ブログ

【初心者必見】ブログで読みやすい文章の書き方と13つのコツ【文章の型が重要】

悩む人
ブログを始めたばかりで文章がうまくかけない・・・。文章を書くコツがあったら教えてほしい。

こんな悩みにお答えします。

 

結論は、下の2つ。

  • 文章の型を意識すること
  • 読者ファーストに書くこと
  • 読みやすい文章を書く13つのコツを使う

これだけです。

 

 

こんにちは。ブログ記事を200記事ほど書いて、やっと月収1万円のhachiです。

 

この記事では下のようなを紹介しています。

記事内容

  • ブログで読まれる文章を書く方法とコツ
  • 文章の型を意識する、読者ファーストに書くとは?
  • なぜ文章の型と読者ファーストが大切なのか?
  • 読みやすくする具体的な13のコツ

 

この記事を読む時間は3分ほどです。

3分の時間の投資で、あなたは驚くほどスラスラ文章がライティングができるようになると思ったらどうですか?

 

読まずに損するならまず読んでみてください。きっとあなたの文章が生まれ変わり、読まれる文章・ブログに生まれ変わりますよ!

 

それでは記事に進んでいきましょう。

ちなみに記事の書き方だけでは不十分です。記事内容がどんなによくても導入文で読者が帰ってしまっては意味がありません。導入文の書き方は『【最強】ブログ初心者が読まれる導入文を書く方法【6STEPで書けます】』を参考に。

看護のお仕事

【ブログで読みやすい記事の書き方の結論】文章の型を意識すること、ユーザーファーストに書く

【ブログで読みやすい記事の書き方の結論】文章の型を意識すること、ユーザーファーストに書く
ブログで読みやすい文章を書く方法の結論は、下の2つだけです。

  • 文章の型を意識すること
  • 読者ファーストに書くこと

順番に説明していきます。

 

文章の型を意識するとは?【ブログで読みやすい文章を書く結論①】

文章の型を意識するとは?【ブログで読みやすい文章を書く結論①】
文章の型を意識するというのは下のとおりです。

  • 主張(結論)
  • 理由
  • 具体例

上の『文章の型』を意識できると文章がスラスラと打てるようになります

※実は無意識にできるようになる状態が最強です。

 

なぜなら、文章の型を意識するだけで読者が読みやすくなるからです。

 

例えば、私の記事『ドメインパワー0から上げる6つの方法』では、下のような構造を意識しています。

  • 結論:ドメインパワーは重要
  • 理由:なぜならドメインパワーが上がらないと記事が読まれないから
  • 具体例:ドメインパワーを上げる6つの方法

悩む人
え?こんな文章の型なんか意識しなくても文章なんてかけるだろ?

という人もいるかもしれません。

 

たとえば下のような例はどうでしょうか?

悪い例

ドメインパワー上げる方法って6つあるんだよ。

ドメインパワーが上がらないと記事って読まれないんだよね。

ドメインパワーは重要なんだよね。

(具体例→理由→結論)

逆に下はどうでしょうか?

良い例

ドメインパワーは重要なんです。

なぜって?それはドメインパワーが上がらないと記事が読まれないからさ。

具体的には6つの方法があるけど聞いていかないかベイビー。

(結論→理由→具体例)


という具合です。

このように文章の型を意識するだけで、あなたの文章はとても魅力的になり、読みやすくなるわけです。

 

 

だから文章の型を意識することが大切なんです。

読者ファーストに書くとは?【ブログで読みやすい文章を書く結論②】

読者ファーストに書くとは?【ブログで読みやすい文章を書く結論②】
ブログで読みやすい文章を書くときには、読者ファーストに文章を書くことが大切です。

 

読者ファーストと書きましたが、言い換えるとユーザーファーストです。

 

悩む人
なんで読者ファースト(ユーザーファースト)にする必要があるの?

