は3カ月です。

3カ月という期間のうちの後述するスケジュールを順番にこなしていくだけで大丈夫です。

 

 

具体的に『転職活動』のスケジュールを立ててみる

具体的に『転職活動』のスケジュールを立ててみる

『転職活動』のスケジュールは以下のように考えていきましょう。

転職活動のスケジュール

  • あなたの希望や不満の整理、条件の決定
  • 求人探し
  • 履歴書や職務経歴書の作成・応募
  • 面接・見学
  • 給料や条件交渉
  • 内定
  • 入職日決定・入職

順番に解説していきます。

 

 

あなたの希望や不満の整理、条件の決定【看護師転職の流れ①】

あなたの希望や不満の整理、条件の決定【看護師転職の流れ①】

まず転職活動を始めるときにもっとも重要なのことはあなたの希望や現在の不満を整理して、転職先に求める条件を明確化すること。

 

ここがブレてしまうと、転職活動がうまくいかなくなったり、希望する転職先が決まらなかったりしてしまいます。

あなたがなぜ退職したいと思うようになったのか、次ではどのようなことを求めるのかしっかりと考えてみましょう。

自己分析や病院選びが重要になるので下の記事を参考にしてください。
参考【5分でOK】看護師の自己分析のやり方【転職するときにメリットだらけ】
参考看護師の転職先の選び方で最も大切なのは自分軸【勉強してアウトプットも大切です】

 

求人探し【看護師転職の流れ②】

求人探し【看護師転職の流れ②】

求人探しはいまやネットでいくらでも見つけることができます。

自力で探すのであれば求人サイトや病院のホームページなどからも簡単に探すことができます。

当サイトでおすすめの求人探しは、看護師転職サイトを利用して転職のプロのアドバイザーと相談しながら条件がいい求人をさがす方法。

 

このあたりは別記事にまとめていますので参考にしてください。
人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】
参考看護師転職サイトの選び方【求人数・対応地域・サポート力で選べばOK】

 

 

履歴書・職務経歴書作成・応募【看護師転職の流れ③】

履歴書・職務経歴書作成・応募【看護師転職の流れ③】

理想の求人や、交渉次第でよくなりそうな求人がみつかれば、いよいよ履歴書や職務経歴書の作成の開始です。

細かい履歴書の書き方や注意点は『看護師転職での間違いない履歴書の書き方!』にまとめてあるので参考にしてください。

また、職務経歴書は専門性が高い看護や自分のスキルアップのために転職したいという方は書いて提出しても良いかもしれませんが、基本的には不要です。提出を求められたら作成する程度でも大丈夫です。

 

 

面接・見学【看護師転職の流れ④】

面接、見学【看護師転職の流れ③】

履歴書の提出が終われば、病院との連絡を取り合って面接や病棟内見学の調整を行うことになります。

面接の対策や必ず質問されることについては別の記事『看護師の転職面接対策!質問と回答例!』に記載されているので参考にしてください。

面接ではあなたへの質問だけでなく、あなたから病院への逆質問をする機会もありますので、ホームページでわからなかったことや実際の現場での状況などについて質問を用意しておきましょう。

 

 

給料や条件交渉【看護師転職の流れ⑤】

給料や条件交渉【看護師転職の流れ⑤】

面接が終了すればほとんど転職活動は終わりのように感じてしまいますが、一番キモになるのは、給料や雇用条件の交渉です。

なぜなら給料は転職したあとあなたの収入に直結する部分ですし、待遇面や雇用条件もあなたの環境を大きく左右することです。

給料に関しては必ず交渉して1万でも1千でも高くなるように交渉を行い、シフトの調整などの雇用条件もここは譲れないという部分は確認しておきましょう。

ちなみに、自分ではとても交渉なんてできないという看護師も多いと思います、

そういう方には、給料や雇用条件を代行して交渉してくれる看護師転職サイトがおすすめです。プロのアドバイザーがあなたに変わって給料の交渉をしてくれます。当サイトの実例としては初めに提示された額から3万アップした例もあります。提示額で満足ですか?

 

 

内定【看護師転職の流れ⑥】

内定【看護師転職の流れ⑥】

さて、条件さえクリアできれば内定を待つばかりです。面接で大きな粗相や書類で突っぱねられなければ大概の方は内定するでしょう。

面接後1週間前後で内定の連絡がくることがほとんです。

注意が必要なのは、内定をもらったあとに、もしほかの病院の方が条件が良く内定をもらえた場合、内定を断らなくてはいけないということ。

内定を断る場合は、内定をもらってから1週間〜2週間以内が原則となっています。可能であれば1週間以内に連絡して内定を取り消してもらいましょう。

 

 

入職日決定・入職【看護師転職の流れ⑦】

入職日決定・入職【看護師転職の流れ⑦】

内定が決まればあとは転職先の病院と調整を行って、入職日の決定を行いましょう。

入職日については早々に調整を行いたい人は面接のときに調整をすることも可能ですが、まだ内定をもらっていない段階で入職日の話をするのも気がひけるという方は、内定をもらうまで待ちましょう。

入職日が決まれば、あとは転職先で必要な看護技術や知識の勉強をしながら入職を待つだけです。

 

 

 

看護のお仕事

看護師の『退職活動』のスケジュールを立てよう

看護師の『退職活動』のスケジュールを立てよう

『退職活動』のスケジュールはおおまかにいかのようにまとめることができます。

『退職活動』のスケジュール

  • 退職意思を師長に申し出る
  • 退職日について話し合い正式決定
  • 退職願の作成及び提出
  • 引き継ぎ書作成、引き継ぎ
  • 受け取るもの、返すものの整理整頓

