看護師転職ノウハウ

転職に失敗する看護師の3つの特徴と転職に失敗しない対策!

2020年7月16日

睡眠薬はアルコールと併用すると、不安や焦燥感が増すといった症状が出現します
悩む看護師
転職を考えてるけど、失敗したくないなぁ。転職に失敗する看護師って特徴あるのかなぁ。なるべく失敗したくないから対策とかその他やっておくべきこととか知りたいなぁ。

こういった疑問にお答えします。

この記事の内容は下のとおり。

  • 転職に失敗する看護師の3つの特徴
  • 転職に成功する看護師がやっていること

 

この記事は2分程度で読める内容になっています。読まずに失敗して『しっかり調べておけばよかった・・・』となるのか。それとも読んでいて良かった!成功したと喜ぶかはあなた次第ですね。

参考看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】
参考看護師の転職先の選び方で最も大切なのは自分軸【勉強してアウトプットも大切です】

 

 

看護のお仕事

転職に失敗する看護師の3つの特徴とその対策

転職に失敗する看護師の3つの特徴とその対策

転職に失敗する看護師の3つの特徴は下のとおり。

  • 事前のリサーチ不足や確認不足
  • 労働条件の情報収集不足
  • 自己分析不足

それぞれについて実例を取り上げながら解説と対策を解説していきます。

 

 

現場の雰囲気や仕事量などの事前リサーチが不足しており失敗するケース

現場の雰囲気や仕事量などの事前リサーチが不足しており失敗するケース

転職して病院の雰囲気や人間関係がぎくしゃくしていたり、実際の現場の仕事量や残業量が聞いていた話と違っていたというのは珍しい話ではないですよね。

以下のようなケースもよくあるケースです。

  • 高給与できたわいいものの激務
  • 看護と聞いていたけどオムツ交換や体位変更の介護が中心だった
  • 平均残業時間が少ないと聞いていたが自分の病棟は残業だらけだった

これらに共通しているのは、事前に現場のリサーチをできていないため、実際に転職してから戸惑ってしまっているということ。

転職前に病棟見学をしていたり、採用担当者と密に連絡をとってどのような雰囲気であったかなどを確認しておけばこのような違いは少なく済んだはずです。

これを踏まえてできる対策は以下のようなものがあります。

事前リサーチをしっかり行う方法

  • 病棟見学
  • 実際に働いている看護師やスタッフに話をきく
  • ナスコミなどの口コミサイトで病院の評価を確認する

基本はまず病棟見学を利用して自分の目でどのような仕事量なのか、どのような看護師や医師が仕事をしているのかを確認すること。ここができていないと聞いた情報や見た情報でしか判断できません。

また、転職先の病院で働いている看護師やスタッフに直接話を聞くのもリアルな内情を知るためには最高の方法です。たとえば同僚や知人、学生時代の同期などに転職先の病院に勤めている人や勤めていた人がいないか確認して聞いてみるとよいでしょう。

最後はより客観的に患者目線での口コミ情報を確認できる口コミサイトの『ナスコミ』https://ns-com.netを利用するのも良いでしょう。こちらは入院患者や外来患者からの生の声が投稿されているので参考になること間違いなしです。

 

病院の選び方や転職先の選び方は下の記事でまとめています。

参考看護師転職の病院の選び方【結論:長く勤められる病院を選びましょう】
参考看護師の転職先の選び方で最も大切なのは自分軸【勉強してアウトプットも大切です】

 

 

給料や雇用条件などの情報収集不足で失敗するケース

給料や雇用条件などの情報収集不足で失敗するケース

次のケースは、給料や雇用条件が情報収集不足だったり、働いたあとに条件が違っていたというケースです。

  • 面接時に提示されていた給与と額面で違いがあった
  • 有給取得可能と書いてあったのに休暇が全く取れない
  • 当初予定されていた診療科と全く違うところに飛ばされた

 