 

それは、Googleがユーザーファーストを第一に考えてるからです。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。
引用:Google が掲げる 10 の事実

 

つまり、Googleがユーザーファーストを第一に考えてるから読者がとっても満足するコンテンツを提供することを第一に考えるべきなんです。

 

 

怪しむ人
いやいやGoogleが読者ファーストを掲げているからってなんで、『ブログで読みやすい文章を書くこと』につながるんだよ。

と思うかもしれませんね。

 

Googleが読者ファーストを第一に考えてるということは、読者ファーストにした文章じゃないと検索で上位表示されないからです。

 

 

重要なのはGoogleが読者ファーストを第一に考えていることよりも、読みやすい、読まれやすい文章が読者ファーストなんです。

言葉で説明するよりも具体例を出しますね。

Googleがユーザーファーストを掲げているからが重要なんじゃなくて、読者ファーストが読みやすい文章の本質なんです。

 

次に下はどうでしょうか?

Googleが『ユーザーファーストを掲げているから』じゃなくて、『読者ファーストが読みやすい文章だから』大切なんです。

 

読者ファーストな文章とは、

  • 読みやすい
  • 読者が理解しやすい
  • 読者が求める情報を先回りして答えている

ということ。

 

読者ファーストさえ意識すれば、読者に読まれるブログ、読みやすい文章になるのです。

 

 

怪しむ人
いやでも文章の型と読者ファーストを意識するだけじゃ文章なんてかけないだろ。

上のような悩みが聞こえてきそうなので、ブログで読みやすい文章を書く13つのコツもお伝えさせてください。

 

ブログで読みやすい文章を書く13つのコツ

ブログで読みやすい文章を書く13つのコツ
ブログで読みやすい文章を書く13つのコツは下のようにまとめられます。

ブログで読みやすい文章を書く13つのコツ

  1. 改行する
  2. 読点を使う
  3. マーカーする
  4. 箇条書きにする
  5. 漢字とひらがなをバランスよく使う
  6. 適度に画像を入れる
  7. 表や図を入れる
  8. 中学生でもわかる言葉、文にする
  9. こそあど言葉を使いすぎない
  10. 回りくどい言い方をやめる
  11. 一文は短く、長くて80文字
  12. 文法にこだわらない、無視する
  13. 吹き出しを使う

順番に、悪い具体例と良い具体例をセットで説明していきます。

 

改行する

文章を適度に改行すると読みやすくなります。

文字が密集していると見にくいです。なぜなら空間がないと『読みづらさ』『見にくさ』につながるからです。改行することで視認性が上がり読みやすくなります。

 

上の文章を読みやすく改行します。

文字が密集していると見にくいです。

なぜなら空間がないと『読みづらさ』『見にくさ』につながるからです。

改行することで視認性が上がり読みやすくなります。

という具合に、改行をしていない文章はとても見にくいですよね?

 

人間の目は密集していると、文字を認識しにくくなります。

 

それは経験的にわかっていますよね?

 

だから、改行を適度にすると読みやすさに繋がります

 

読点を使う

読点を使うと、文章にリズムができて読みやすくなります。

読点とは「、」のことです

 

 

読点を使うと読みやすくなります。まずは悪い例からみていきましょう。

悪い例

読点がない文章はとても読みにくく見にくいです。

なぜなら読者が文字を目で追っているときに息遣いできない文章になるからです。

読点を意識ししっかり区切りましょう。

次に良い例です。

良い例

読点がない文章は、とても読みにくく、見にくいです。

なぜなら、読者が文字を目で追っているときに、息遣いできない文章になるからです。

読点を意識し、しっかり区切りましょう。

上のように読点をいれるだけで読みやすくなります。

 

読点を意識するときは

  • 10文字~20文字に1つ読点を入れる
  • 意味を区切るときに使う
  • 同じひらがなが重なるときに使う

場合によりけりですが、上を意識すると、読みやすい文章になります。

 

マーカーする

重要な箇所にはマーカーをすると読みやすくなります。

 

そしてもっと重要なのは、マーカーだけを追っていけば内容がわかるように、マーカーをつけることです。

なんでマーカーだけを追っていけば内容がわかるようにしなくてはいけないの?