こちらも順番に解説していきます。

 

 

退職意思を師長に申し出る【看護師退職の流れ①】

退職意思を師長に申し出る【看護師退職の流れ①】

まず退職活動の第1歩は、直属の上司である師長に退職の意思を伝えるところからはじまります。

ここで大切なのは、退職日や入職日をある程度この時期と決めておくことが大切です。

退職の意思だけでなく、退職日もアバウトながら伝えて置かなくては、引き止めにあうリスクやあいまいに受け流されてしまうリスクが高まります。

退職する意思が固いことをしっかりと伝えて退職活動を開始しましょう。

ちなみに看護師が転職するときに上司に確認することも『看護師が転職するときに上司に確認すべき5つのこと』にまとめてあるので参考にしてください。

引き止められない師長への退職の申し出に仕方は下の記事にまとめています。
参考【閲覧注意】転職希望の看護師が引き止められない退職理由と伝え方のコツ

退職日について話し合い正式決定【看護師退職の流れ②】

退職日について話し合い正式決定【看護師退職の流れ②】

退職日は退職の意思を伝えたあとにすぐ決まるものではなく、大概は師長から人事部、経営陣に伝わり、あなたの希望の退職日で正式決定されることが多いです。

退職日について正式決定されれば、退職までの日程調整や引き継ぎをいつするかの調整も行えるようになります。

 

 

 

退職願の作成及び提出【看護師退職の流れ③】

退職願の作成及び提出【看護師退職の流れ③】

退職日が正式決定した段階で、退職願を作成しましょう。

退職願については会社や病院によって決まったフォーマットが用意されているケースが多いですが、もしなければ手書きで提出しましょう。

退職日や提出日も忘れずに記載して、師長に手渡しで提出しましょう。くれぐれも机に置いて提出したり人伝いで渡したりしてはいけません。直接渡して受理してもらったという形を取ることが重要です。

 

 

引き継ぎ書作成、引き継ぎ【看護師退職の流れ④】

 

引き継ぎ書作成、引き継ぎ【看護師退職の流れ④】退職活動もここまでくるとほとんど終わりのような感じですが、あなたが今持っている委員会の仕事、病棟内で任されている役割、看護研究関係の雑務などの引き継ぎは必ず抜かりなく行いましょう。

特に決まりはありませんが、仕事内容やルーチンワークなどを記載した引き継ぎ書の作成はしておくと安心です。

引き継ぎ書を作成して、口頭でも後任担当者に引き継ぎを行うとベストです。

もし後任者が捕まえられない場合でも、師長や主任などに大まかに引き継ぎは行っておきましょう。ここをおろそかにすると、転職したあとに連絡が入って細かなことを聞かれることもあります。そのようなことを起こしたくなければ、しっかりと引き継ぎを行い抜かりなく退職しましょう。

 

 

受け取るもの、返すものの整理整頓【看護師退職の流れ⑤】

受け取るもの、返すものの整理整頓【看護師退職の流れ⑤】

退職時には受け取るものと、返すものがあります。

雇用保険被保険者証や離職票などといった書類ですが、細かくは『看護師の転職時に上司に確認すべき5つのこと』で解説しているので参考にしましょう。

だいたい病院から支給されたものは返却が必要ですし、転職先に提出が必要なものなどは漏れがないように師長や人事部の担当者に確認しておきましょう。

 

 

【まとめ】看護師の転職時はスケジュールを分けて考えるべき

【まとめ】看護師の転職時はスケジュールを分けて考えるべき

看護師が転職するときには、『転職活動』と『退職活動』を分けて考え、それぞれの相手別で対応した方が焦りや間違いが起こりにくいです。

『転職活動』『退職活動』の期間はだいたいは3カ月以内に収まることが多いですが、順を追ってやっていかないと遅れが生じる可能性があります。

もし上記のスケジュールを自分で組み立ててやっていくことに不安を感じるなら看護師専門の転職支援のプロである看護師転職サイトのアドバイザーに相談してみると良いかもしれません。

看護師転職サイトはすべてのサービスを無料で利用でき、なおかつ給料交渉や条件交渉など自分ではやりにくい部分もプロが代行してくれるので安心です。
ざっと転職サイトのサービスを紹介すると以下のようなサービスを全て受けることができます。

  • 退職の手続きへのアドバイス
  • 履歴書や職務経歴書へのフォロー
  • 自分にマッチした求人探し
  • 面接や見学、入職日などの日程調整
  • 面接対策や面接への付き添い
  • 人間関係や環境などの内部情報提供
  • 給料や勤務条件の交渉
  • 転職後のサポート

これらのサポートがすべて無料で受けることができるんです。

なぜ無料なのかは下の記事にまとめておきました。

参考看護師転職サイトはなぜ無料で使えるのか?【病院から報酬をもらってるからです】

 

 

ぶっちゃけ、大手の看護師転職サイトならサポートはどこも充実しています。

  • 看護のお仕事※アドバイザーが一番よかった。変な人と話したくないならここ。
  • マイナビ看護師※CMでもおなじみの大手。案件も豊富なのでまずはここに登録。
  • ナースではたらこ※『行きたい病院があるけど求人がない』なら逆指名できるここに登録。

違いがあるとすれば、あなたと合うアドバイザーがいるかいないかくらい。

複数登録することで相性のいいアドバイザーと巡り合う確率をあげられますよ。
参考看護師転職サイトを掛け持ち登録するときの注意点【賢く複数登録はすべし】
人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】

  • この記事を書いた人
gussan

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-看護師転職

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.