このケースでは病院側に落ち度がある場合もありますが、大抵は看護師サイドの確認不足が原因。

まず給料や雇用条件については、転職の際に雇用条件通知書や書面で提示されるケースが多いです。もしこの書類がなかったのであれば、口頭で確認するしかありませんが、しっかりと面接時や面接後の内定確定時の電話などで確認しておくべきことです。

このような失敗をしないためには、給料や雇用条件などの細かい部分まで逆質問で確認しておくことです。

また、求人情報の読み間違えや勝手な理解をしないことが重要です。

たとえば給料一つをとったしても、以下のようなケースは注意が必要です。


給料:22,3000円(手当含む)

賞与:2回(昨年度実績:5ヶ月分)


上記のようなケースは、まず基本給がいくらになるかわからないということを理解しましょう。

また、賞与に関しても昨年度実績のため今年度も5ヶ月分になるかも不明ですし、賞与の計算は基本的に基本給×◯ヶ月分の計算になるため手当を含んでいる上記の給料で計算してしまうと思わぬ差が産まれる可能性があります。

このように給料の読み方でも落とし穴だらけです。

そのほかにも週休2日制という文言も週に2日必ず休みがあるということではないです。完全週休2日制ということであれば必ず週に2日の休みが約束されます。

雇用条件を一つ一つを読み解いていくと誤解なく転職できますが、すべてを理解して情報収集不足にならないようにしないと転職に失敗してしまいます。

 

ちなみに給料や雇用条件の交渉が『苦手だぁ。というよりできないよぉ・・・』となっている人は看護師転職サイトを使う一択です。

人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】
参考お祝い金がある看護師転職サイト4選【損しない選び方】

 

 

自己分析が不足しており、自分の希望や条件が不明確で失敗するケース

自己分析が不足しており、自分の希望や条件が不明確で失敗するケース

最後は自己分析が不足していて、自分がやりたいこと、自分がどのような転職をしたのか不明確なまま転職して失敗してしまうケースです。

参考【5分でOK】看護師の自己分析のやり方【転職するときにメリットだらけ】

漠然と『給料が安いから転職したいなぁ』と思って高給料のところに転職して激務にさらされているうちに、『本当は患者ともっと腰を据えて関わりたいと感じてたのかも』といった具合に転職して自分の希望に築くバターンが自己分析不足のケースです。

自己分析不足で失敗しないための対策

  • 自分の希望や条件を明確にしておく
  • 相談相手を作る

転職しようと思った段階でしっかりと自己分析を行うこと、相談相手を作ることでこの失敗は避けることができます。

まず自己分析をどのように行うかですが、以下のような手順が簡単にできて再現度も高いでしょう。

  • 現在の職場での不満や不平を書き出す
  • 優先順位をつける

上記をすることで今の不満が浮き彫りになり、あなたが何を重要視しているのかが客観的に見ることができます。書き出すことで頭の整理にもなり、ただ単に給料を高くしたいだけではないあなた自身の希望や条件などが見えてくるはずです。

その上で家族や同僚などに相談してより何を優先すべきかを吟味するのが手堅い転職といえます。ただむやみやたらに転職について同僚に相談することはおすすめできません。退職となるとデリケートな問題のため相談相手は慎重にえらびましょう。

自己分析と、病院の選び方は下の記事でまとめています。
参考【5分でOK】看護師の自己分析のやり方【転職するときにメリットだらけ】
参考看護師転職の病院の選び方【結論:長く勤められる病院を選びましょう】

 

 

転職に失敗しないために何をすべき?【転職に成功する看護師がしていること】

転職に失敗しないために何をすべき?【転職に成功する看護師がしていること】

悩む看護師
転職に失敗しないためには何から始めたらいいんでしょうか。

転職活動を行うまえにまず行う事は、転職について安心して相談できる相手を見つけることです。

ずばり、看護師転職サイトのアドバイザーが適任かと。

 

とはいえ、家族でもいいですし、同僚でもいいのです。

 

