看護師転職

【必読】看護師の転職の進め方【退職活動と転職活動で分ける!】

【必読】看護師の転職の進め方【退職活動と転職活動で分ける!】

悩む看護師
看護師の転職の進め方ってどういう手順で進めたらいいのかなぁ?

こんな疑問にお答えします。

こんにちは。転職の進め方を間違えて右往左往した現役看護師のhachiです。

上の質問にお答えしておきます。

看護師の転職の進めるときには下の2つに分けて考えるのが大切です。

  • 転職の手順
  • 退職の手順

それぞれに分けて進めていくのが大切

 

これを踏まえてこの記事では下の内容を解説していきます。

記事内容

  • 退職の手順と転職の手順に分ける理由
  • 転職の手順
  • 退職の手順

この記事を読めば、あなたが今まさに辞めようか、辞めたいけど転職の進め方がわからないという悩みを吹き飛ばすことができます。

5分後には転職の進め方が理解でき、転職活動と退職活動を同時並行で進められるようになっていますよ。

 

ちなみに、

怪しむ人
転職活動と退職活動が同時に進めるなんて難しいよ。

という方は、看護師転職サイトがおすすめです。

なぜなら、退職も転職もどちらも無料でサポートしてくれるからです。

詳しくは下の記事でまとめていますので参考にしてください。管理人のおすすめは看護のお仕事マイナビ看護師ですね。

»現役看護師がおすすめする看護師転職サイトランキング

»看護師転職サイトのメリットとデメリットを解説

看護のお仕事

看護師の転職の進め方【退職活動と転職活動で分ける!】

【必読】看護師の転職の進め方【退職活動と転職活動で分ける!】
看護師の転職の進めるときには下の2つに分けて考えるのが大切です。

  • 転職の手順
  • 退職の手順

それぞれに分けて進めていくのが大切


なぜなら、転職活動と退職活動は全くの別物だからです。

 

転職活動は

  • 求人探し
  • 面接の電話連絡
  • 面接を実際に受けに行く
  • 給料や雇用条件の交渉
  • 内定をもらって細かい調整

などをしなくてはいけません。

 

 

また、退職活動は

  • 意志を固める
  • 退職の意思を伝える
  • 退職届の提出
  • 引き継ぎをする
  • あいさつ回り
といった具合です。

怪しむ人
でも退職してからのんびりして転職活動したらいいんじゃないの?

と思う人もいるかもしれません。

 

確かに退職してから転職活動をする看護師もいますが、ブランクが少し開くだけで採血や点滴の手技は鈍りますし、何より面接のときや書類審査が通りにくくなります

 

なので、看護師の転職の進め方として、転職活動と退職活動は同時並行で行うのがよいのです。

 

悩む看護師
転職活動と退職活動を同時に進めたほうがいいのはわかりました。

その転職と退職の活動?って何をしたらいいの?手順とか進め方ある?


では次からは看護師の転職の進め方と題して、転職活動の手順から解説していきます。

【看護師の転職の進め方①】転職の手順

【看護師の転職の進め方①】転職の手順

看護師の転職の手順は下のとおりにまとめることができます。

  1. 在職中に転職活動をする
  2. 求人探し
  3. 面接調整

それぞれについて順番に解説していきます。

【看護師の転職の手順①】在職中に転職活動をする

【看護師の転職の手順①】在職中に転職活動をする

1つ目の看護師の転職の手順は、在職中に転職活動をすることです。

先程も言いましたが、今の仕事を辞めてから転職活動をするとブランクが開いて下のようなことが起きます。

  • 看護技術が下手になる
  • 面接や書類審査が不利になる
  • 貯金がなくなる
  • 転職活動をいつまでにしないといけないか曖昧になる

特に、転職活動をいつまでにしないといけないか曖昧になるのは、けっこう看護師の転職あるあるではありませんか?

 

退職日時を決めて、いつまでに転職先を決めて、入職日をここにしなくてはいけないという状況にしたほうが、だらだらと転職活動をせずに済みますし、早くいまの不満な状態から逃げることができます。

 

まずは在職中に転職活動を開始しましょう。

【看護師の転職の手順②】求人探し

【看護師の転職の手順②】求人探し

2つ目の看護師の転職の手順は、求人探しをすることです。

求人探しは転職活動の始まりといってもいいことです。求人探しの方法は下のような方法があります。

  • ネットで検索
  • ハローワーク
  • 看護師転職サイト

ちなみにネットでまずは検索がポピュラーな求人探しです。

あなたが気になる条件や、気になっている病院で検索を行えばある程度の求人は見つかります。

ただ、注意が必要なのは、提示されている給料をそのまま鵜呑みにするのは危険ということ。

また、ハローワークでの求人探しは、ハローワークに行かなくてはいけないうえに、基本的に平日のみしかしていないし、ハローワークの受付の担当者は看護師専門ではないため交渉が下手です。

 

最後の看護師転職サイトが一番のおすすめの方法です。

なぜなら、下のような理由からです。

  • ネットに掲載されている給料よりも高くなるよう交渉してくれる
  • 平日だけでなく休日も、24時間対応してくれる
  • 看護師の転職だけを取り扱っているプロのアドバイザーが担当してくれる

まずは求人探しですが、ここで足元をすくわれると、転職したあとに『聞いてた話と違ってた!!』と泣き寝入りするはめになるかもしれません。

 

そうならないためにも求人探しは工夫して行うことをおすすめします。

»看護師転職サイトのメリットデメリットを解説

 

【看護師の転職の手順③】面接調整

【看護師の転職の手順③】面接調整

3つ目の看護師の転職の手順は、面接の調整です。

 

