ブログ

【完全保存マニュアル】ブログ初心者向け記事の書き方講座【11STEPの手順と15つの注意点】

2020年6月2日

ブログ初心者が意識すべき 11STEP の記事の書き方

悩む人
ブログの記事ネタが決まって、いざ、記事を書こうと思うけど、何をどう書いたらいいか
わからない。
ブログの立ち上げから設定でもかなり苦戦しているのに、記事もうまく書けない・・・私
ってセンスないのかなぁ・・・。

と悩んでいませんか?

 

結論、ブログ初心者はこのサイトで紹介する11つの記事の書き方と15つの注意点を意識すればライティングがスムーズに出来るようになりますよ。

 

安心して下さい。
私もブログを始めたばかりの頃は、全然書けませんでした。

 


2018年、ブログを本格始動してSEO対策をした記事を書き始めた頃。

看護師転職系の記事だから、関連キーワードを使ってネタも決まっていたので、

「さあ!書くぞ!」
「うん?『看護師転職サイト選び方』だから看護師の転職の選び方かけばいいんだなぁ」

---5分後---
「なんか検索上位のサイトによって内容違うし何かかけばいいんや?」

----10分後----
「うーんなんか書き始めってどうかけばいいんや?」

-----15分後------
「なんか途中で脱線しちゃってるなぁ。いいたいことってなんだっけ?」

------30分後-------
「あーなんか全然まとまらないなぁ。文書くセンスないんかなぁ・・・」

--------1時間後-----------

(...YOUTUBE視聴中)

上記のようなことだらけでした。

 

今は、ネタさえ決まれば上位サイトを分析しつつ、

  • 1時間~2時間ライティングできる
  • 検索順位1位の記事も 10記事以上
  • 副業収益月2万円

と結果が出てきています。

 

 

そこでそんな私が現在どのように記事を書いているのか?を踏まえて下の内容を解説します。

  • ブログ初心者が書き方を意識すべき理由
  • ブログ初心者が意識すべき一つの記事の書き方
  • 記事を書く時に注意すべき一つのこと

 

この記事を読めば、今日から記事の作り方が見えるようになりますよ。

 

それでは参ります。

 

看護のお仕事

ブログ初心者が書き方を意識すべき理由

ブログ初心者が記事の書き方を意識すべき理由は、読者に届く記事にするためです。

 

よくありがちなミスは、自分の書きたいことを書いて読者が置いてきぼりになっていること。

 

読者の悩みに寄り添った読者に届く記事、『読者ファースト』にするためにも、ブログ記事の書き方を意識することが重要です。

 

 

ブログ初心者が意識すべき 11STEP の記事の書き方

ブログ初心者が意識すべき 11STEP の記事の書き方

ブログ初心者が意識すべき記事の書き方は下の 11STEP です。

  1. キーワードを明確にする
  2. 悩みを明確にする
  3. 仮タイトルをつける
  4. パーマリンクはわかりやすくシンプルに
  5. 記事の骨組みをつくる
  6. 導入文(リード文)で読む必要性をつたえる
  7. 文章の型(テンプレート)の「結論→理由→具体例」を意識する
  8. まとめで行動誘導する
  9. 本タイトルをつける
  10. アイキャッチ画像、画像挿入
  11. メタデスクリプション設定、メタキーワード設定

少し多いですが、順番に説明します。

 

 

【STEP1] キーワードを明確にする

記事を書くためにはキーワードを明確にしておくのが重要。

キーワード選定を適当にしていると記事を書くとき内容に困ってしまいます。

 

キーワード選定の方法は、

を使うと簡単にキーワードを選定できます。

 

 

鉄板の流れは、

  1. 関連キーワードツールでキーワードを取得
  2. 取得したキーワードをキーワードプランナーへ入れる
  3. キーワードプランナーからEXCELファイルを取得
  4. フィルターをかけて検索ボリューム別に並び替え
  5. ビッグワード、ミドルワード、スモールワードで順番に記事作成

このあたりは別の記事で詳しく説明していきます。

 

 