ここで注意が必要なのは上記でも説明したとおり『退職』というワードが絡むだけに現在の職場の人を相談相手にするのは避けた方がいいかもしれません。

ではだれに相談するのか?という疑問が浮かぶと思いますが、ここでおすすめしているのが看護師転職サイトの転職アドバイザーです。

看護師転職サイトというのは、看護師の転職を専門に取り扱っている会社で、アドバイザーは看護師の転職プロです。

そのためあなたの転職が成功するようにさまざまなノウハウを駆使してバックアップしてくれます。具体的には以下のようなサービスを使えます。しかも無料です。

  • 退職の手続きへのアドバイス
  • 履歴書や職務経歴書へのフォロー
  • 自分にマッチした求人探し
  • 面接や見学、入職日などの日程調整
  • 面接対策や面接への付き添い
  • 人間関係や環境などの内部情報提供
  • 給料や勤務条件の交渉
  • 転職後のサポート

これらのサポートがすべて無料で受けることができるんです。

なぜ無料なのかは下の記事にまとめておきました。

参考看護師転職サイトはなぜ無料で使えるのか?【病院から報酬をもらってるからです】

 

 

ぶっちゃけ、大手の看護師転職サイトならサポートはどこも充実しています。

  • 看護のお仕事※アドバイザーが一番よかった。変な人と話したくないならここ。
  • マイナビ看護師※CMでもおなじみの大手。案件も豊富なのでまずはここに登録。
  • ナースではたらこ※『行きたい病院があるけど求人がない』なら逆指名できるここに登録。

違いがあるとすれば、あなたと合うアドバイザーがいるかいないかくらい。

複数登録することで相性のいいアドバイザーと巡り合う確率をあげられますよ。

 

人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】
参考お祝い金がある看護師転職サイト4選【損しない選び方】

 

 

看護師転職サイトで失敗するケース

看護師転職サイトで失敗するケース

たださまざまなサポートを受けることができる反面デメリットも2つ存在しています。以下の2点です。

看護師転職サイトで失敗する2つのケース

  • 悪質な転職サイトに捕まりノルマのために転職させられてしまう
  • アドバイザーの技量が低く転職に失敗する

順番に失敗ケースをみていきましょう。

 

 

悪質な転職サイトに捕まりノルマのために転職させられてしまう

看護師転職サイトによっては悪質なところもあり、病院から高額の報酬をもらう代わりに人材を優先的に紹介する転職サイトも存在してます。

パッとみでは判断がつきづらくいい条件の求人のように紹介されて実際転職してみたらひどい環境だった、、、では取り返しがつかなくなってしまいます。

 

アドバイザーの技量が低く転職に失敗してしまった

転職サイトは多数あり、中には立ち上がったばかりの転職サイトもあり、アドバイザーの技量が成熟していないケースがあります。

そのため転職に際しての給料や条件交渉がうまくできず、希望通りの条件や給与で転職ができないケースもあります。

 

看護のお仕事

【まとめ】失敗しない転職方法は看護師転職サイト!選び方とおすすめ3選!

看護師転職サイトは選び方が重要。下の記事で詳しくまとめています。

参考看護師転職サイトの選び方【求人数・対応地域・サポート力で選べばOK】

先程も伝えましたがぶっちゃけ、大手の看護師転職サイトならサポートはどこも充実しています。

  • 看護のお仕事※アドバイザーが一番よかった。変な人と話したくないならここ。
  • マイナビ看護師※CMでもおなじみの大手。案件も豊富なのでまずはここに登録。
  • ナースではたらこ※『行きたい病院があるけど求人がない』なら逆指名できるここに登録。

あとはアドバイザーと合うか合わないかの問題。

とりあえず行動が吉。挑戦してはじめて成功します。

これはユニクロの社長の柳井正さんもいっています。

「十回新しいことを始めれば9回は失敗する」
柳井正(『一勝九敗』)

ということは行動しない人は土俵にすらあがれていないということ。

あなたもまずは転職という『挑戦』からはじめてみませんか?
人気記事看護師転職サイトランキング【脱看護師しましょう】
参考お祝い金がある看護師転職サイト4選【損しない選び方】

  • この記事を書いた人

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-看護師転職ノウハウ

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.