なぜなら、あなたが思っている以上に読者は、あなたの記事を、あなたの文章を読んでいないからです。

 

あなたは私の記事の一語一句を読みますか?私は読んでいません。

インターネットで検索して記事をみるときは流し読みです。

いやむしろ見てるだけかもしれません。

 

だから『ここだけ読めば内容がわかるよ!』という箇所にはマーカーをつけるのです。

悪い例

内容をすべて読まなくても、マーカーだけで8割方の記事内容がわかるようにしましょう。

良い例

内容をすべて読まなくても、マーカーだけで8割方の記事内容がわかるようにしましょう。
私はマーカーやりすぎてしまうんですけどね笑

 

箇条書きにする

箇条書きにすることで読みやすくなります。

 

まずは悪い例からです。

悪い例

箇条書きにするメリットは、見やすい、理解するスピードが早くなる、ひと目で要素の数がわかる、ひと目で大切なことの数がわかる、リスト化されると読みたくなることです。

次に箇条書きを使ってみましょう。

良い例

箇条書きにするメリット

  1. 見やすい
  2. 理解するスピードが早くなる
  3. ひと目で要素の数がわかる
  4. リスト化されると読みたくなる

箇条書きにするのは何でもかんでもすればいいとは言いません。

 

下のようなときには使いましょう。

  • 3つ以上のことを説明するとき【例:読みやすい文章13つのコツ】
  • 比較するとき【検索順位ツールのGCRとRankTracker】
  • 手順の説明【例:○の手順、3STEPで覚える~】

箇条書きにすると、読みやすくなるし、心理的にも読みたくなりますよね。

 

漢字とひらがなをバランスよく使う

漢字とひらがなをバランスよく使うことは大切です。

 

 

例えば、下は読みにくいですね。

悪い例

漢字と平仮名、片仮名を比率良く使用するのは重要な事

 

次に漢字とひらがなのバランスをよく使うと

良い例

漢字とひらがな、カタカナをバランスよく使うことは大切なこと。

一目瞭然ではないでしょうか。

特に決まりはありませんが、漢字が多いと堅苦しい印象になります。

 

下のような比率がいいです。

  • 漢字 40%
  • ひらがな 40%
  • カタカナ15%
  • 英字、数字、記号、その他 1%

上はあくまで参考の割合なのでこれにこだわる必要はありません。

 

 

あなたが読んでみて、

  • 『漢字多くね?』
  • 『ひらがな多くて小学生かよ?』

と感じたら漢字からひらがなに変えてみたり、カタカナに変えてみましょう。

とても参考になるツイートがありましたので紹介しておきます。
4ヶ月でブログ飯を達成したはるさんのツイートです。本人の許可取り済です。ブログも参考になるので是非参考に。

»はるさんのブログ→はるぶろぐ

 

漢字とひらがなのバランス良く無意識に使えると最高ですね。

適度に画像を入れる

適度に画像を入れて気分転換するのも大切です。

 

なぜなら、読者は飽きやすいからです。

私も、あなたもみんな飽きやすいんです。

 

だから休憩を挟むことで集中力を維持させるのが大切です。

 

 

具体的に言えば、『H2見出しやH3見出しの下に画像を入れる』です。

 

フリー画像素材サイトとしておすすめは『O-DAN (オーダン)』『いらすとや』です。

SEOとは、『Search Engine Optimization』の略で、「検索エンジン最適化」のこと。

これに画像を入れるともう少し興味を持ってもらえます。

SEOとは、『Search Engine Optimization』の略で、「検索エンジン最適化」のこと。
SEOとは、『Search Engine Optimization』の略で、「検索エンジン最適化」のこと。

H2見出しやH3見出しの下に画像を入れることで、その直後の1文を読んでもらいやすくなります。

 

 

適度に画像を入れることはあなどれませんね。

表や図を入れる

表や図を入れることで理解がしやすくなります。

ブログのPV数はビギナーは3千PV、アマチュア1万PV、プロ級10万PVです。

文字だとわかりにくいですが、下のように図や表にするとひと目で理解できるようになります。

文字だけで説明するよりも表や図で説明したほうがわかりやすい

レベル PV数
ビギナー 3,000PV
アマチュア 10,000PV
プロ 100,000PV
怪しむ人
図とか表ってつくるの面倒だよね

と思うかもしれません。

 

その苦労が読者ファーストにつながるのでやるべきです。

 

表や図は積極的に使いましょう。

 

図を作るときにおすすめのサイトは、商用利用可能なモノトーンのアイコン素材をフリー(無料)でダウンロードできる素材配布サイト『ICOOON MONO(アイコーン)』がおすすめです。