【STEP2】悩みを明確にする

キーワードが決まったら、そのキーワードを検索する読者の悩みを明確にします。

悩みを明確にする方法は以下。

  • キーワードから想像する
  • 検索上位10件から考える
  • 過去の自分や友人と対話するように考える

基本は上記の3つです。

 

キーワードを決めて、

そのキーワードを検索する人がどのようなことに悩んでいるのか想像。

その次に、検索上位10件を確認して検索意図を確認。

最後にその悩みを抱えている友人、過去の自分と会話するように悩みを明確化する。

 

これだけでOK。

 

 

具体例は下のとおり。

 

この記事は『ブログ初心者 書き方』というキーワードで記事を書いていますのでそれを具体例にしながら考えてみましょう。

 

キーワードから想像する

キーワードが「ブログ初心者 書き方」だから。

ブログ初心者が記事の書き方に悩んでいるってことだよね。

記事を書く以前に、キーワード選定のやり方、文章の型(テンプレート)とかを探しているのかなぁ。

 

検索上位10件を確認。

ブログ記事の書き方、手順、注意点が書かれている記事が多い。

 

会話するように悩みの明確化する

ブログ初心者「うーんブログは立ち上げたけど記事が上手くかけない。どうやって書けばいいんだろう。」

ハチ「かけないって具体的にどういう状態?」

ブ「いざ書こうとしても手が動かないんですよね」

ハ「ああ、初心者のときって右も左もわからないよね。書き方にはざっくりと流れがあるんだよね」

ブ「え?そうなんですか?まっさらな状態から書き始めてました汗。そもそもなんで書き方意識したほうがいいんですか?」

ハ「じゃ理由を含めて基本的な記事の書き方から説明しようか」

ーーー記事の書き方を説明ーーー

ブ「書き方はだいたいわかりましたけど注意点とかありますか?」

ハ「注意点もたくさんあるよ。基本は読者ファーストを意識だね。」

 

といった具合です。

 

なれてくると高速で、できるようになります。

 

 

【STEP3】 仮タイトルをつける

キーワードが決まったら、仮タイトルをつけましょう。

というのも、記事を書いているうちに微妙にタイトルがずれてしまうことがあるから。

本タイトルは記事が出来あがった段階でつけるのでだいたいでOKです。

 

この記事であれば、始めは『ブログ初心者へ送るSTEP○の記事の書き方と○つの注意点』という仮タイトルでした。

 

【STEP4] パーマリンクはわかりやすくシンプルに

パーマリンクはわかりやすくシンプルにつけましょう。

特にグーグルに認識されやすくするためには、英語で短くが必須。

  • テーマに関する意味ある英単語
  • 単語はハイフンでつなぐ
  • 使い方なら「how-to-use-OO」など論理的に
  • 長すぎずシンプルに

 

この記事なら、「どうやってブログ記事を書くのか」=「how-to-write-blog(article)」。

 

>>ワードプレスのパーマリンクの設定方法

【STEP5】 記事の骨組みをつくる

記事を書きやすく、わかりやすくするのに「記事の骨組みをつくること」は最重要。

実際ここができていない初心者は多いです。(私もそうでした笑)

骨組みといってもシンプルに以下。

  • 導入文
  • 目次
  • 本文
  • まとめ

 

【STEP6】 導入文(リード文)で読む必要性をつたえる

読まれるか読まれないかを決める導入は重要。

 

導入文の大きな役割は読む必要性を伝えること。

 

詳しくは下の記事で解説しています。

>>【最強】ブログ初心者が読まれる導入文を書く方法【6STEPで書けます】

【STEP7】 目次と本文は文章の型(テンプレート)「結論→理由→具体例」を意識する

目次と本文は文章の型の

  • 結論
  • 理由
  • 具体例

を意識することが大切。

ここが意識できていないと読みにくい文章になります

もっと読みやすい文章や読者ファーストな文章を書きたい人は下の記事を参考にしてください。
>>ブログで読みやすい文章の書き方と13つのコツ【文章の型が重要】

ちなみに、この記事も同じ構造になっています。
導入文の目次では、

  • ブログ初心者は書き方を意識するべき→結論
  • ブログ初心者が書き方を意識すべき理由→理由
  • ブログ初心者が意識すべき一つの記事の書き方→具体例
  • 記事を書く時に注意すべき一つのこと→具体例

