看護師転職

看護のお仕事の3つの退職サポート【退職~ 内定~入職までアドバイス】

2020年4月14日

看護のお仕事の3つの退職サポート【退職~ 内定~入職までアドバイス】

[c

悩む看護師
看護のお仕事って退職のサポートでどんなことをしてくれるのかなぁ?あと退職サポート以外で何をしてくれるのか知りたいなぁ

こんな疑問にお答えします。

 
この記事の内容は下のとおりです。

記事内容

  • 看護のお仕事の3つの退職サポートを紹介
  • 看護のお仕事の退職サポート以外のサポートについて紹介

実際管理人も看護のお仕事を利用したときに、退職の相談の仕方や退職願などの書き方を相談しましたが、丁寧に対応してくれて迷いなく退職の手続きをすすめることができました。

この記事を読めばあなたも看護のお仕事を使っての退職の流れがつかめますよ。

では参ります。

もし、看護師転職サイトについてよくわからないという方は『【失敗しない】現役看護師がおすすめの看護師転職サイトを厳選!』ご覧ください。

看護のお仕事

看護のお仕事が退職サポートでしてくれる3つのこと

看護のお仕事が退職サポートでしてくれる3つのこと
看護のお仕事が退職のサポートしてくれることは下の3つあります。

  • 退職の意思の上手な伝え方
  • 退職手続きのアドバイス
  • 引き継ぎのアドバイス

順番に紹介していきます。

看護のお仕事退職サポート①退職の意思の上手な伝え方

看護のお仕事退職サポート①退職の意思の上手な伝え方

看護のお仕事では、退職の上手な伝え方を教えてくれます。

まず、退職の意思を伝える基本的なポイントは下のようにまとめられます。

  • 直属の上司である師長に退職意思を伝える。
  • 退職理由は明確に伝える。
  • 退職日・時期を明確に伝える。

上のポイントの各項目で上手な伝え方はを教えてくれます。

 

具体的には、師長に退職の意思を伝える際には下のようなアドバイスを貰えました。

転職や内定をもらったら退職の意思を伝えなければいけません。基本的には3ヶ月前、最低でも1ヶ月前には伝えましょう。
また、師長以外には言わないようにしましょう。人づてに師長や人事の人に伝わると円満退職からは遠ざかりますよ。


 

「退職理由に関しては下のようなアドバイスを貰えました。

退職の意思を伝える時には、退職理由もセットで伝えれるようにしておきましょう。

なぜなら、必ず理由を聞かれたり、引き留められたりするからですね。退職理由や退職理由はポジティブなものがいいでしょう。
たとえば、新しい分野のスキルを磨きたい、専門性の高い場所に行きたいなどがいいでしょう。もし、家庭の事情や体調面の理由ならその旨を説明するのも良いでしょう。


»【閲覧注意】転職希望の看護師が引き止められない退職理由と伝え方のコツ
»【転職する看護師へ】面接での退職理由の答え方|良い回答例文も解説!

退職時期については下のようなアドバイスを貰えます。

退職日や退職時期は明確に伝えましょう。その理由は、あいまいに伝えると退職の時期を延ばされたり、円満退職にならないからです。
よく引きとめられて退職できなかったという話を聞きますし初めにしっかりと伝えることでトラブルを避けられますよ。


このように退職時の注意点やアドバイス、相談できる人を作れるのは心強いですよね。

»【必読】看護師の履歴書や職務経歴書に退職理由は書くべき?【書き方と例文】
»【悲報】新人看護師7つの離職・退職理由【引き止められない退職手順も】

看護のお仕事退職サポート②退職手続き、書類のアドバイス

看護のお仕事退職サポート②退職手続き、書類のアドバイス
看護のお仕事は、退職時の手続きのやり方や退職願の書き方をアドバイスしてくれます。

具体的には、あなたが退職の希望を、上司に伝えて了承された段階で下のようなアドバイスをしてくれます。

退職の希望を了承されれば、あとは退職願を出して既成事実を作ります。
退職願を出すことで、書面にも退職日、提出日が残るので必ず提出しましょう。


主に退職願の内容は下のようなものです。

※指定のものがなければ、白い便箋に縦書きで『退職願』と書く。

  • 宛名:病院長
  • 退職理由:一身上の都合、転居のため
  • 退職日:○年○月○日
  • 提出日:△年△月△日
  • 所属:○階△病棟
  • 氏名:マイ ナビ子

もし、退職願の書き方や提出の仕方に自信がなくも、看護のお仕事のキャリアアドバイザーに相談するだけで、退職のサポートをしてもらえるので安心です。

 

看護のお仕事退職サポート③引き継ぎのアドバイス

看護のお仕事退職サポート③引き継ぎのアドバイス
看護のお仕事のキャリアアドバイザーは退職時の引き継ぎもアドバイスしてもらえます。

具体的には下のようなアドバイスがもらえます。

あなたがやっていた個人の業務や委員会活動はしっかり引き継ぎしておきましょう。
引き継ぎ先は、次の担当者か師長になります。

口頭でも引き継ぎをするのはもちろんですが、『引き継ぎ書』を文面で残しておくと、より良いです。

なぜなら、誰がみてもわかる『引き継ぎ書』をつくっておけば、退職に連絡がかかってくるのを防ぐことができます。


具体的な引き継ぎ方法は下のような形です。
  • 引き継ぎ者と日程調整をしてアポイントを取る
  • 誰がみてもわかる引き継ぎ書を作成する
  • 引き継ぎ書を基に引き継ぎをする

看護のお仕事の退職サポート以外のサポートについて紹介

看護のお仕事の退職サポート以外のサポートについて紹介

看護のお仕事は退職サポート以外にも、下にまとめる転職のサポートをしてくれます。

  • 【在職中でも楽ちん】面接調整・電話・条件交渉を代行してくれる
  • 【転職後の「違う!」が減る】リアルな現場の声が聞ける
  • 【客観的に評価】面接対策、履歴書・職務経歴書の添削してくれる
  • 【自分じゃ気が引ける】給料・雇用条件の交渉
  • 【入職後も安心】 アフタフォローで最後までサポート
  • 【不安を解消】内定から内定取り消しの代行

詳しくは、『看護のお仕事のキャリアアドバイザーがしてくれる6つのこと』を参考にしてもらえれば幸いです。

まとめ

看護のお仕事が退職サポートでしてくれる3つのことまとめ
看護のお仕事が退職サポートでしてくれることを紹介しました。まとめると下のようになります。

  • 退職の意思の上手な伝え方
  • 退職手続きのアドバイス
  • 引き継ぎのアドバイス

初めての転職に限らず、何回か退職を経験している人も看護のお仕事の退職サポートを使うと失敗せずに円満退職ができます。

なぜなら、看護のお仕事は転職・退職のプロだからです。年間に多くの退職の対応やノウハウをサポートしているので、安心して任せれますよ。

実際に管理人は、退職理由をキャリアアドバイザーとしっかりと相談して引き止められにくいものを作り上げて、師長に退職の意志を伝えることで大きな引き留めやトラブルにならずに済みました。

あなたはトラブルを起こして、後ろ髪を引っ張られるような退職にしたいですか?

看護のお仕事を使って円満退職を目指してみませんか?

もし、看護師転職サイトについてよくわからないという方は『【失敗しない】現役看護師がおすすめの看護師転職サイトを厳選!』ご覧ください。

  • この記事を書いた人
gussan

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-看護師転職

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.