中学生でもわかる言葉、文にする

中学生がでもわかる言葉や文にすることは大切です。

 

読者ファーストに考えればわかりますが、テストに出てくるような難解な文章を読みたいという人は少数派です。

 

多数派はストレスフリーにネットの記事を読みたいのです。

アフィリエイトで収益化する上でもっとも重要な事項は読者ファーストな構成を徹底することである。

簡単に表現して中学生でもわかるようにすると下のようにできます。

アフィリエイトで成果を出すのに大切なことは読者を「これでもか!」とおもてなしすることです。

自分の書いた文章を読んでみて、もっとわかりやすく簡単にできないかというのを常に頭においておくといいです。

 

『難しい文章は嫌い』『読みたくない』と読者は無意識に思っているので、中学生でもわかる言葉、文を意識すべきです。

こそあど言葉を使いすぎない

こそあど言葉を使いすぎないことも大切です。

  • これ
  • この
  • そこ
  • そんな
  • あれ
  • どれ

などの指示語のこと

こそあど言葉が入っていると読みにくいので実際に読んでみてください。

読者はストレスフリーに読みたいので、そこを理解しておくと、あなたもこの文章術を操れます。

 

次にこそあど言葉を排除してみます。

読者はストレスフリーに読みたいのです。ストレスフリーに読みたい気持ちを理解していれば、あなたも読みやすい文章術が操れます。

こそあど言葉を使うと読者は『うん?これどれを指してるのかなぁ』と少し考えさせてしまいます。

 

考えることなくスラスラ読める文章にするためには、こそあど言葉はなくしましょう。

ただ、例外もあって、この記事でも悪い例と良い例を出すときにこそあど言葉を使っています。

 

基本はこそあど言葉をつかないほうが理解しやすい文章になります。

回りくどい言い方をやめる

回りくどい表現、言い方をすると読者が理解しにくくなります。

 

具体例を見たほうが早いですね。

悪い例

  • 読みやすさにつなげることができる
  • 〇〇することで△△になる
  • テストででてくる

上を言い換えると、

良い例



上のように一言でいえることをあえて回りくどくいったり、二重否定を使ったりすると読みにくい文章になります。

 

ただ私もしがちなミスなので、一緒に注意していきましょう笑

 

 

回りくどい表現や言い方を少なくする方法は、自分の記事を読み直すことです。

一文は短く、長くて50文字

一文ってどのくらいの長さが読みやすいでしょうか?

 

あまり意識していないと、長い文章になりがちですよね。

 

結論をいうと、長くても『50~80文字』までです。

 

それ以上になると一気に読みにくくなります。

悪い例

今はスマホで読む世代が増えた影響や長い文章を読む機会が減っているので、文章が長くなると読者の負担も大きくなり離脱率も高くなります。(65文字)

どうですか?以外と65文字でも長く感じませんか?

良い例


今はスマホで読む人が多いです。
その影響で長い文章を読む機会も減っています。
文章が長いと読者の負担が大きくなりますし、離脱率も高くなります。

できる限り文章を区切って読みやすくするといいですね。

特にスマホやiPhoneでネットをみると、スマホの横幅に表示される文字は20文字程度

 

ながければ長いほど凝縮された文字の塊が読者に襲いかかります。

 

 

一文は短く、長くても50文字程度にとどめましょう。

文法にこだわらない、無視する

文法にこだわらない、無視することもブログの特権です。

 

これが参考になるのは、私が尊敬してやまないマナブさんの文章。

>>マナブログは必見です。

具体的には

  • ぶっちゃけ
  • ~な感じ
  • オワコン
本や堅い文章では出てこないような言葉や文法などを使うこと。

文法にこだわらない、無視することで個性や味が出てきます。

 

 

私の場合は、ボケたり、ノリツッコミしたりといったことをよく使いますが、それもブログならではですよね。

 

 

文法にこだわらない、無視することを意識するとグッと個性的な文章になり、読まれる文章になります。

吹き出しを使う

吹き出しを使うと、記事が凝ったデザインに見えたり、アニメや漫画風に見えて読者にワクワク感をもたらしてくれます。

 

吹き出しを使うのは、画像を使う、図や表を使うと似た感覚です。

吹き出しを使うのはなんで?

良い例

怪しむ人
吹き出しを使うのはなんで?