本文も、

  • 文章の型を意識することが大切→結論
  • 読みやすい文章・読者ファーストになるから→理由
  • ここ→具体例

こういった形で、目次も本文も

  • 結論
  • 理由
  • 具体例

を意識できると見違えるほど読みやすく、書きやすくなりますよ。

【STEP8】まとめの部分は行動誘導する

まとめ部分を勘違いしている人が多いです。

「いかがでしたか?」はいりません。

まとめ部分は行動誘導する部分となります。

この記事で言えば、「ブログ初心者が意識すべき記事の書き方」を読んだ人が次に何を探したくなるかを予測して記事を置いてあります。

検索上位にひしめいている記事たちは、行動誘導(CTA)をしているのであなたが読んでいるブログのまとめ部分も分析してみてください。

【STEP9】本タイトルをつける

ここまで来たら、文章は8割がた完成していますよね。

あとは、記事の内容と仮タイトルでズレがないか、もっとクリック率がよくなるインパクトのあるタイトルにできないかを考えて、本タイトルをつけましょう。

【STEP10] アイキャッチ画像、画像挿入

アイキャッチ画像や画像を挿入することは重要。

なぜなら、クリック率や滞在時間の改善につながるからです。

意外と知られていないのが、画像挿入後にAlt属性をしっかりと入れること

>>アイキャッチや記事中画像のAlt属性(代替テキスト)の書き方【画像検索で上位狙え!】

【STEP11】 メタディスクリプション設定、メタキーワード設定

メタディスクリプション、メタキーワードの設定もSEO上、重要なこと。

ブログ初心者が忘れがちなメタデスクリプション設定、メタキーワード設定

ブログ初心者は忘れがちな設定です。書き方は別記事で解説するので忘れずに。

記事を書く時に注意すべき 15つのこと

記事を書く時に注意すべきことは下の 15つあります。

  1. タイトルにキーワードを入れる
  2. 文章とレイアウトでテンポを意識する
  3. 1段落は4行以内に
  4. 1行は30文字前後
  5. カギ括弧を使って感情をいれる
  6. 漢字を密集させない
  7. 同じ語尾、語句を連続させない
  8. 中学生でもわかる文章にする
  9. 句読点を適切につかう
  10. 文字、文字幅、段落、改行は読者ファーストに
  11. 装飾はシンプルに
  12. 無駄な文章をなくす
  13. リストや表を使ってわかりやすく
  14. リンクは関連性の高いものを
  15. SNSで拡散

これもそれぞれが重要なので簡単に説明して、各項目で別の記事で詳しく説明していきま
す。

タイトルにキーワードを入れる

タイトルにキーワードを入れるのはもっとも大切。

これを忘れる人はいないと思いたい。(管理人は忘れていた時期がある笑)

ちなみに、SEO上は左詰めでキーワードを入れたほうがいいとされていますが、左詰めにして変なタイトルになるくらいなら、検索画面で表示されたときに「お?なんだこの記事!」となるタイトルにしたほうがいいですよ。

文章とレイアウトでテンポを意識する

文章とレイアウトはテンポを意識するのが大切。

なぜなら、読んでいるときにテンポの悪い文章は途中離脱されるから。

できるだけ、テンポよく文章を書くようにしましょう。

具体的には、

  • 文章は短く
  • わかりやすく
  • 改行で視覚的に余裕をもたせる

などを意識するとテンポよく見えますよ。

1段落は4行以内に

1段落は4行以内にすると見た目がよくなります。

というか3行でもいいくらい。

文字がギュっと詰まっているだけで読みにくいですよね?

1行は30文字前後

1行は30文字前後にまとめましょう。

どうしても長くなる場合には、途中で切ってもいいくらい。

カギ括弧を使って感情をいれる

カギ括弧で自分や読者の感情を入れることも重要。

なぜなら、感情をいれることで臨場感、テンポ、共感性が増すからです。

「なんか堅い文章だなぁ。」
「ずーっと同じ調子で読みにくいなぁ」

って感じたことありませんか?