求人探しでめぼしい求人を見つけたらあとは面接の調整を行いましょう。

  • 電話をしはじめたらもう面接が始まっていると思って電話する
  • 言葉遣いやマナー、気遣いも忘れずに
  • 日程は相手を優先して調整を行う

上記を意識して面接の電話を行いましょう。

ちなみに

怪しむ人
仕事しながら、ヘトヘトな状態で面接の調整するなんて、、、、気が重い。

そんな人には、転職活動のほとんどを代行してくれる看護師転職サイトのアドバイザーを利用するのが良いかもしれません。

なぜなら下のようなサポートを無料でしてくれるからです。

  • あなたの希望に沿った求人探し
  • 面接の日程調整から給料の交渉までを代行してくれる
  • 転職活動や退職の手続きの疑問にも相談に乗ってくれる

もし、気になるようであれば下の記事を参考にしてみてください。ちなみに管理人のおすすめは看護のお仕事マイナビ看護師ですね。

【看護師の転職の進め方②】退職の手順

【看護師の転職の進め方②】退職の手順

看護師の退職の手順は下のとおりにまとめることができます。

  1. 現在の病院の就業規則を確認する
  2. 退職3ヶ月前までに退職意思を師長に伝える
  3. ボーナス算定期間と賞与支給時期を確認する

それぞれについて順番に解説していきます。

ちなみに、詳しい退職の手続きは『新人向けに1から10まで解説した看護師の10の退職手順』で解説しているので参考にしてください。

【看護師の退職の手順①】現在の病院の就業規則を確認する

【看護師の退職の手順①】現在の病院の就業規則を確認する

1つ目の退職の手順は、現在の病院の就業規則を確認することです。

病院や会社には就業規則が決められています。就職時に小さな冊子をもらったひともいるかもしれませんね。

就業規則には、退職の手続きについて記載されています

だいたいの就業規則には、2ヶ月前までに退職の意思を伝えることなどと退職の手続きや手順が記載されているので、病院ごとでの退職の流れを確認しておきましょう。

当然、法律的には退職願を提出してから2週間で雇用関係がなくなります。

ただ円満退職を目指したいのであれば、就業規則に則って退職を進めましょう。

【看護師の退職の手順②】退職3ヶ月前までに退職意思を師長に伝える

【看護師の退職の手順②】退職3ヶ月前までに退職意思を師長に伝える

2つ目の退職の手順は、退職3ヶ月前までに退職意思を師長に伝えることです。

先程も伝えましたが、就業規則に則って退職の意思を伝えればよいのですが、基本的には3ヶ月間に退職の意志を伝えるのがベストです。

なぜなら、

  • 1ヶ月前や2ヶ月前だとシフト調整ができない
  • 転職活動にも3ヶ月くらい余裕があるとよい
  • 師長も3ヶ月後なら看護師の補充調整しやすい

からです。

師長に退職の意志を伝える最終ラインが辞める3ヶ月前なので迷惑がかからないように早めに伝えましょう。

【看護師の退職の手順③】ボーナス算定期間と賞与支給時期を確認する

【看護師の退職の手順③】ボーナス算定期間と賞与支給時期を確認する

3つ目の退職の手順は、ボーナス(賞与)算定期間とボーナス支給時期を確認することです。

なぜなら、退職するといってもボーナスはできる限り回収したいですよね?

 

また、退職や転職には何かとお金がかかるものです。もらえるものはもらえるように調整するのがよいです。

 

ボーナスの算定期間や賞与支給時期はは病院や施設ごとに独自で定められています。

 

そのため、

  • 6月と12月の2回支給の場合は、それぞれの査定期間は1月~6月、7月~12月
  • 7月と12月の2回支給の場合は、それぞれの査定期間は4月~9月、10月~3月

と支給日や算定期間が違うことが多々あります。

 

就業規則や同僚、先輩に確認して、できる限り最高額でボーナスが回収できるように調整しましょう。

ちなみにボーナスの話から退職することが知られてしまわないように注意しましょう。

下の記事で退職する上での注意点もまとめているので参考にしてください。

看護のお仕事

【まとめ】看護師の転職は、退職活動と転職活動を分けてすすめるのがベスト

【まとめ】看護師の転職は、退職活動と転職活動を分けてすすめるのがベスト

看護師の転職の進め方は下のように転職活動と退職活動に分けることが大切です。

看護師の転職の手順は下のとおりにまとめることができます。

  1. 在職中に転職活動をする
  2. 求人探し
  3. 面接調整

看護師の退職の手順は下のとおりにまとめることができます。
  1. 現在の病院の就業規則を確認する
  2. 退職3ヶ月前までに退職意思を師長に伝える
  3. ボーナス算定期間と賞与支給時期を確認する

特に転職活動を在職中にすることが大切です。

怪しむ人
えーでも転職活動と退職活動を同時なんて、毎日残業で転職活動なんて電話もできない時間だし難しいですよ

という方は先程からなんどか触れている看護師転職サイトがおすすめです。

なぜなら、あなたが仕事をしている間に、

  • 求人探しをしてくれる
  • あなたにぴったりな病院があれば求人募集がなくてもあなたを売り込んでくれる
  • 面接の調整の電話を代行してくれる
  • 給料交渉をして5万円も給料がアップした例も

といった具合に仕事をしながらでも転職を進めてくれます。

自分の目で一度あなたに合った看護師転職サイトがないか確認してみてから決めてもよいですね。ちなみに管理人のおすすめは看護のお仕事マイナビ看護師ですね。下の記事では看護師転職サイトのメリットやデメリットについてまとめてランキングも紹介しているので参考にしていただければ幸いです。
»現役看護師がおすすめする看護師転職サイトランキング
»看護師転職サイトのメリット・デメリットを解説

  • この記事を書いた人
gussan

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-看護師転職

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.