吹き出しを使うことで、読者の気持ちを代弁したり、書き手の気持ちを代弁したりできます。

 

私がよく使うのは

  • 記事の冒頭での疑問を投げかける
  • 記事途中の反論をいう
などです。

 

吹き出しを使うだけで、視覚的にも面白くなりますし、読者も読みやすく共感されやすくなります。

そして、何より吹き出しをつかうことで書き手の自分が楽しいです。

 

 

吹き出しを使って自分の気持ちや読者の気持ちを代弁しましょう。

 

読まれる文章になっているか客観的に評価するツール

怪しむ人
読まれる文章の書き方やコツは、なんとなくわかりましたけど、それ以外にしておくべきことってありますか?

結論を言うと、読みやすい文章の書き方とセットで検索順位チェックツールを使うべきです。

なぜなら

  • 文章の書き方はすぐには身につかないから
  • 検索順位からあなたの文章を客観評価できるのが検索順位チェックツールだから
です。

 

文章力とはすぐには上達しません。

この記事で紹介したコツを一つ一つ実践していくしかありません。

 

でも、検索順位チェックツールならあなたが今日書いた記事もすぐにどの検索順位なのか調べることができますし、何をしたら順位が上がったのかをすぐに計測することができます。

 

検索順位チェックツールには下の2つがあります。

私はWindowsユーザーなので、GRC(Windowsユーザー)を愛用しています。

 

もし、

  • 自分のサイトってどんなキーワードで流入してるの?
  • ちゃんと狙ったキーワードで上位表示できてるかな?

と気になるのであれば、GRCなどの検索順位チェックツールを導入してみませんか。

 

導入することで自分のサイトを客観視できるので、記事の書き方や収益化の仕方なども意識して記事をかけるようになるので、どんどんライティングもうまくなりますよ。

 

»検索順位を調べるなら、検索順位チェックツールGRC

看護のお仕事

【まとめ】ブログで読みやすい文章を書く方法と13つのコツ

まとめ】ブログで読みやすい文章を書く方法と13つのコツ
ブログで読みやすい文章を書く方法の結論は、下の2つだけです。

  • 文章の型を意識すること
  • 読者ファーストに書くこと

また、ブログで読みやすい文章を書く13つのコツは下のようにまとめられました。

ブログで読みやすい文章を書く13つのコツ

  1. 改行する
  2. 読点を使う
  3. マーカーする
  4. 箇条書きにする
  5. 漢字とひらがなをバランスよく使う
  6. 適度に画像を入れる
  7. 表や図を入れる
  8. 中学生でもわかる言葉、文にする
  9. こそあど言葉を使いすぎない
  10. 回りくどい言い方をやめる
  11. 一文は短く、長くて80文字
  12. 文法にこだわらない、無視する
  13. 吹き出しを使う

という感じです。

 

ココでの内容を一つずつ実践すれば、あなたの記事はどんどん読みやすい、読まれる記事になっていきますよ。

 

ちなみに記事の書き方だけでは不十分です。記事内容がどんなによくても導入文で読者が帰ってしまっては意味がありません。
導入文の書き方は『【最強】ブログ初心者が読まれる導入文を書く方法【6STEPで書けます】』を参考に。

 

そしてブログ初心者で

悩む人
アナリティクスやサーチコンソールを使ってるけどいまいち分析ができていないなぁ。どうしたらいいの?

と悩んでいるあなた。

 

分析をしないことには文章を書く力は身についていきませんよ。

宿題をやって答え合わせをしないのと同じで、ブログも書きっぱなしでは上達しません。

ブログでの答え合わせは、検索順位チェックツールでできます

記事を書いてはキーワードごとで順位を追うことでうまく行ったケースとうまく行かなかったケースを比較することで、あなただけの文章術が見についていきます。

 

まだ検索順位チェックツールを導入していない人は導入してみませんか?

»検索順位を調べるなら、検索順位チェックツールGRC



  • この記事を書いた人
gussan

ハチ

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎3サイト運営するが月1万円収益で3年ほど彷徨う▶︎培ったノウハウを駆使してhachiblog立ち上げ●嫁1太郎1姫と暮らす
>>ハチのプロフィール

-ブログ

Copyright© ハチブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.