・・・そういうことです。

漢字を密集させない

漢字を密集させないことも大切。

説明するまでもないですよね?

例えば、


漢字が密集していると読破率が著しく低下し読者は離脱率が向上する。

という文章と。


漢字がギュっと密集していると読みにくくなってユーザーが離脱しやすくなります。

では、後者の方が読みやすいですよね。

同じ語尾、語句を連続させない

同じ語尾や語句を連続させないのも大切。

なぜなら、稚拙な文章になってしまうからです。

例えば、


今日は遠足にいった。お弁当がおいしかった。とても楽しかった。

という文章だと幼稚に見えますよね。

体言止めや、表現を変えることで稚拙な文章になるのを防いでくれます。

中学生でもわかる文章にする

中学生でも分かる文章にすることも重要。

たとえば、記事の文章がセンター試験の現代文のように難しい文章だったら・・・・読みたくないですよね。

あと、漢文みたいに「レ点」とか「上下」とかはいってたら・・・(逆に読みたい笑)

誰が見ても、理解できる簡単な文にしておくと、読者がストレスなくスラスラ読めますよね。

句読点を適切につかう

句読点は適切に使う。

けっこう多いのが、「、」をしっかりと使えていない人。

長い文章なら、なおさらです。

「、」を心地よく入れることで読みやすくなるし、文にテンポが産まれます。

自分が読みにくいと感じたブログと、読みやすいと感じたブログを比べてみるといいかも。

装飾はシンプルに

装飾はシンプルでわかりやすくするのも大切。

いろんな色や文字の大きさを使うとガチャガチャした印象になります。

自分のブログのカラーであえてガチャガチャにするのもありですが、
基本は読者ファーストでシンプルな装飾にしましょう。

私は基本2色のマーカーしか使いません

無駄な文章をなくす

無駄な文章、余計な説明はなくしましょう。

読者はそこまで馬鹿じゃありません。

丁寧すぎる説明は逆に読みにくくなりますよ。

リストや表を使ってわかりやすく

リストや表を使うとわかりやすくなりますね。

例えば、

  • 料金
  • プラン
  • オプションなど

の説明をしているのに表を使っていないと見にくいですよね?

適宜リストや表で読者が見やすい工夫は必要です。

リンクは関連性の高いものを

リンクは関連性の高いものにするのも大切。

例えば、漫画の紹介をしているのにVODの紹介リンクが貼られていると違和感ですよね。
一定数はクリックするかもしれませんが。

できれば、リンクは記事内容と関連性の高いものにしましょう。

SNSで拡散

最後に、SNSでの拡散も重要。

意外と説明されていませんでしたのであえて説明します。

ブログを始めたばかりの初心者だとアクセスが全然来ません。

SNSの

  • Twitter
  • Instagram
  • Tik Tok

などで拡散すると、検索上位に表示されなくてもアクセスを集めることができます。

最近はSNSからの流入もSEO上、重要なので対策をしましょう。

6月2日現在このブログはTwitterからの流入がほとんどです笑

>>【簡単】WordPress記事にTwitterツイートを載せる方

看護のお仕事

【まとめ】ブログ初心者は書き方と注意点を意識するだけで見違えるほどいい記事になる!

【まとめ】ブログ初心者は書き方と注意点を意識するだけで見違えるほどいい記事になる!
ブログ初心者は、何もない状態からいきなり文章を書きがちです。

でもそれってすごく読みにくいですよ。

まずはブログ記事の書き方を意識すること。

そして、記事を更新するごとに、後述した注意点にも気を配れるようになると、どんどん読みやすい記事になっていきますよ。

ちなみに、記事をより読まれやすくするためには導入文や読まれやすい文章を意識することが大切。
>>ブログ初心者が読まれる導入文を書く方法【6STEPで書けます】
>>ブログで読みやすい文章の書き方と13つのコツ【文章の型が重要】

  • この記事を書いた人
gussan

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-ブログ

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.